お薬通販部

ザイデナジェネリックの比較~アジア人向けのED治療薬

ザイデナジェネリックの比較~アジア人向けのED治療薬

ザイデナジェネリック通販

ザイデナは、韓国で開発されたED治療薬です。

ザイデナジェネリックは、より安価なので継続しやすく購入も簡単であるうえ、アジア人向けに開発された成分ウデナフィルが確かな効果を発揮すると高評価を得ています。

ウデナフィルは、韓国の製薬会社東亜薬品が開発した成分で、陰茎の血管を拡張し血液を送り込むことで力強い勃起を促す働きがあります。

ザイデナはバイアグラシアリスなどと同じくPDE5阻害薬に分類され、ジェネリック医薬品にはサンライズレメディーズ社のズデナスマートメディサイエンス社のザイスマが存在します。

・若いころのように自信を取り戻したい

・欧米で開発された成分では効果が強すぎて継続できなかった

・医療費を抑えてEDを治したい

というお悩みを持っておられる方におすすめです。

ズデナ

ズデナ

ズデナは、ED(勃起不全)治療薬ザイデナのジェネリック医薬品として開発された医薬品です。
先発薬であるザイデナは2005年に韓国の東亞製薬が発売したED治療薬で、現在では韓国を中心にロシア、フィリピンなど数ヶ国で販売されています。
ズデナの有効成分ウデナフィルには、 EDの原因となるPDE5の働きを抑制する効果あります。
これによってcGMPが正常に作用し、スムーズに勃起するようになります。

>>ズデナ
ザイスマ

ザイスマ

ザイスマは、スマートメディサイエンス社が開発したED(勃起不全)治療薬です。
ウデナフィルのジェネリック医薬品で、韓国で開発されているので日本人を含むアジア人にはおすすめの医薬品です。
性生活に自信のない方、中折れしてしまう方に効果的で、ジェネリックの低コストでお試しいただけます。

>>ザイスマ

目次

  1. ザイデナはアジア人向けに開発された韓国発のED治療薬です
  2. ザイデナの有効成分ウデナフィルのメカニズム
  3. 新薬ザイデナとザイデナジェネリックの違い
  4. ザイデナの効果を最大限に発揮するための飲み方
  5. ザイデナジェネリックの入手方法
  6. ザイデナジェネリックまとめ
  7. 関連カテゴリー
  8. 関連ページ

ザイデナはアジア人向けに開発された韓国発のED治療薬です

ザイデナの特徴は、アジアで開発製造された初めてのED治療薬であるという点です。

今までに、バイアグラシアリスレビトラといったED治療薬が販売され、それぞれのジェネリックも多数使用されてきました。

ただ、それらはすべて、私たちアジア人よりも体格が大きく代謝系統もことなる欧米人での治験結果によって用法用量が決定され、承認を得ている薬です。

効果が強すぎたり、頭痛やほてりなどの副作用を感じて服用を断念したりするケースも聞かれました。

ザイデナは、韓国の東亜製薬によって、日本人と似た人種である韓国人で治験をおこない開発が進められましたので、安心して使用できる薬です。

2005年に韓国で発売され、ロシア、フィリピンなどで認可されています。

日本だけでなくFDAでも未承認ですので、アメリカでは発売されていません。

開発経緯

ED治療薬ザイデナの開発国は、韓国です。

韓国の大手製薬会社である東亜薬品(Dong-A Pharma)によって発売されました。

世界初のED治療薬であるバイアグラよりもかなり遅れて2005年の発売でしたが、韓国内では発売後2年という短期間で、ED治療薬シェアNO2を獲得しています。

ウデナフィルの発売前には他のED治療薬が存在していましたが、各有効成分はそれぞれ、人種や性的趣向などにより効き目に違いがあるのではないかと考えられ、本剤の研究が進んでいました。

