お薬通販部

ステンドラジェネリックの比較~人気商品ランキングTOP5発表

ステンドラジェネリックの比較~人気商品ランキングTOP5発表

ステンドラジェネリック通販・人気ランキング

ステンドラの一般名はアバナフィルです。

新薬としては、米国にてステンドラという商標名として、欧州にてスペドラという商標名として、韓国にてセペードという商標名にて販売されています。

ジェネリック医薬品もすでに販売されており、代表的なものとしてアバナという商標名にてインドのサンライズレメディーズ社から販売されています。

現在販売されているED治療薬としてのPDE5(ホスホジエステラーゼ5)阻害薬の中でも、効果発現が服用後約20分以内と即効性に優れる点が特徴です。

効果持続時間は服用後6時間程度と突出して優れてはおりませんが、副作用の発現率も低く、食事の影響も受けづらく使い勝手が非常に優れる薬剤として人気を集め、第4のED治療薬として注目されています。

1位:アバナ

アバナ

アバナは、ステンドラのジェネリック医薬品で、インドの製薬会社サンライズレメディーズ社が開発したED(勃起不全)治療薬です。
第4のED治療薬であるステンドラ同様、バイアグラ並みの力強い勃起力。最短15分で効き始めるというレビトラよりも早い即効性。シアリス以上に食事の影響も受けづらく、副作用も少ないとされています。
まさに3大ED治療薬のメリットだけを取り入れた医薬品です。

>>アバナ
2位:スーパーアバナ

スーパーアバナ

スーパーアバナは、インドのサンライズレメディーズ社が開発した早漏防止効果とED(勃起不全)改善効果を併せ持つ治療薬です。
第4のED治療薬ステンドラの成分アバナフィルと早漏改善薬プリリジーの成分ダポキセチンを配合しており、2つの男性機能障害を同時に改善します。
力強い勃起力、効果発現まで最短15分の即効性を持ち、射精到達時間を3~4倍に延長させる効果が魅力です。
また、食事の影響も受けづらく、副作用も少ない点も特徴です。

>>スーパーアバナ
3位:エクストラスーパーアバナ

エクストラスーパーアバナ

エクストラスーパーアバナは、インドのサンライズレメディーズ社が開発した早漏防止効果とED(勃起不全)改善効果を併せ持つ治療薬です。
有効成分アバナフィルがシャープで力強い勃起を実現、効果が現われるまで最短15分と即効性があります。
加えて、有効成分ダポキセチンは射精到達時間を通常の約3~4倍遅らせる作用を持っています。
食事の影響も受けづらく、副作用も少ない点も大きな特徴です。

>>エクストラスーパーアバナ
4位:トップアバナ

トップアバナ

トップアバナは、インドのサンライズレメディーズ社が開発した早漏防止効果とED(勃起不全)改善効果を併せ持つ治療薬です。
ステンドラの有効成分アバナフィルと早漏改善に有効なダポキセチンを配合しています。
鋭く力強い勃起効果を持ち、射精までの時間を3~4倍にする早漏改善の効果も見込めます。
また、従来のED治療薬とくらべて即効性があり、副作用や食事の影響が少ないことが特徴です。

>>トップアバナ
5位:ドラスマ

ドラスマ

ドラスマは、インドの製薬会社スマートメディサイエンス社が製造販売しているED(勃起不全)治療薬です。
先発薬ステンドラ同様、力強い勃起力と効果発現が最短15分という即効性が定評です。
それに加え、食事の影響や副作用が少ない点も魅力のひとつです。
従来のED治療薬の弱点を克服した、まさに次世代のED治療薬です。

>>ドラスマ

目次

  1. ステンドラは日本の製薬会社が研究して創製したED治療薬です
  2. 第4のED治療薬ステンドラがなぜ「総合力No1」なのか
  3. ステンドラの有効成分アバナフィルのメカニズム
  4. ステンドラにもジェネリック医薬品が存在する
  5. ステンドラの効果を最大限に発揮するには空腹時に飲むこと
  6. ステンドラジェネリックの入手方法
  7. ステンドラジェネリックまとめ
  8. 関連カテゴリー
  9. 関連ページ

