お薬通販部

バイアグラ服用前の確認事項

バイアグラの併用注意|使用上の注意と確認事項

バイアグラを飲む前に必ず確認すべきこと

バイアグラとは性行為を行うために、ED(勃起不全)を起こしてしまう方にとっては強い味方であり、海外でも広く使用されているED治療薬の一つです。

しかしバイアグラを飲む際に、その用法や用量について確認したことはあるでしょうか?

どのような薬も万人に効くということではありません。
人によって強く効いたり、効かなかったり、副作用が強く出る場合もあります。

バイアグラはしっかりと飲み方を確認し、正しい服用をすれば強い味方になります。
しかし誤った服用方法では、副作用だけを伴いバイアグラの効果が全く出ない、ということにもなりかねません。

そのようなリスクをしっかりと確認し、いざというときにしっかりと効果を発揮できるように、バイアグラやバイアグラジェネリックを服用する際に確認する点を知りましょう。

目次

  1. バイアグラを服用してはいけない人
  2. バイアグラを安易に服用してはいけない人
  3. バイアグラの使用上の注意を事前確認しましょう
  4. 関連ページ

バイアグラを服用してはいけない人

併用禁忌に該当する薬を飲んでいる

バイアグラには併用禁忌薬が存在します。
併用禁忌薬は同じタイミングで使用してはいけない薬です。
併用が禁止されているのは飲み薬だけと思われる人もしますが、貼り薬や吸入薬、塗り薬やスプレーなどさまざまなタイプが存在するので注意が必要です。

一般的に併用禁忌薬としてあげられるものは硝酸剤や一酸化窒素供与剤を含んだ薬で、狭心症や心筋梗塞の治療薬として使用されていることが多い医薬品です。

そのため、もともと狭心症や心筋梗塞を煩っているのであれば、病院でバイアグラの処方を求めても一般的には止められてしまいます。

もし併用禁忌薬を使用したままバイアグラを服用してしまうと、急激に血圧が低くなり体調を崩す場合があります。

また抗ウイルス薬や抗不整脈薬なども併用禁忌薬であり、一度に内服すると血中濃度が急激に上がってしまい、副作用などの効き目が強く出てしまいます。

バイアグラの併用禁忌薬は多くの種類がありますのですべてを確認するのは大変ですが、命にかかわるため病院で処方してもらう際には医師の注意を聞くことを忘れないようにしましょう。

個人輸入代行など通販で入手したバイアグラを使用する際は、知らないうちに併用禁忌薬を使用している可能性がありますので、必ず病院で確認を取ることがバイアグラを安全に使用する方法の一つです。

心血管系にリスクがある

心血管系疾患とは、別名サイレントキラーと呼ばれる症状がないまま進行し、その症状が現れた時にはすでに重症になってしまっている病気の総称です。

日本では65歳以上の女性の死亡原因として第一位とされており、一般的には心筋梗塞や狭心症などのことを指します。
ED治療薬とはもともと狭心症の治療薬研究の副産物で開発された経緯があります。

そのため、ED治療薬であるバイアグラの成分であるシルデナフィルと、一般的に狭心症や心筋梗塞の治療として使用される一酸化炭素供与薬や有機硝酸薬は併用禁忌薬とされており、身体の中で同一の作用を起こすため降圧作用を増幅させ血圧を下げます。

また、心血管系疾患をもつ人がシルデナフィルを摂取することにより性行為自体が心血管に強い負担になり、狭心症や心筋梗塞などの原因になることも考えられるため、シルデナフィルを含めたバイアグラを使用する際は特に注意しなければいけません。

心血管系においてバイアグラは多くのリスクをはらむ可能性が高いので、一般的な医院で処方してもらう際には疾患がすでに分かっている場合は忘れずに申告し、医師へ使用しても問題ないか注意を聞くことが大切です。

また、市販されているものを使用する際も、体調を確認して使用しましょう。

肝臓に重い疾患がある

重度の肝臓疾患がある場合も、バイアグラの服用にリスクがあります。
ただし全ての肝臓疾患ではなく、軽度であれば使用できるとされています。

具体的にどの程度のものであれば使用できるのかということについては、肝臓疾患の数値を詳しく検査をして判断をすることになります。

バイアグラは肝硬変などの一般的に重度と呼ばれる症例には服用することができません。
軽度の肝機能障害にあたる、アルコール性肝機能障害や脂肪肝ではED治療薬を使用しても問題ないとされています。

判断にあたって、この重度と軽度の差には肝機能がどの程度動くか、という問題が焦点になります。
肝臓は男性ホルモンを代謝する役割があり、この男性ホルモンは勃起や性機能にも深い関わりがあります。
よって肝機能の低下は、EDの発症に至るケースもあるとされています。

その改善のために一般的にバイアグラは使用されていますが、バイアグラが代謝される臓器も肝臓であるため、肝機能障害により肝臓の働きが低下すると、薬の代謝が上手く行われず、副作用のみが全面に出てしまう可能性があります。

そのため重度の肝機能障害であれば、肝機能があまり働かない可能性があるためバイアグラの使用が厳禁ですが、軽度であれば肝臓は通常通り働けるために使用可となっています。

どちらにしても、医師の判断をあおいでバイアグラを服用することが、深刻な事態を招かないために重要です。

網膜色素変性症

網膜色素変性症は眼の疾患です。一般的には遺伝性の疾患とされており、次第に視野狭窄や視力低下のために失明してしまう難病とされています。

日本国内でおよそ3万人の患者がいるとされておりますが、眼の疾患といってもバイアグラとまったく無関係というわけではなく、網膜色素変性症の方はバイアグラの使用が禁忌とされています。