発売以降、韓国を中心に急速に需要が拡大し、バイアグラ、シアリス、レビトラ同じPDE5阻害薬として、徐々に地位を築きあげています。

このことからも、実は多くのアジア人が

・既存のED治療薬は効きすぎる

・頭痛や動悸は感じるが、効果を得るためには仕方がないのか

など、さまざまな悩みを抱えながら使用していたということがうかがえます。

本剤の登場は、我々アジア人にとって画期的であったといえるでしょう。

現在ではロシアやアジア各国を含む30か国以上で販売されており、日本でも前立腺肥大症治療薬としてMeijiSeikaファルマ株式会社が販売に向けて動き出しています。

特徴

ウデナフィルの特徴は4つです。

早い効果発現と、長い持続時間、食事の影響を受けにくいこと、アジア人に適したED治療薬であることです。

ウデナフィルは1回に100~200mgを投与しますが、服用してから30分ほどで効果が現れます。個人差はありますが、体内の血中濃度が最大に達するまでの時間は1~1.5時間ほどです。

既存のED治療薬シルデナフィルと同程度、タダラフィルよりも早い効果発現時間を誇ります。急にチャンスが訪れた場合にもしっかりと対応できるので、喜ばれています。

持続時間は約12時間といわれています。

本剤は性的刺激を受けたときにのみ作用する薬ですので、12時間ずっと勃起が続くわけではありません。ご安心ください。

食事に関しては、バイアグラは空腹時服用でないと効果が弱まるという弱点がありましたが、本剤ウデナフィルはある程度食事を楽しんでも効果にはほとんど影響しないといわれています。ただし、脂っこい食事を満腹まで食べてしまうことは避けたほうが良いでしょう。

