お薬通販部

正規品バイアグラの選び方

バイアグラの選び方|偽物を購入しない正しい入手方法

正規品バイアグラを入手する

男性の深刻な症状であるED(勃起不全)は、現在では多くの男性が悩まされておりその数は1,130万人を超えるともいわれています。

EDは勃起を妨げる酵素が原因で起こるものですが、その酵素の発生を抑えて血流を増加させる働きを持つ治療薬が「バイアグラ」です。日本では1999年に正式に販売が認められ今日まで多くの男性を助けてきています。

しかし、バイアグラの使用率が上がるごとに不純物が混ざった正規品ではないものも流通するようになり、なんと未だに出回っているバイアグラの40%が偽物であるといわれています。

有害物質が含まれているバイアグラを使用したことによる健康被害も出ているのが現状の中、どうしたら正規品を手に入れられるのでしょうか?
今回詳しくご紹介していきますので参考にしてください。

目次

  1. バイアグラを処方する医療機関とは
  2. 通販でバイアグラを購入する方法
  3. 偽物バイアグラにだまされないためには
  4. バイアグラは正規ルートで購入しましょう
  5. 関連ページ

バイアグラを処方する医療機関とは

泌尿器科

男性器疾患を扱う泌尿器科では、ED(勃起不全)の相談や治療を積極的におこなっているところが多くあります。

主な内容は問診になり、服を脱いでの患部の触診などはありません。

ED治療は健康保険が適応されていない自費診療になりますので、バイアグラの薬代と初診料、処方料がかかることを理解しておきましょう。

診察料の相場はだいたい5,000円程で、バイアグラ1錠の平均価格は25mg1,400円、50mgなら1,600円ほどです。

    【診察の流れ】
  • ・問診表の記入
    (生活習慣やストレスの具合病気の既往歴などを記入します。)
  • ・医師による問診
    (医師による簡単な質問を受けEDの原因を探っていきます。
    この時に国際勃起機能スコア(IIEF5)をつけ現在の症状の度合いの判定を行います。
    この結果がすべてではありませんがEDを疑う目安にもなります。)
  • ・必要があれば心電図検査や血液検査
  • ・勃起のメカニズムなどの説明と治療の説明
  • ・バイアグラなどの治療薬の処方

病院により異なりますが、だいたいこのような流れで診察と治療がおこなわれていきます。

希望がある場合には追加の検査やバイアグラを安全に処方するための心電図や血液検査がされることもありますが、基本的に触診や機械による検査もありません。

ED治療は比較的スムーズに進めることができ、医師の判断に応じてバイアグラを処方してもらうことが可能です。

ED専門クリニック

現在ではED(勃起不全)治療を専門として扱うメンズクリニックも増えてきており、泌尿器科の専門医のなかでもとりわけ性機能障害や勃起不全の治療に対し豊富な経験や知識をもっている医師が治療に当たってくれます。

ただ治療をするだけでなく、EDのメカニズムや治療薬の効果や副作用、ED治療に対する正しい知識をプロにより教えてもらえる専門的な機関です。

泌尿器科では女性のスタッフがいることやED治療以外の患者も多く恥ずかしくて通いづらいという人でも、ED専門クリニックではすべて男性のスタッフであるクリニックばかりで、同じ悩みを抱えた方が通っているので安心して通うことができる点も専門クリニックの利点です。

ED専門クリニックでも、泌尿器科と同じように問診がメインになりズボンを脱いで患部などの触診はありません。

またクリニックによっては最新の機器を取り扱っているところもあり専用の機械による検査を用意しているところもあるので自分にあった専門のクリニックを探しましょう。

ED専門クリニックでは泌尿器科と違い初診料や相談料が無料な所も多くあり、クオリティの高い信頼できる治療をリーズナブルに受けられるところから多くの男性に利用されています。

病院・クリニック処方のメリット

病院やクリニックによる処方のメリットは何といってもその安全性です。

バイアグラは現在かかっている病気の既往歴や服薬歴により使用できない可能性もあるため自己判断でバイアグラを服薬してしまうと健康被害をもたらす可能性もあり危険です。

病院やクリニックではしっかりとED治療のプロである医師によりその人にあったベストな治療法を提案してくれるだけではなく、バイアグラの服用方法や注意点も説明してくれるので安全に治療を行うことができます。

