お薬通販部

バイアグラの効果効能~揺るぎない魅力~

バイアグラの効果効能~揺るぎない魅力~

不動の人気を誇るバイアグラ

バイアグラは1998年に、世界初の「服用するだけでEDが改善できるED治療薬」としてファイザー社から発売され、アメリカのマスコミ、インターネット、口コミで瞬く間に広がり革新的な薬として爆発的人気を得ました。

当時、日本ではまだ手に入らずアメリカの人気や薬の効果の噂を聞きつけた人が個人輸入してバイアグラを手に入れたほどです。

そしてそのあまりの人気から事件も起きてしまったことで医療機関の審査が異例のスピードで進み、翌年には日本でも正式に販売されました。

この審査スピードの異例さは、海外で開発された医薬品が日本で承認を得るまでに10年以上かかることからもわかっていただけると思います。
そして現在では各地の医療機関で処方され多くのED患者の人生を変え、20年以上経った今でも不動の人気を誇っている薬です。

目次

  1. バイアグラの効能
  2. バイアグラの効果
  3. バイアグラは性欲を促す医薬品ではありません
  4. 知名度・満足度No1の勃起薬
  5. 関連ページ

バイアグラの効能

男性は性的刺激を受けると、脳から神経を介して勃起を引き起こす一酸化窒素が分泌されます。
そして、一酸化窒素の働きで陰茎の平滑筋の中に存在するcGMP(環状グアノシン一リン酸)という物質が増えます。

このcGMPは平滑筋を弛緩させ、血管拡張を起こす作用があり、特に陰茎の平滑筋細胞中に多く存在します。

そのため、cGMPの作用により陰茎の平滑筋が弛緩され血管拡張を起こし血管や動脈から多くの血液の血流量の増大を促し、それによって勃起し維持されるようになります。

しかし、cGMPが放出されたままだと、長い間勃起が続く状態になってしまいます。
そこで射精が終わり性的刺激に対しの興奮が収まると、cGMPを分解するPDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素が放出されます。

そのPDE5が減ったcGMPをどんどん破壊し、広がった平滑筋の血管が縮小することで勃起が収まります。

つまり、血管拡張させる作用があるcGMPの数が増えることよって血管が広がり陰茎は勃起し、cGMPの数が減少すると同時にcGMPを分解するPDE5の数が増えることよって陰茎が萎えるわけです。

健康な男性の人は、このcGMPとPDE5の数の優劣によってきちんと勃起し、性的興奮がおさまったときは自然に鎮めることができるのです。

しかし、EDの男性は血管拡張作用のあるcGMPがさまざまな要因(加齢・メンタル的原因・ストレス・生活習慣)で減少してしまいcGMPを分解するPDE5が減少することなく放出しているため、相対的にPDE5の数が多く排出されcGMPが押しやられてしまうことで陰茎が勃起しなくなります。

これがEDです。そしてバイアグラとは、PDE5の働きを阻害してcGMPの分解を防ぐ効果によりEDの改善をおこない、自然な勃起を促すPDE5阻害薬です。

ED治療薬とは細かい作用時間や効果がさまざまにでている医薬品ですが、PDE5の働きを鈍らせ数を減らすことでcGMPが分解されにくい状態を薬効が続く間保てる効果は共通しているため、正しい服用で利用すればEDをスムーズに克服できるでしょう。

バイアグラの効果

力強い勃起力

バイアグラの最大の特徴は何と言っても力強い勃起力です。バイアグラの他にもレビトラシアリスステンドラといったさまざまなED治療薬が販売されていますが、この中で陰茎を硬く保ち力強い勃起力に優れているのはバイアグラです。

バイアグラのシンプルなメカニズムが作用することでPDE5を阻害し、それによって血管拡張して血液が陰茎に流れるようになり強い勃起力をもたらします。

しかしそれだけではなく、血液が流れることにより栄養素を運ぶ赤血球が多く流れるようになります。

それにより、今までの行き渡らなかった栄養素が陰茎の海綿体の網目状に張られた血管に行くようになり、血管再生や傷害された血管の修復が促進されます。

海綿体とはスポンジ状の陰茎と陰核の主体を成す組織で、神経の影響のもとに血液を流して内部を膨大し陰茎・陰核を勃起させます。

陰茎の勃起中には、陰茎・陰核の海綿体のほとんどが血液で占められます。
そのため、再生・修復した海綿体の網目状に張られた血管にどんどん血液が流れるようになれば、陰茎がどんどん大きくなり勃起するようになります。