欧米人とは体格がことなるアジア人にとって、既存品は効果が強すぎることがあります。

本剤はアジア人で治験をおこなっていますので、バランスの取れた治療が見込まれます。

韓国承認のED治療薬

韓国承認のED治療薬には、ウデナフィル以外にもミロデナフィルが存在します。

ミロデナフィルは、韓国のSKケミカルズ社から発売されている薬で、商品名はエムビクスといいます。

PDE5阻害薬として、陰茎海綿体の血管を拡張して血流を促進することで勃起をサポートしてくれる薬です。

作用メカニズムとしてはバイアグラやシアリス、レビトラと同様ということになります。

性行為60分前を目安に服用するという点も、既存のED治療薬によく似ています。

エムビクスには50mg錠と100mg錠がありますが、特徴として、フィルムタイプの剤型も併せて開発されていることがあげられます。

エムビクスSODFという商品で、舌の上にシートを乗せるとすぐに溶けるタイプなので、非常に使いやすいと高評価を得ています。

過去、ED治療薬は欧米での開発が主であり、体格やライフスタイル、代謝などの関係から日本人の中には合わない方も多数おられました。

韓国で開発され、治験を経て承認された薬であれば、体格が似ている日本人男性も安心して使用できます。

こういった理由から、ウデナフィルやミロデナフィルを選択するED患者も増加傾向にあります。

ザイデナの有効成分ウデナフィルのメカニズム

ザイデナの有効成分ウデナフィルは、PDE5阻害薬に分類され、陰茎の陰茎海綿体の血管を拡張し、多量の血液を陰茎に送り込むことで強い勃起状態へと導く薬です。

通常PDE5という酵素は、射精などで性的興奮が収まった場合に分泌され、勃起を解除する働きをします。

しかしED患者はPDE5が優位になっているために、射精がおこなわれる前に元気がなくなってしまうのです。

ウデナフィルは、このPDE5の働きを阻害することで勃起状態を維持します。

性的刺激を受け、その刺激が脳内に到達して初めて作用する薬なので、ずっと勃起状態が続くことはありません。

日常生活に支障をきたすことなくしっかりと勃起をサポートしてくれるので、若い方からご高齢の方まで幅広い世代に支持されています。

作用機序

ED(勃起不全)と診断される方々にはさまざまな理由があります。

精神的なトラウマ、ストレス、疲れなどが原因でEDになっている場合が多くを占め、こういったケースにはウデナフィルなどのED治療薬が奏功します。

勃起のメカニズムを簡単に説明すると、性的刺激が脳内に入ってくることにより、cGMPが活性化して陰茎の筋肉を弛緩させ、陰茎に血液が流れ込み、勃起状態となります。

健常な男性であれば、射精などで性的興奮がおさまると、PDE5の働きによりcGMPが分解され、勃起が鎮まります。

ED患者では、PDE5の働きが過度に活性化しており、cGMPが働きにくい状態になっているので、射精を迎えていないのに勃起がおさまってしまいます。

そこで、PDE5を阻害してcGMPの働きを活性化する薬を投与すれば、ED患者も勃起状態を維持できるというわけです。

PDE5は陰茎以外の場所にも存在することがわかっています。

PDE5を阻害して血管を拡張し、血流を促進するという作用機序をもつウデナフィルは、肺動脈性肺高血圧の薬としても使われることからわかるように、全身のさまざまな臓器に影響をおよぼしますので、服用される方は知識として知っておくことが大切です。