なぜ眼とバイアグラが関係しているのか、その理由はバイアグラの中の成分にあります。

バイアグラは性的興奮を抑えるために分泌されるPDE5と呼ばれる成分を阻害することで効果を発揮します。
網膜色素変性症を持つ方は、網膜視細胞のPDE6と呼ばれる遺伝子に異常を持つ患者が多いとされています。

バイアグラは性的興奮を抑えるPDE5の成分を阻害しますが、PDE6の成分も阻害することが知られています。
そのためバイアグラがPDE6を阻害してしまうことで、網膜色素変性症の症状をさらに悪化させてしまう可能性があるとされています。

その阻害影響力は小さく、PDE6に対してはPDE5の10分の1程度といわれてはいますが、網膜色素変性症自体が現在でも有効な治療法がなく、難病と呼ばれている疾患であるため、バイアグラなどのED治療薬の使用は控えないといけません。

脳梗塞・脳出血・心筋梗塞

脳梗塞、脳出血、心筋梗塞を持つ方にとっても、バイアグラは一定のリスクが確認されています。
脳梗塞や脳出血などの脳血管障害は、脳内にある血流を制御する機能が上手く動かなくなってしまいます。

バイアグラは血管を広げ、勃起を滞りなく起こせるように陰茎に血液を流し込みますが、血管が広がるということは血圧が下がるということにもつながります。

血管が広がると、本来ならば脳で血流や血圧の調整をしなければいけませんが、脳血管障害はその調整を阻害し脳の血流が低下してしまう危険性があります。
そのため脳にダメージが生じ、認知症などの脳の疾患につながってしまいます。

心筋梗塞を持つ方は、バイアグラ以前に性行為そのものが可能であるかという確認が必要になります。
性行為は例えるなら全力で100mを走るような負担が心臓にかかることになり血圧などが急上昇するため、重度の心筋梗塞や狭心症の人は性行為そのものが厳禁です。

バイアグラ自体は心臓に負担をかけませんが、狭心症の治療薬として一般的な硝酸剤を含んだものはバイアグラと互いに効果を強める併用禁忌薬ともされていることから、心筋梗塞や狭心症を持つ方はまず性行為をしてよいかを確認し、もし可能であれば処方されている薬が併用禁忌薬でないかの確認をする必要があります。

バイアグラを安易に服用してはいけない人

65歳以上の高齢者

高齢者でも性についてはまだまだ現役という方もいらっしゃいます。バイアグラも服用に対して年齢制限などは設けていません。

加齢とともに勃起がしづらくなるのは生理的に仕方のない点であり、バイアグラをはじめとしたED治療薬に頼る人も多くいます。
しかし、その服用にはいくつか注意しなければいけない点があります。

どんな人でも年齢を重ねるにつれバイアグラを代謝する肝臓などの臓器機能が低下してしまい、糖尿病、血圧など、生活習慣病が表面に出やすくなります。

そのためバイアグラを服用するにあたり、バイアグラが正常に代謝し機能することができるのか、自身の体をチェックする必要があります。併用禁忌薬を服用しているのであれば、バイアグラは使用できません。

またどのくらいの量を服用すれば、その効果を得られるのかは人それぞれに違いがあり、高齢になるにつれその差は大きくなります。
そのため安易に服用はせず、一度医師に確認をしてもらってから処方してもらうのが良いでしょう。

女性や子供に適応はありません

女性に対して、イアグラは媚薬のような効果があると思われる方もいますが、女性、それに性行為に適した体に成長していない子どもに対してバイアグラの効果はありません。

バイアグラの効果は、勃起を落ち着かせる成分を阻害し勃起を持続させることです。
さらに血管を広くしてペニスの中にある陰茎海綿体という部分に血液を流し込む作用を持ちます。

しかし、女性にはこの陰茎海綿体という組織は存在しません。
陰茎海綿体は男性器でいう芯のようなものですので、同じ器官を持たない女性にはその効果もほとんどあらわれないとされています。

またしっかりと性機能が発達していない子どもにおいても、バイアグラの効果はあらわれにくく使用に適正はありません。

慎重に使うべき人

そのほか、バイアグラの使用に慎重にならなければいけない時は飲酒をした時などです。
飲酒によりEDは悪化するとされており、酔っている間は勃起を促す神経が上手く働かなくなります。

バイアグラは勃起を増長させ精力を上げる薬ではなく、勃起を鎮める成分を少なくすることで勃起を助けるというメカニズムを持ちます。

そのため勃起させる成分が少なければ、バイアグラを使用したとしても、その効果は期待通りあらわれません。
また、副作用の発症確率が増えることから飲酒中の使用には注意が必要です。

軽度な飲酒であればED治療にも有効なケースも報告されていますが、適正な飲酒量は人によって異なります。
バイアグラの効果を最大限発揮したいのであれば、飲酒を控えて服用しましょう。

バイアグラの使用上の注意を事前確認しましょう

バイアグラは正しく使用すれば、ED治療薬としても高い効果を期待できる医薬品であり、世界中で使用されている薬です。

しかし、正しく使用するためにはただ服用するだけではその高い効果は得られません。

一般的なバイアグラは性行為の1時間前の服用が必要で、食後すぐに服用してしまうと主要成分であるシルデナフィルが便としてそのまま排出されてしまい、効果を得ることができなくなります。

また併用禁忌薬によっては、自身の体調をコントロールできなくなってしまうこともあります。

自身の健康を保つことは、性行為以前に普段の生活にもかかわることです。
いつまでも充実した性生活を送るためにも、バイアグラは用法用量を守り安全に服用しましょう。

参考文献

KEGG:バイアグラ
MEDLEY-バイアグラ

バイアグラ

関連ページ

トップへ