バイアグラを服用した時にあらわれやすい「顔のほてり」や「動機」、「めまい」などの副作用がありますが、これら副作用が起こってしまった時の対処法も教えてもらうことができ、かつ副作用がひどく出てしまった場合には今まで通っていたかかりつけの医院でスムーズに診てもらえることから安全に治療したい人にはピッタリでしょう。

バイアグラを服用する上でED(勃起不全)のメカニズムと正しい治療方法を教えてもらうことはとても重要で、また多くのED患者を診てきた医師に相談することで気持ち的にも楽になるという人も多くいらっしゃいます。

EDには間接的な影響として糖尿病や高血圧の合併症を引き起こすこともありますので、定期的に医療機関でバイアグラを処方してもらっていれば、これらの合併症の早期発見にもつながり、すみやかに対処できるというメリットもあげられます。

通販でバイアグラを購入する方法

海外通販サイト

海外の通販サイトにより自分で商品を購入(個人輸入)するという方法です。

病院に行かなくてもバイアグラを購入することが可能で通院は気恥ずかしくて抵抗がある…、いちいち病院に行く暇がない…という人でも気軽に購入することができます。

また日本には売っていない商品が買える、レートなどの都合上日本で買うより安く手に入るというメリットがあり、EDを患っている方の多くが海外通販でバイアグラやバイアグラジェネリックを購入したことがあるとの報告があります。

個人輸入の場合は、自分が利用する目的のために決まった範囲の量なら税関の確認だけで購入できますが、他の人への転売や譲渡は違反行為になります。

あくまでも自分が使うために海外医薬品の通販サイトを利用してください。

一方で海外通販サイトでは日本語対応しているサイトが少なく、自分で調べながら購入する手間がかかってしまうことがデメリットであり、英語ができる人でないとそのハードルは高く、なかなか手が出しにくいのが現状です。

また、海外通販には偽物も出回っており自分で判断するのは難しく、万が一偽物が届いてもなかなか海外への対応ができないという面もあり、100%安全に利用しにくいという面もあります。

個人輸入代行サイト

個人が自分で使うために海外から輸入する場合には基本的に厚生労働省に許可を受ける必要がありますが、決まった範囲内であれば税関の確認を受けたうえで輸入が可能です。

バイアグラとは医薬品にあたり、処方せん薬であれば一ヶ月分以内の量の輸入が許可されます。

しかし個人輸入は直接海外とのやり取りで行うため難しいところがデメリットでした。

そこで個人輸入の代行を行ってくれるのが「個人輸入代行サイト」です。難しい手続きから発送まで、すべて代行サイトがおこなってくれるので、手軽に商品を購入することができます。

その反面で、個人輸入は気軽に自分の欲しい医薬品を手に入れられるメリットはありますが自分の知識のみで購入することになるため正しい知識を持っていないと間違った服用をしてしまう恐れがあります。

また、副作用や有害な症状があってもすべて自己責任になりますので、事前に医師へ相談をするなどしっかりと知識を入れる事が重要です。

輸入の医薬品が手に入るまでは日数は、通常7日以上です。

まれに商品をストックしていて、そこからすぐに発送してくる代行業者もいますがこれは違法行為にあたりますので当日発送をうたっている医薬品サイトには注意しましょう。

海外医薬品通販のメリット

海外医薬品通販のメリットは処方せんが不要なことです。

毎回の通院など病院にかかる時間や診察料のコスト抑えリーズナブルに購入できるところが人気で多くの男性から利用されています。

また海外通販サイトには正規品の他にも、バイアグラジェネリックなどの商品を幅広く取り扱っているため、医療機関で処方してもらうバイアグラよりも格安に手に入れることができる点も大きな魅力の1つです。

ED(勃起不全)の治療は他人に知られるのが恥ずかしいなどの理由からなかなか病院での診察をためらう人が多いのも事実ですが、海外通販の場合は通院の手間も無く、プライバシー保護として梱包してある荷物にも商品名を記載せず届けてくれる業者も少なくないため、安心して購入することができます。

商品名の表記がないだけではなく、衝撃に耐えられるよう厳重に梱包されていますので、宅配業者はもとより同居している家族に知られることなく入手することが可能です。

このように個人輸入代行サイトを使えば、手続きや購入交渉の難しい海外のサイトでも日本でオンライン通販をするような感覚で簡単に手続きでき、簡単にバイアグラを購入することができます。

偽物バイアグラにだまされないためには

個人輸入は正規品保障サイトで!