体内吸収と代謝

ウデナフィルは、性交前30分前を目安に服用すると効果を得られるED治療薬です。

経口摂取されたウデナフィルは摂取後1~1.5時間で最高血中濃度に達し、11~13時間後には血中半減期を迎え徐々に消失していきます。このことから、すみやかに体内に吸収され、約半日という長時間効く薬であることがわかります。

ウデナフィルの分子構造は、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルによく似ており、代謝排泄経路も似通っています。

ウデナフィルは、主にチトクロームp450(CYP)3A4によって代謝され、一部分はCYP3A5によって分解されます。重要な活性代謝物は、DA8164です。

ウデナフィルの尿中排泄率は12%と低いため、活性代謝物DA8164は糞便中に排泄されるとされていますが、現在も研究が進んでいる段階です。

CYPで代謝される薬は本剤以外にも多くありますので、併用の際は相互作用(効果減弱、効果増強など)がないか確かめてください。

臨床効果を得るために体内吸収率をアップさせたいのであれば、食後ではなく空腹時に水またはぬるま湯で摂取することをおすすめします。

食事の影響を受けにくいタイプの薬ではありますが、脂っこい食事や多量の食事は避けたほうが無難です。

健康状態にかかわること

ED治療薬には、禁忌事項や服用できない方が設定されていますが、ウデナフィルも例外ではありません。

・解剖学的に陰茎の奇形を認める方

・肝機能障害のある方(GOT、GPTが基準値の3倍を超えている場合)

・腎機能障害のある方(血清クレアチニンが2.5mg/dlを超える場合)

などは投与が推奨されない可能性があります。

肝機能や腎機能が悪化することがありますので、ご使用前に必ず医師または薬剤師に尋ねてみてください。

白血病の患者、多発性骨髄症の患者などは、持続勃起症に陥る危険性があります。

心血管疾患のある方や心臓手術、脳卒中の既往のある方は服用できないことがあります。

大変危険ですので、服用を検討したい方は医師の指示に従ってください。

コントロール不良の高血圧の方もご注意ください。

増殖性糖尿病網膜症の方、コントロール不良の糖尿病患者は、網膜や代謝系統に異常を認めることがありますので注意が必要です。

硝酸剤、NO供与剤、アミオダロン塩酸塩、sGC刺激剤を服用している方は、絶対に服用してはいけません。

その他、CYP3A4で代謝される薬は薬同士の相互作用が起こることがありますので、自己判断で併用しないでください。

その他持病をお持ちの方も、服用前にかかりつけの医師にご相談の上服用されることをおすすめいたします。

ED以外の適応症

ウデナフィルは、ED治療薬以外にも適応症を獲得しようとしています。

日本国内においては、Meiji Seikaファーマ株式会社が前立腺肥大症の適応で開発治験に着手しておりましたが、2016年に開発中止を発表しました。

海外では心血管系への作用や前立腺への作用が報告され、臨床効果が期待されています。

PDE5阻害薬は、PDE5という酵素を阻害することで陰茎海綿体の血管を拡張し、血流を促進して勃起状態に導くというED治療薬としての役割以外にも、身体のさまざまな血管を拡張する効果があります。