ステンドラは日本の製薬会社が研究して創製したED治療薬です

ステンドラは元々、日本の田辺製薬(現・田辺三菱製薬)がバイアグラを上回る成分を目指し研究、創製した薬剤であり、即効性に優れ、副作用の少ないED治療薬として開発が進められました。

2001年2月に日本およびアジアの一部を除く全世界における開発および販売権がヴィヴァス社に譲渡されました。

その他、韓国の開発および販売権はJWファーマ社に、アジア数か国の開発および販売権はメナリーニ社になどいくつかの企業とライセンス契約を締結しました。

世界各国において同時に開発を進め、幅広い販路を確保していくという戦略にて、シェアを急速に拡大している第4のED治療薬です。

ライセンス契約の締結

日本とアジアの一部を除く全世界における開発および販売権はヴィヴァス社が所有しており、2012年4月は米国にて、2014年3月から欧州にて販売が開始されています。

韓国ではJWファーマ社が2011年10月より販売を開始しています。

ヴィヴァス社は2013年7月に40か国以上の欧州とオーストラリア・ニュージーランドの独占販売権をメナリーニグループに譲渡し、2013年10月にはオキシリウム製薬会社に米国・カナダの独占販売権を譲渡しました。

2016年3月には田辺三菱製薬が、中国、香港、マカオ、台湾、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの販売権をメナリーニ・アジアパシフィックに譲渡しました。

2016年10月にはヴィヴァス社はメアチェン製薬に米国・カナダ・南アフリカ・インドの販売独占権を譲渡しました。

またヴィヴァス社はサノフィ社にアフリカ、中東、トルコ、ロシアを含む独立国家共同体(CIS)での販売独占権を譲渡しましたが、2017年には再び自社に販売独占権を戻しています。

日本での開発および販売権は田辺三菱製薬が保持しており未開発の状態ですが、海外においては、複数の会社とライセンス契約を締結し、開発販売が進んでいます。

ステンドラとスペドラの違い

アバナフィルは販売される国によって販売名(商標名)がことなります。

ステンドラという商標名はアメリカ食品医薬品局(FDA)より承認を取得後、米国で販売する際に採用された商標名であり、米国、カナダにて適応されています。

スペドラという商標名は、欧州医薬品庁(EMA)より承認を取得した後、欧州で販売されるときに採用された商標名であり、欧州40か国以上にて適応されています。

韓国では韓国食品医薬品安全庁(MFDS)より承認を取得後、ゼペードという商標名で販売されています。

その他の国での商標名ですが、現状メナリーニグループが販売権を独占している国では、スペドラという商標名が使われるようです。

ステンドラ(FDAの登録商標)を使用している国は アメリカ、カナダ

スペドラ(EMAの登録商標)を使用している国は 欧州諸国、 オーストラリア、 ニュージーランド、 中国、 香港、 マカオ、 台湾、 インドネシア、 マレーシア、 フィリピン、 シンガポール、 タイ、 ベトナム

ゼペート(MFDSの登録商標)を使用している国は 韓国があげられます。

大手製薬メーカーによる独自開発においては世界統一の商標名が一般的ですが、複数の製薬会社が開発をおこなっているアバナフィルでは状況がことなります。

医薬品は有効成分が同じであったとしても、商標名は販売する会社や国によって商標登録ができれば販売会社が好きに設定できます。言葉の響きや、開発に基づいた名前を付けるケースが多いようです。

第4のED治療薬ステンドラがなぜ「総合力No1」なのか

ED治療薬の市場はバイアグラレビトラシアリスの3大ED治療薬がほぼ独占しています。

それぞれに一長一短があり、第4のED治療薬であるステンドラはその短所をなるべく抑え、既存薬を上回る効果を発揮できるよう研究開発を進めてきた商品です。

その結果、ステンドラは即効性、作用の持続時間、効果の程度、副作用の程度、食事の影響などにおいて総合的にバランスのとれた商品となっています。

1つ1つの項目では他剤より劣る点もありますが、総合力No1であり非常に使い勝手がいいと評判を集めています。

残念ながら日本では未承認ですが、もともと日本の製薬企業が開発していたということもあり、アジア人の体質に合う薬剤といわれています。

即効性

ステンドラの一番の特徴は服用後の効果発現の早さにあり、服用後約20分以内に効果が実感でき、15分くらいには効果を実感し始めるといわれています。

このスピードは驚異的です。

バイアグラはその効果発現に30~60分程度、レビトラが30分程度、シアリスが1~3時間程度かかることを考えると、ステンドラの効果発現が非常にスピーディであることがお分かりいただけるかと思います。

