お薬通販部

バイアグラ以外のさまざまなED治療薬を紹介

バイアグラ以外の治療薬|多種多様なED治療薬の種類

バイアグラ以外のED治療薬

ED(勃起不全)とは、「勃起機能の低下」を意味する英語Erectile Dysfunction(エレクタイル ディスファンクション)の略です。

専門的には「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交がおこなえない状態」とされています。

その治療薬として初めて世に送り出されたのが、皆さんもご存じの「バイアグラ」です。ED治療薬の代名詞ともなっています。

バイアグラとは世界のリーディングカンパニーです。
2017年の売上高は世界第2位を誇るあのファイザー株式会社が製造販売するED治療薬であり、1998年にアメリカで、1999年に日本で認可されてより瞬く間に大ヒットとなった医薬品です。

日本人男性では4人に1人がEDに悩んでいるという報告もあり、人々が待ち望んでいた薬であることがわかります。今日ではバイアグラだけではなく、さまざまなED治療薬が発売されていますので、ご紹介させていただきます。

目次

  1. バイアグラ発売以降に開発されたED治療薬
  2. バイアグラとは違う作用でED改善が見込める勃起薬
  3. バイアグラにしかない男性機能に与える満足感
  4. 関連ページ

バイアグラ発売以降に開発されたED治療薬

即効性のレビトラ

日本で2番目に承認を受けたED治療薬です。
2003年にドイツのバイエル社から発売され、日本では2004年に認可されています。

名称はフランス語の男性定冠詞“le”およびラテン語で生命を意味する“vitra”に由来しています。
即効性に優れたED治療薬であり、バイアグラが効果発現に空腹時なら30分かかるといわれているところ、レビトラは空腹時なら20分程度で効果発現が見込めるとされております。

パッケージには炎のマークが描かれており、こすればすぐに着火するマッチの炎をモチーフにしており、レビトラの即効性を表しています。

また食事の影響を受けづらいとされており、一般的な食事(総エネルギー700kcal程度)で、かつ総エネルギーに占める脂肪の割合が約30%までなら許容されますので、食事と服薬のタイミングを考慮する必要がなく使いやすい商品です。

持続性のシアリス

シアリスは日本で3番目に承認を受けたED治療薬です。
2002年にヨーロッパで、2003年にアメリカで、2007年に日本で承認されました。

日本イーライリリー株式会社が製造販売し、日本新薬株式会社が発売しています。
2013年8月には世界市場においてシェア第1位となりました。

効果発現には3時間程度かかりますが、効果の持続時間は、バイアグラが約5時間程度といわれているところ、20mg服用であれば約30-36時間と非常に長いです。

金曜日の夜に服用すれば日曜日の昼間まで効果が持続することから、ウィークエンドピルと呼ばれることもあります。
また、エネルギーが800kcal未満で、かつ総エネルギーに占める脂肪の割合が約50%までなら食事の影響は受けづらいとされています。

そのため服用のタイミングを調整する必要がなく、ストレスの軽減にも大きく貢献するお薬です。

総合力のステンドラ

ステンドラはアメリカ、カリフォルニア州に本社を置くヴィヴス社が製造・販売するED治療薬で2012年にアメリカで販売が開始されています。
有効成分はアバナフィルであり、かつて日本の田辺三菱製薬が即効性のある副作用の少ないED治療薬として開発を進めていました。

しかし、田辺三菱製薬は2001年に日本および一部アジアを除く全世界での製造販売権をヴィヴス社に譲渡し、ヴィヴス社が2012年にFDAより承認を得たという経緯がありますが、日本ではまだ承認されていません。

効果発現は服用後約30分、早い場合は約15分でみられるとされており、即効性に優れる商品です。
効果は6時間程度持続するとされています。

食事の影響も受けにくいとされており、また副作用の発現率も少ないです。
トータルとして優れており、使い勝手がいいED治療薬です。

アジア人向けのザイデナ

2005年に韓国の東亞製薬によって開発されたED治療薬ザイデナのジェネリック医薬品です。
インドのアフマダーバードに本社を置くサンライズレメディーズ社が製造販売しています。

WHOによる医薬品等の製造品質管理基準に則って製品を開発しているため、信頼性の高い製薬会社として知られています。

従来のED治療薬とは欧米の製薬会社により開発されたため、日本人には合わないと言われることもありましたが、ズデナは韓国の製薬会社により開発された成分であり、アジア人に良く合うED治療薬としてアジア諸国をはじめ世界30カ国以上で使用されています。

効果発現は服用後約30分から1時間、効果の持続時間は約11-13時間といわれていて、用量設定もアジア人向けに設定されており効果の程度を調整する必要がなく、アジア人にとって使いやすい商品です。