たとえば、類似薬であるシルデナフィルは肺動脈性肺高血圧の適応を取得していますし、タダラフィルは、前立腺肥大症にともなう排尿改善剤として承認を得ています。

PDE5は前立腺や尿道、肺動脈などの局所でcGMPの分解を阻害し、血管平滑筋を弛緩させ、血流を促進するというメカニズムを利用して、さまざまな分野で患者を救う手助けとなっています。

ただし、疾患ごとに用法用量がことなる場合もありますので、医療機関でしっかりと確かめておくことが大切です。

ウデナフィルをED治療薬以外の目的で使用したいと考えておられる場合は、医療機関へご相談されることを推奨いたします。

研究・開発の展開

ウデナフィルは現在もさまざまな疾患における開発治験が進んでいます。

先行性心疾患はPhaseⅢ段階まできています。

PhaseⅢは、ヒトでの試験が進み、販売まであと1歩という段階ですので、患者の手に渡るのももう間もなくということになります。肺動脈性肺高血圧に関しても同様です。

門脈圧亢進症という疾患においてはPhaseⅡという、PhaseⅢの前段階まで開発が進んでいます。

門脈圧亢進症とは、肝硬変などさまざまな疾患により門脈圧(肝臓に血液を送り込む血管の血圧)が亢進してしまう病気です。

PDE5阻害薬によってcGMPの分解を抑制し、血管を弛緩させることで門脈圧亢進を抑えられるのではないかという仮説のもと、試験がおこなわれています。

S状結腸、直腸癌への有効性に関しても検討が開始され、同じくPhaseⅡの段階です。

過活動膀胱については、現在は前臨床試験の段階です。過活動膀胱に悩む高齢の女性は非常に多く、もし市場に出れば多くの女性を助けることとなるでしょう。

このようにウデナフィルは、今後もさまざまな疾患分野において活用が期待されている有効成分です。

  • 参考文献
    ウデナフィルのメカニズムについて詳しくはこちら
    PubChem:Udenafil

新薬ザイデナとザイデナジェネリックの違い

新薬のザイデナは、2005年に韓国で発売された薬で、韓国大手製薬会社東亜製薬が研究開発しました。

有効成分としてウデナフィルを配合し、100mgと200mgの2種類があります。

一方で、ザイデナのジェネリック医薬品は世界中のたくさんの国で発売されています。

有名なものはズデナザイスマです。

ズデナは、インドに拠点を置くサンライズレメディーズ社が販売しているザイデナのジェネリック医薬品です。

100mgと200mgがあり、新薬と同じ有効成分ウデナフィルを同じ量配合しています。

ザイスマは、スマートメディサイエンス社が販売するザイデナのジェネリック医薬品です。こちらも新薬と同じ成分を同じ量含みます。

ジェネリックは安価なので、薬代のコスト削減をしたい方におすすめです。

効能効果

ザイデナジェネリックの効能効果は、ED(勃起不全)です。

勃起不全の定義は、「性交時に十分な勃起が得られず、もしくは維持されず、満足な性交がおこなえない状態」とされています。

ザイデナは、ナイトライフを充実させて活力を取り戻したいという幅広い年代の男性に適応があるということです。

ザイデナのジェネリック医薬品であるザイスマやズデナは、ザイデナと全く同じ有効成分ウデナフィルを同じ量配合しています。

ゆえに、勃起不全改善効果、中折れ防止効果も同じといえます。錠剤を安定させるために使われている添加物はことなりますが、いずれも人体に無害な物質が使用されていますのでご安心ください。

新薬が世に出回るためには、物質の発見から動物実験、人体での有効性試験、安全性試験、製剤としての安定性試験などたくさんの試験をクリアしなければなりません。

これらには莫大なコストがかかるという事が加味され、薬価が決定します。

一方、ジェネリック医薬品では、ウデナフィルの有効性がわかったうえでいくつかの必要な試験がおこなわれ、短い時間と少ないコストで市場に出回ります。

このような理由から、安い値段で私たちの手元に届くのです。

ED治療をするうえでは、安くて効果があり、安全なジェネリック医薬品を選択する方が増えています。

販売市場

ED治療薬として世界で初めて発売されたのは、ファイザー社のバイアグラです。

1998年にアメリカで発売が開始し、翌1999年に日本でも承認されました。

1998年から7年遅れ、2005年に韓国で発売されたED治療薬がウデナフィルです。

発売元は韓国の大手製薬会社である東亜製薬です。

しかし、発売開始後、韓国を中心に「自分の体質に合う」「副作用が少なく使いやすい」「効果発現が良く効きすぎることがない」などの評判が高まり、韓国内では発売後たったの2年という短い期間で浸透し、バイアグラにつぐシェアを獲得しました。