服用後約20分以内に効果が発現しますので、性交の直前に服用することで十分に間に合います。

服用と性交のタイミングを考慮して、服薬時間を計算することなく使用いただけるので、とても使いやすい商品です。

またED治療薬は一貫して食事の影響を受けやすい(成分が脂肪に吸着されやすい)ことが知られています。

ステンドラの有効成分であるアバナフィルも脂肪に吸着されますが、その影響量は、すみやかに体内に吸収される成分であるため、臨床的に問題となる程度ではなく、食事の影響はシアリスと同等程度に受けにくいとされています。

ちなみにバイアグラは食事の影響が非常に大きく、レビトラもある程度食事の影響を受けるため、食事と服用のタイミングを調整したり、高脂肪食を避けたりする必要がありますが、ステンドラに至りましては、食事の影響を考慮する必要は基本的にはありません。

適度な作用持続

ステンドラは服用後効果が6時間程度持続するといわれています。

性行為をおこなうには十分な時間対応できます。

途中で効果が切れる心配や、行為中に追加服用しなければいけないことはありません。

シアリスの効果持続最大36時間には遠くおよびませんが、レビドラ10㎎やバイアグラの持続時間と大差はありません。

ステンドラは勃起を収束させる際に働くPDE5を阻害することで、EDに効果を示す薬剤です。PDE阻害効果はさまざまな諸説がありますが、多くのデータを参照にするとレビトラに次いで阻害効果は強いといわれています。

バイアグラやシアリスよりもPDE阻害効果は優れているという報告が多くなされています。臨床試験においてもレビトラより少々劣りますが、効果に大きな差はなく80%近いED改善効果があるといわれています。

ちなみにバイアグラやシアリスは70%ほどのED改善効果といわれています。

また効果の持続時間は用量が増えるにつれ、増加することが知られています。

基本的には100mg/回/日ですが、効果の持続時間が弱い場合は、200mg/日まで増量可能です。また逆に効果が強すぎる場合は50mg/日まで減量できます。

自身の忍容性に合わせて調節の上ご使用ください。

副作用の軽減

ステンドラは血管を拡張させ血流を改善させる作用を有するため、主な副作用として

  • ・ほてり
  • ・頭痛
  • ・紅潮
  • ・動悸
  • などが発現することがあります。

これまで報告されているものは軽微な副作用がほとんどであり、特に心配する必要はありません。

他のED治療薬と比べても副作用の発現頻度は非常に低くなっており、副作用を懸念されておられる方も安心してご使用いただけます。

PDE5阻害薬の中には、視力低下、失明の原因である非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)について関連性を否定できないとされた薬剤があります。