ED(勃起不全)の治療薬は毎年何百万の偽造品が押収され、その偽造品には医薬品成分以外の有害物質が含まれていることがわかっています。

ひどいものだと覚せい剤が含まれていたケースもあり、健康に大きな害を及ぼしてきた報告もされています。

日本国内において、ED治療薬とは保険適用外になり医師の診断を受けないと処方されない医薬品ですので、そのことも偽物流通の大きな要因になっているかもしれません。

現在でもインターネットで販売されているED治療薬の40.0%は偽物と考えられており、バイアグラなどのED治療薬を購入している男性の30パーセントはインターネットでの購入との結果が出ているため少なからず偽物を手にしている人がいるのが事実です。

では悪質な業者に騙されずにバイアグラを入手するにはどうしたらいいのでしょうか?

病院でバイアグラを処方してもらうのは恥ずかしいと思っている人も少なくないと思いますが、そんな人には個人輸入通販を利用したバイアグラの購入がおすすめです。

しかし個人輸入によりバイアグラを購入するには「正規品」のものを購入できる信頼のある通販サイトを見極める必要があります。

よく調べずに偽物を取り扱っているサイトで購入してしまうと、偽物を手にしてしまい健康被害が出てしまうだけではなく、それによって生じた被害に対する補償は一切つきません。

そのため注意深く選ぶことが重要ですので、サイト運営がしっかりしている「正規品の取り扱い」を提示している大手の正規品保障サイトを選ぶようにしてください。

偽物を処方するクリニックに注意!

クリニックでの処方だからといって完全に信用できるわけではありません。

最近では、某男性専門クリニックが厚生労働省未認可のED治療薬を個人輸入にて安く仕入れ薬監証明を取得していると吹聴し、粗悪な治療薬を処方していたという報告がされました。

そのクリニックが利用したという個人輸入サイトは偽物も多く混ざっている危険なサイトであり、知らないうちに偽物の治療薬を処方されていたそうです。

では、正しい病院を選ぶためにはどのような点に注意したら良いのでしょうか。

まず日本で処方されるED治療薬の3大メーカーは「ファイザー社(バイアグラ)」「バイエル薬品(レビドラ)」「日本新薬(シアリス)」です。

この正規品の治療薬を処方している病院検索のサイトに掲載されていない病院は偽物を処方している可能性もありますので、できるだけ選ばないようにしましょう。

サイトには掲載する基準があり、なんらかの理由で基準を満たしていない病院は不明瞭な点も多くみられます。

またED専門のクリニックでは正規品のED治療薬を一定の期間処方している病院に製薬会社から感謝状が贈られます。

これはしっかりと製薬会社から仕入れているという証拠にもなり院内に飾られていることが多いため、病院に行った際には確認してみましょう。

保険診療を行っている病院には提示がないことがありますが、クリニックのホームページなどで院長の顔が掲載されているところも一定の判断基準になりますので、クリニックのホームページを確認するのもいいでしょう。

バイアグラは正規ルートで購入しましょう

男性の大きな悩みであるED(勃起不全)治療の大きな味方になってくれる「バイアグラ」ですが、近年は海外通販などにより入手することが簡単になったぶん、医療機関での処方以外で入手したバイアグラは少なからず偽造品の可能性がでてきます。

間違ったルートにより入手した偽造品により健康被害を受け、取り返しのつかないことになってしまわないためにも、バイアグラは必ず正規ルートで購入しましょう。

日本で正規品のバイアグラを購入するには、クリニックや病院で診断を受けたうえで処方してもらう方法しかありません。

ED(勃起不全)の原因と相談ができる医療機関で安全なバイアグラの処方をしてもらうか、正規品を取り扱っている信頼のある海外通販サイトを見極めて安全で健康的にバイアグラを使用していきましょう。

参考文献

病院なび
医薬品等の個人輸入について(厚生労働省)
ED-info.net

バイアグラ

関連ページ

トップへ