現在では韓国ED治療薬市場の20%を占めています。

世界的にもロシア、フィリピン、中国など複数国に参入しており、現在もその規模を拡大しています。

人口が多くニーズも高いアメリカでは、FDAの承認を受けておらず、発売には至っていません。

入手するには個人輸入という手段しかないので、バイアグラ、レビトラシアリスと比較すると知名度は低い現状があります。

日本においてもED治療薬としては承認見込みがないため有名ではありませんが、韓国の市場からは、アジア人に合った薬であるということがみてとれます。

ザイデナの効果を最大限に発揮するための飲み方

ザイデナの効果を最大限発揮するために、守らなければいけない注意事項と飲み方のコツがあります。

ザイデナは1日1回100mg~200mgを空腹時に服用します。

性交の30分前を目安に、水またはぬるま湯で服用してください。

服用のポイントは、空腹時に飲むということです。

満腹状態であったり脂っこい食事のあとに服用したりすると、ウデナフィルの体内吸収率が極端に悪くなり、効果が薄れてしまいます。

24時間以上間隔をあけず投与する、過剰に投与するなどは人体に健康被害をきたす可能性がありますので、おやめください。

いうまでもありませんが、ウデナフィルの禁忌事項に該当する方は服用をお控えください。

慎重投与事項に該当する方、持病のある方は医療機関にご相談ください。

正しい服用方法

ED治療をおこなう決意をし、一夜のために薬を服用するのですから、正しい服用方法を理解して実践しましょう。

1日1回、100mg~200mgを水またはぬるま湯で服用します。

一度服用してから次回服用までは24時間以上あけてください。

コーヒーや緑茶などのカフェイン飲料、ビールなどのアルコール、甘いジュースや炭酸と一緒に服用することは避けてください。薬の体内吸収が悪くなる可能性があります。

服用してから30分程度で効果が現れ始めます。

その日の食事内容や体格によっても個人差がありますのでご了承ください。

初めて使用される方は最初から200mgを使用せず、100mgから使用開始してください。

効果が不十分だと感じる場合には徐々に増量します。

ジェネリックの商品によっては、錠剤に割線と呼ばれる分割のための線が入っているので、線に沿って割って使用することもできます。

食事の影響は受けにくい薬とされていますが、ウデナフィルの効果を最大限発揮するには空腹時服用が望ましいといえます。

アルコールは、たしなむ程度であればリラックス効果があるのでお召しあがりいただいて問題ありません。深酒すると勃起にも影響しますのでお控えください。

最適な摂取タイミング

ED治療薬を摂取するタイミングとしてふさわしいのは空腹時です。

ウデナフィルも例外ではありません。

空腹時であれば薬がしっかりと吸収されるので、効果が最大限に発揮されます。

仕事の会合等、どうしても空腹時服用が難しい場合には、ウデナフィルを服用してから30分後に軽くあっさりした食事をとると、比較的影響が少なく済みます。

薬の吸収に30分ほどかかりますので、吸収されてから食事を摂るという作戦です。

個人差はありますが、勃起力アップ効果は12時間ほど続きますので、ゆったりと構えて頂いて問題ありません。ご安心ください。

最高血中濃度に達するのは服用後1~1.5時間後ですのでご留意ください。

アルコールに関しては、禁止はされていません。

むしろ、勃起はリラックス状態において起こる現象ですので、少量のアルコールでリラックスした状態を作ることは良いとされています。

ただし、大量の飲酒による泥酔状態ですと本剤の効果は発揮されません。動悸などの副作用にもご注意ください。

正しい服用タイミングを理解し、満足できるナイトライフを実現しましょう。

注意すること

ウデナフィルを服用する際には、数点の注意事項があります。

服用の際には、次回服用まで最低でも24時間以上間隔をあけてください。

思わぬ副作用が現れたり、頭痛、動悸、ほてりなどの症状が強く現れたりする可能性があります。

過剰投与についても同様に、副作用が起こることがありますので絶対に避けてください。

1回の最大投与量は200mgまでとしてください。

効果を妨げてしまう行為として、大量の食事、脂っこい食事があげられます。

ウデナフィルをしっかりと体内に吸収させて満足できる一夜を過ごせるように、食事を摂らず空腹時に摂取してください。

やむを得ず食事をする場合には、うどんなど消化の良い食べ物、あっさりとした食べ物を摂るようにしましょう。食事の30分前までにウデナフィルを飲んでおくと安心です。

食事が入ってくる前にウデナフィルが吸収されるので、効果への影響が少なくて済みます。

大量の飲酒行為も、効果を妨げる要因となります。

アルコール耐性にも個人差がありますので一概にはいえませんが、少量をリラックスする程度までにとどめることを意識してください。

少量であればウデナフィルとの相乗効果も見込めます。

ザイデナジェネリックの入手方法

ザイデナジェネリックは、日本国内で厚生労働省の認可を受けているED治療薬ではありませんので、原則として医療機関での購入はできません。

ただし、専門のクリニックであれば個人輸入をしている可能性があるため、購入できるかもしれませんが、保険適応外ですのでお値段は医療機関によってことなります。

事前に問い合わせることをおすすめします。

楽天やAmazonなど大手国内通販サイトでも出回っておりません。

ザイデナジェネリックを入手する方法は、海外からの個人輸入が主となっています。

ED治療薬の分野は、偽物も多く出回っており、注意喚起がなされています。

信頼できる購入元かどうか確かめ、商品使用前にも注意深く観察するようにしましょう。

病院・専門クリニック

病院や専門のクリニックでED治療薬を入手したい場合、そのほとんどが日本国内で承認されているシルデナフィルタダラフィルバルデナフィルの3種類の成分を含有している薬の中から新薬またはジェネリック医薬品を選択して処方してもらうことになります。

ウデナフィルについては、日本国内では認可されていない薬なので、原則として医療機関から処方されません。

ウデナフィルは数多くの臨床試験が実施されていますが、現段階では国内において製薬会社から厚生労働省に承認申請が出されていないため、近々で処方薬となる可能性は低いといえます。