しかしステンドラは製造販売後において、PDE5阻害剤の使用と時間的関連性のあるNAIONはほぼ報告されていません。

またPDE5阻害薬の中には、網膜におけるcAMP濃度を制御しているPDE6も阻害してしまうことにより、視覚異常などが発現しやすい薬剤もあります。

こちらについてもステンドラは、PDE6への選択性を従来のPDE5阻害薬に比べて2000倍以上にしたことにより、視覚異常の懸念が非常に少なくなっています。

脳や骨格筋に存在するPDE1、骨格筋に存在するPDE11など他のPDEへの選択性も10000倍以上高めており、副作用の懸念はさらに軽減しています。

有効性と安全性

ステンドラは残念ながら日本では未開発の状態であり、当然ながら販売されてはおりません。

ステンドラは元々、バイアグラなどの他のED治療薬を超える有効性と安全性を有する薬剤を目指し開発された商品です。

PDE5阻害剤の中には、PDE5以外に、PDE1、PDE3、PDE6など他のPDE酵素にも影響を与えてしまい、さまざまな副作用は発現してしまう薬剤があります。

PDE5の他、脳や骨格筋に存在するPDE1、心筋細胞に存在するPDE3が阻害されることで顔のほてりや動悸、頭痛などを引き起こすことがあります。

網膜に存在するPDE6を阻害すると視覚障害が発生する場合があります。

PDE5への選択性を高めることは未知なる副作用の軽減において当面の大きな課題であり、ステンドラはその課題をクリアし、高いPDE5選択性を実現した薬剤です。

その選択性の強さはバイアグラを大きく上回っており、他のPDE阻害が他剤に比べ少なく副作用が軽減されたことが国内大学より論文で発表されています。

また有効性においては、各種臨床試験にて、国際勃起機能スコアであるIIEFと勃起機能ドメインスコアであるEFなどで薬効を評価した結果、いずれの値においてもステンドラは優れた効果を有することが示されています。

日本未承認のため誤った情報が流通していますが、決して惑わされないでください。

ステンドラの有効成分アバナフィルのメカニズム

ステンドラの有効成分であるアバナフィルは他のED治療薬の有効成分であるシルデナフィルバイアグラ)やバルデナフィルレビトラ)、タダラフィルシアリス)と同様、勃起を収束させる際に働くPDE5という酵素を阻害することで、勃起を促すPDE阻害薬になります。

PDE5には勃起を促す酵素であるcGMP(環状グアノシン一リン酸)の働きを阻害する作用があり、そのPDE5を阻害することで、cGMPに働きを活発にし、陰茎の海綿体に存在する血管が拡張され、血液が流入することにより勃起を促します。

その効果は早い方で 服用後約15分程度で発現します。

他のED治療薬の中でももっとも効果発現にかかる時間が短いもととして知られており、必要時にさっと服用ができる薬剤として人気を博しています。

作用機序

アバナフィルは、 cGMPの分解をおこなっているPDE5という酵素の働きを阻害します。

勃起に必要な酵素がcGMP、勃起を抑制する酵素がPDE5です。

cGMPの作用で勃起が起き、射精するとPDE5がcGMPを抑制して勃起が収束します。

性的な刺激を受けると、それが神経に伝わり、陰茎の海綿体の平滑筋を弛緩させるcGMPが増加します。

すると、海綿体へ多くの血液が流入し、その圧力で陰茎が硬く膨張し勃起します。

射精後など勃起が収束する際に働く酵素はPDE5と呼ばれており、陰茎海綿体に存在しcGMPを分解し、海綿体への血液流入を阻止します。

EDとは、何らかの要因で PDE5が過剰に働いてしまい、cGMPの働きが弱まることで勃起しづらい状態を指しています。

アバナフィルはこのPDE5の働きを阻害し、cGMPが正常に機能するようにすることで、勃起を促します。この機序は他のED治療薬であるバイアグラ、レビトラ、シアリスなどと同じです。

PDE5阻害効果の強さをバイアグラの有効成分であるシルデナフィルと比較したところ、同等以上であると評価されています。

あくまでも性的刺激を受けた際に、勃起をサポートする薬剤ですので、 薬剤自体に性的な興奮を促す媚薬のような効果はありません。

体内吸収と代謝

ステンドラは、経口投与後に急速に体内へ吸収され、絶食状態での平均最高血中濃度到達時間(Tmax)は30〜45分でした。

ステンドラ200mgを高脂肪食とともに服用すると、吸収速度は低下し、Tmaxは1.12〜1.25時間と遅れ、減少した最高血中濃度(Cmax)の平均は39%でした。

血中濃度-時間曲線下面積(AUC)の約3.8%減少しました。

アバナフィルのCmaxとAUCのわずかな変化は、臨床的に重要なものではないと考えられているため、ステンドラは食事の影響を受けることなく投与できます。

アバナフィルは主に肝代謝であり、主にCYP3A4と、そしてCYP2Cアイソフォームによって代謝されます。

主要な循環代謝物であるM4およびM16の血漿濃度は、それぞれ親化合物の血漿濃度の約23%および29%です。

M4代謝産物は、インビトロにてアバナフィルの18%のPDE5阻害作用を有し、アバナフィルの薬理学的活性の約4%を占めます。M16代謝産物はPDE5に対して不活性です。