また、それだけではなく血管が再生・修復されれば血管が若返り、若い頃のような力強い状態で勃起を維持できます。

満足感のある性行為

バイアグラは服用後、性的刺激を受け興奮することで最短で30分、最長でも60分ほどで勃起が起きる即効性があります。

通常一回服用するだけで効果が5~6時間続き、その効能が持続している間なら、射精し終わっても性的刺激を受けることで再び勃起することが可能になります。

そのため勃起が収まった後に服用する必要がなく、EDで勃起できずに長い間悩んでいた男性でもバイアグラを服用することで一晩に2回、3回セックスができるようになり、より満足のいくセックスライフが楽しめます。

さらに、バイアグラを飲むことで「早漏が改善された!」という声も多くあります。
早漏は身体的な問題というよりも、心因的なことが原因となって症状が出てしまうことの方が多いようです。

これらはセックスに自信がない、また失敗するかもしれないという恐れなどの精神的要因が大きく影響しています。
ですが、バイアグラを服用することで射精回数や勃起の持続性など余裕が生まれ、精神的要因が解消できるのです。

また、血液の巡りが向上し陰茎がいつも以上に硬くなり、その感覚は亀頭部分まで行き渡るようになります。
陰茎で一番性的な刺激に敏感なのが亀頭部分のため、固くなることで感覚が鈍くなるのです。

これらの理由により早漏防止になり、長く性行為を楽しむことができるでしょう。

自信回復への貢献度

陰茎は男性の象徴です。男性が陰茎のサイズにこだわるのは、陰茎のサイズで自分自身が測られてしまうことを恐れているからです。

加えて、EDや勃起不全という疾患は陰茎から勃起だけを奪うだけで無くさまざまなことに対しての自信や活気、意欲など、自身の生活を支えるものも合わせて奪い取ってしまう傾向があります。

しかし、こうした状態がバイアグラのようなED治療薬によって改善できた場合、勃起の改善だけでなく強い自尊心や自信を取り戻したり、夫婦やカップルの仲が深まったりパートナーシップの改善、仕事への意欲や活気、効率が向上したりと、EDの改善に合わせて「QOL(Quality of life):生活の質」の改善があらわれます。

QOL=Quality of life(クオリティ オブ ライフ)は生活の質・生命の質などと訳されます。

QOLは人生における、内容の質や社会的に見た生活の質のことを指します。
個々の日常生活を充実させ、人生に幸福や生きがいを見出しているか、ということを尺度としてとらえる概念です。

バイアグラは性欲を促す医薬品ではありません

バイアグラの効能について多くの男性が勘違いしているのが、性欲促す効能があると思われている点です。
バイアグラは主にEDを改善してセックスライフに運用する場合もある医薬品のせいか、誤解の多い薬剤です。

バイアグラの働きは、性欲はあるけれども疾患による副作用や、年齢による身体や内蔵器官の低下に伴う衰え、血管や神経の損傷、社会のさまざまなプレッシャー、生活習慣が原因で勃起を阻害していた機能を調整して勃起を促すことにあります。

ここで理解するべき点は、バイアグラの効能は身体のさまざまな機能の変調による勃起不全の原因を改善することであり、性欲の減退などの心因的な原因には全く効果がないということです。

また、バイアグラは服用すれば性欲が沸き、直ぐに激しい勃起が手に入ると思われがちですが、バイアグラを服用しても性的刺激がなければ勃起することはありません。

こうした勘違いの多くは、バイアグラが有名な医薬品であるにも関わらず、 正確な情報は処方箋を必要とする医薬品という立場上、一般のテレビや新聞、インターネットなどの情報媒体で提示しにくいという、情報的にアンバランスな立場に起因している事が多いのでしょう。

知名度・満足度No1の勃起薬

若い頃よりも勃起の持続ができなくなった、性的刺激を受けても勃起しない、いつもは大丈夫だがたまに勃起しないことがある、性行為の途中で興奮しても勃起しなくなった、なかなか勃起しないようになった、最後まで満足のいく性交ができなくなった、などEDの症状はさまざまです。

これらの症状が出ていても、バイアグラを購入するのは男として恥ずかしく躊躇してしまい少し勇気がいります。
バイアグラを服用すれば上記症状が手軽に改善でき性行為に対して満足感を得ることができます。

そして、バイアグラは世界で最も有名なED治療薬で、多くの男性が服用して効果を証明してきましたので安心して使用できます。

もしバイアグラを購入する場合は、病院やクリニックで処方や個人輸入代行サイトでの通販で入手することも可能です。

参考文献

ED-info.net
ファイザー社ホームページ

バイアグラ

関連ページ

トップへ