低価格なジェネリック

ジェネリック医薬品とは新薬(先発医薬品)と同じ有効成分を使っており、先発品と同様の品質、効き目、安全性を有する医薬品です。

一般的に研究開発に要する費用が低く抑えられることから、先発医薬品に比べて薬価が安く設定されています。

バイアグラは2014年5月に特許が切れたので、現在では数多くのバイアグラジェネリックが発売されています。
バイアグラ1錠の価格はおよそ1500円前後ですが、ジェネリック医薬品1錠の価格はおよそ1,000円前後と2/3程度の価格で購入することができます。

またバイアグラ以外のレビトラジェネリックシアリスジェネリックステンドラジェネリックなども販売されており、ED治療薬市場の約80%はジェネリック医薬品だといわれております。価格を抑えながらED治療したい方におすすめです。

バイアグラとは違う作用でED改善が見込める勃起薬

尿道注入剤

尿道口に直接薬剤を入れて吸収させることで、陰茎内の血管を拡張させ、血流量が増加を促すことで勃起を引き起こす薬剤(勃起薬)です。

アメリカに本社を置くメダ社が製造販売するミューズが代表的な薬剤であり、本剤はアメリカのFDAにより認可されています。

今までどんなED治療薬でも効果がなかった人でも効果が期待できるほど、その勃起力は強力なものです。
バイアグラとは異なり、性的な刺激がなくても強制的に勃起を促します。

注入後約5-10分で効果が発現し、効果持続時間は約1時間です。
錠剤が苦手な方、他のED治療薬による効果を実感できなかった方、とにかく即効性を求める方におすすめです。

製造販売するメダ社は、国際機関で認定を受けた安全性の高い製法の医薬品を開発しており、新薬の開発にも力を入れている国際的な製薬メーカーです。

交感神経拮抗剤

交感神経のα受容体をブロックすることで、陰茎の海綿体平滑筋を弛緩させ、血管を弛緩させることで血圧を降下させ、勃起不全を引き起こすアドレナリン反射を抑制するとともに、大量の血液がペニスに流入しやすい環境を生み出すことで、勃起を促す薬剤です。

代表的な薬剤としてメシル酸フェントラミンがあげられます。
服用後約15分で効果が発現するという報告があり、即効性が期待できる商品です。

効果の持続時間は5~7時間ほどで、女性が服用する場合は、神経の血管拡張作用により刺激に対して局部が敏感となり不感症の改善に効果があるといわれています。
この医薬品は江蘇省中央製薬が製造販売していて、バイアグラでは効果を感じなかった方、パートナーと一緒に楽しみたい方におすすめの商品です。

外部塗布のジェル剤

陰茎に直接塗るクリームタイプの勃起薬です。
代表的なものとしてヒムコリンがあげられます。

インドに本社を構え、インドの伝統的医学であるアーユルヴェーダの則した医薬品を製造販売することで有名なヒラヤマハーバルズ社が発売しています。

塗るタイプなので効果発現が早く、クリームですがベタつきは少ない商品です。
有効成分はジャコウアオイとスタッフツリークライミングという天然ハーブ成分で身体の負担が少なく、またマッサージしながら浸透させることで勃起力および性的欲求を高める効果が期待できます。

なお、有効成分のジャコウアオウはインドでは昔から媚薬として使用されており、性的欲求・勃起力を高める効果を持ちます。

またスタッフツリークライミングは血管拡張作用があり、陰茎の血流を良くすることで勃起を促します。
交感神経拮抗剤と同様に、錠剤が苦手な方、またパートナーと一緒に楽しみたい方におすすめです。

バイアグラにしかない男性機能に与える満足感

今日ではED治療薬は数多くの種類が市場にあふれています。
その中でもバイアグラの知名度は世界第一位であり、世界的に有名なメーカーであるファイザー社が開発し、製造販売しています。

その品質・安全性は折り紙つきの商品です。有効成分シルデナフィルがPDE5(ホスホジエステラーゼ5)を阻害して、陰茎海綿体のcGMP(環状グアノシン一リン酸)の分解を抑制し、血管を拡張させることで男性器の海綿体の弛緩反応を増強、内圧を増強して勃起を促進させます。

勃起しない・中折れする・性行為がおこなえない・性欲減退などの各種症状に対して効果的です。

また「自信を取り戻した」「パートナーと良好な関係を築けた」など「生活の質」の向上に効果があると統計学的・客観的に広く証明・報告されているのはバイアグラのみとなります。

参考文献

MSDマニュアル

バイアグラ

関連ページ

トップへ