経口投与後、アバナフィルは、大部分が糞便中に代謝産物として(投与された経口用量の約62%)、尿中ではより少ない程度(投与された経口用量の約21%)排泄されます。 ステンドラの消失半減期は約5時間です。

健康状態にかかわること

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方は、アレルギー反応により生命の危険の可能性があるため、本剤を投与してはいけません。

硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を投与中の方は、本剤を服用するとcGMPの増大を介するNOの降圧作用が増強する可能性があるため、本剤を服用してはいけません。

グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤(リオシグアト)を投与中の方はcGMPの細胞内濃度が増大し、全身血圧に相加的な影響がおよび症候性低血圧が生じる可能性があるため、本剤を服用してはいけません。

以下の項目に該当する方は、慎重投与の対象となります。

  • ・過去6ヶ月以内に心筋梗塞、脳卒中、生命を脅かす不整脈、または冠動脈再建術を受けた
  • ・安静時低血圧(血圧が90/50 mmHg未満)
  • ・高血圧(血圧が170/100 mmHg以上)
  • ・不安定狭心症
  • ・性交時狭心症
  • ・NYHA分類II度以上のうっ血性心不全を有する方

またCYP3A4阻害剤と本剤を併用されますと、本剤の代謝が阻害され本剤の効果の持続に影響がおよぶおそれがありますので、慎重に投与する必要があります。

ステンドラにもジェネリック医薬品が存在する

日本では未開発のステンドラですが、海外ではすでにジェネリック医薬品の開発および販売が進んでいます。

医薬品の特許には、

  • ・物質特許(有効成分に関する物質の特許、物質名や化学名により設定)
  • ・製法特許(薬の製造方法に関する特許)
  • ・用途特許(新薬の使用方法に関する特許)
  • ・製剤特許(薬に使用されている副成分や添加物等に独自のものがあるとき設定される特許)

など数々の特許が存在します。

ジェネリック医薬品を製造しようとする場合は、特許期間が終わった後となります。

インドでは「物質特許」が認められていないため、ジェネリック医薬品が生み出されやすい背景があります。製剤技術は世界トップレベルであり、早漏防止薬との複合薬なども開発されており、工夫に富んだジェネリック医薬品が生み出されています。

独自の工夫

ステンドラのジェネリック医薬品は複数販売されています。

もっとも流通しているのは、アバナというインドのサンライズレメディーズ社が開発した医薬品です。

早漏防止薬プリリジーの有効成分であるダポキセチンとアバナフィルを組み合わせた、トップアバナスーパーアバナエクストラスーパーアバナも発売されています。

ジェネリック医薬品はいわゆる後発医薬品であり、新薬の特許が切れた後に開発、製造、販売を進めていく薬剤です。

新薬の開発には多大な費用がかかるため、特許にて保護されており、その特許が切れないとジェネリック医薬品を開発できないのです。

しかしながら、インドは事情がことなり、医薬品の特許のうち「物質特許」を認めていないため、新薬と同様の成分を使用し、全く違う製法にてジェネリック医薬品を製造することが可能なのです。

そのためインドでは数多くのジェネリック医薬品が誕生しており、早漏防止薬との複合薬など独自の工夫が施されたステンドラのジェネリック医薬品が誕生しています。

効能効果

ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分を含み、新薬と同等の有効性、安全性を有する薬剤です。

すでに有効性、安全性が認められた新薬と同等であることを証明するのみで開発製造することが可能であり、有効成分の有効性や安全性を証明する試験を実施する必要がありません。

そのため開発期間は数年と短く、開発費用も新薬と比べて格段に抑えられることにより、新薬よりも安価で提供することが可能となっています。

ジェネリック医薬品を開発するために必要な臨床試験は、各国で少しことなりますが、基本的には同じ有効成分を含む形で製剤化研究をおこない、生物学的同等試験(新薬と有効性や安全性が同等であることを証明する試験)をおこなえば、製造承認申請することが可能です。