ただし、ED治療専門のクリニックであれば、海外から個人輸入をし、自由診療扱いで販売してくれる場合もあります。

ウデナフィルを希望するのであれば、受診するクリニックに事前に連絡を取り、ザイデナもしくはザイデナジェネリックの取り扱いがあるかどうか確かめておきましょう。

また、病院やクリニックを受診するとなると、薬剤費以外に初診料・再診料がかかります。

医療機関によって、薬代金に初診料・再診料を含んで提示しているケースと、別途料金がかかるケースがあります。

具体的な金額が気になる場合には、こちらも事前に問い合わせてみましょう。

薬局・ドラッグストア

ザイデナ、ザイデナジェネリックともに、国内の薬局やドラッグストアで購入することはできません。

薬局やドラッグストアで購入できる薬は、国から認可された有効成分の薬やサプリメントの類です。

サプリメントの中には滋養強壮や男性機能アップを謳う商品も多くありますが、その中にウデナフィルが含まれている商品はありません。

ウデナフィルだけでなく、他のED治療薬の成分に関しても取り扱いはありませんので知識として知っておきましょう。

もしPDE5阻害薬の主成分が薬局で取り扱われているとすれば、違法ということになります。偽物の可能性もありますので、安易な気持ちで手を出さないようにしてください。

インターネット上で開局している海外通販については、この限りではありません。

自分で購入し使用する場合のみ、そして用法用量から見て2か月分に限り、海外から個人輸入することが許されています。

偽物を取り扱う悪徳業者もいることが報告されていますので、健康被害を避けるために、信頼できる業者を選んで購入することが大切です。

国内通販

ED治療薬を入手するにあたり、病院に行く時間がないなどの場合は通販を利用するという方が増えてきています。

現在は大手通販サイトが普及していますので、楽天やAmazonでポイントを貯めつつ購入したいと思われる方も多いでしょう。

しかしながら、ザイデナジェネリックは楽天やAmazonを始めとする大手通販サイトでは取り扱いがありません。

日本は、諸外国と比べて医薬品の承認申請プロセスや規制基準が厳しい現状があります。ウデナフィルは、2018年現在、どの製薬会社からも承認申請があがっておりません。

このことから、薬剤師がいる薬局での購入や医師による処方は不可能であり、健康被害や副作用を防ぐために、医薬品知識の乏しい一般の方の購入も規制されているのです。

転売目的で海外から輸入することも禁じられています。

仮に、メルカリやヤフオクなどのオークション、フリーマーケットサイトで売られていたとしても、絶対に手を出してはいけません。

厚生労働省の規制をかいくぐっている販売方法であり、違法です。

偽物の可能性も疑われますので、自分とパートナーの健康を守るためにも、細心の注意を払ってください。

海外通販

ザイデナジェネリックの利用者は、韓国を中心に、ロシア、フィリピンなどで増加しています。

日本国内で認可されていない薬なので、正規品を入手するためには韓国やロシア、フィリピンを自らの足で尋ね、現地の病院で処方してもらわなければいけないのかというと、そうではありません。

ザイデナジェネリック入手にあたり一番簡単な方法は、海外から個人輸入をすることです。

個人輸入代行から購入することが現実的でしょう。

日本において薬の個人輸入は法に触れるのではないかと懸念される方もおられるかもしれませんが、購入者が自分で使用する場合に限り、制限の範囲で購入できるというルールがありますのでご安心ください。

ザイデナジェネリックは、輸入代行業者によってさまざまではありますが、ニーズに合わせて必要錠数を購入できるようになっています。

しかし、ED治療薬はインターネット上に偽物が多く出回っており、製造販売メーカーから注意喚起がなされているほどですのでご注意ください。

今までのED治療薬では効果が強すぎた方、副作用が出てしまう方は試してみる価値がある商品です。海外通販を上手に使って、EDを克服しましょう。

ザイデナジェネリックまとめ

ザイデナジェネリックは、ウデナフィルを有効成分として含有するザイデナと全く同じ成分を同じ量配合し、効果・安全性も同等であるED治療薬です。

新薬のザイデナに比べて安く入手できますので、コストを抑えてEDを克服したい男性にピッタリです。

服用後30分で効果が現れ始め、12時間という長時間効果が持続します。食事の影響を受けにくいこともメリットの1つとしてあげられます。

そして、韓国発のED治療薬ですので、日本人を含むアジア人の体質、体格に合った有効成分であり、用法用量設定もアジア人向けと考えてよい薬です。

我々日本人にとっては使いやすいED治療薬といえるでしょう。

ザイデナジェネリックを使用する場合は正しい知識を持って正しく服用し、素敵なナイトライフを実現させましょう。

参考文献

情報サイト
ウィキペディア
ウィキメディア財団が管理・運営しているインターネット百科事典サイトです。 詳細かつ、網羅的な情報を掲載しており、他の辞書サイトでは容易に確認できないような事柄についての記事を確認することが可能です。

医薬品情報サイト
Pub Chem
アメリカの国立バイオテクノロジー情報センターによる成分情報サイトです。
成分の概要から作用機序、構造式、分類など、より専門的な情報を閲覧できます。
作成日と変更日が記載されていて、新しい情報を常に確認できます。

関連カテゴリー

ザイデナジェネリック

ザイデナジェネリック

ザイデナジェネリック通販購入の一覧ページです。
アジア人向けに製造された次世代のED治療薬ザイデナ。
有効成分ウデナフィルを含んだ、ジェネリック医薬品を紹介しています。

>>ザイデナジェネリック

関連ページ

トップへ