現在多くのステンドラのジェネリック医薬品を世に送り込んでいるインドでは、安全性試験、溶出試験、生物学的同等試験をなどの試験が求められています。

また試験実施後、国の厳しい検査をクリアした上で、医薬品として認可されており、その高い品質には定評があります。

コストを抑えながら治療をおこないたい方に非常におすすめです。

ステンドラの効果を最大限に発揮するには空腹時に飲むこと

ステンドラのその効果を最大限に発揮させるためには、いくつかおすすめの服用方法やヒントをお伝えします。

必ずという訳ではないのですが、いずれもステンドラの効果を最大限引き出すために重要なポイントになります。

たとえば服薬と食事のタイミングについては、ステンドラは食事の影響を受けづらいとされていますので、基本的にはタイミングに配慮する必要はありません。

これはステンドラの大きなメリットの1つです。

しかしながら、決して食事の影響がゼロなわけではありませんので、ステンドラの効果を最大限に得るためには、空腹時の服用がベストとなります。

このように、服薬するのなら最大限の効果を得たいと望まれる方は以下のヒントをご参照ください。

正しい服用方法

ステンドラの錠剤は50mg錠、100mg錠、200mg錠の3用量が用意されていることがほとんどであり、初回用量は100mgが推奨されています。

服用開始後早い方で15分程度で効果が発現し始めます。

飲み慣れるまでは、まず性行為の30分前にコップ1杯分の水またはぬるま湯にて服用し、効果発現する時間帯を確かめておくとよいでしょう。

基本的に1日1回以上は服用しないでください。

もし効果が不十分であった、そして自身がステンドラに対して忍容であるのなら、用量は200mgまで増量することが可能です。

同様に性行為の30分前までに服用してください。

効果が強すぎるということであれば、50mgに減量してください。

1日50mgでも勃起不全への薬効は十分であることは臨床試験にて証明されています。

50mgを服用する場合は、性行為の30分前に服用するようにしてください。

用量の調整につきましては、かかりつけの医師に相談されることをおすすめします。

医師に相談すれば、合併症や併用薬の有無などの状態を管理し、総合的に用量の変更を判断してくれます。

もしお仕事のご都合などでかかりつけの医師を訪れることが困難な場合は、自身の状態を慎重に監視しながら、用量の調整をおこなってください。

最適な摂取タイミング

食事の影響は受けづらいとされています。そのため食事のタイミングを調整する必要は基本的にはありません。

ステンドラの有効成分であるアバナフィルの血中濃度への移行は、空腹時にステンドラを服用した方がより高濃度に移行することがわかっています。

そのため、食前や空腹時にステンドラを服用すると、ステンドラの効果が最大限に発揮されます。

ステンドラと高脂肪食との関連は臨床試験で検討されており、200mgを服用し高脂肪食も摂取した場合、吸収速度は低下し、Tmaxの平均遅延は1.12~1.25時間、Cmaxの平均減少は39%(200mg)でした。

臨床的な影響は軽微と判断されており、薬効には影響しないとされていますが、ステンドラの効果を最大限に発揮させたい方は高脂肪食の摂取はお控えください。

またステンドラの効果は約6時間持続するといわれています。

その効果の程は、ステンドラの用量に依存しています。

つまり服用するステンドラの用量が高ければ高いほど、その効果発現は増強されます。

ただし服用用量につきましては、多ければいいというものではなく、副作用の発現の懸念が増加することも考慮にいれ、必ず自身に適切な効果が発現する用量にて服用ください。

注意すること

飲酒に関しても適度であれば問題ありません。

しかしながら、ステンドラもアルコールもどちらも血管拡張作用を有しています。

ステンドラは血管平滑筋の弛緩などに関わるcGMPを分解するPDE5の働きを阻害することで血管を拡張します。

アルコールは血管運動中枢に働き、末梢血管を拡張します。

そのため大量に飲酒すると血管拡張作用が増強されることにより血圧降下が促進され、起立性低血圧や心拍数増加、頭痛などが発現してしまうおそれがあります。

ステンドラの効果を最大限に得たい方はアルコールを控えることをおすすめします。

飲酒量の目安は「3」、つまりワインならグラス3杯以上、ウイスキーならショット3杯以上は飲酒しないようにしてください。

アバナフィルはCYP3A4にて代謝されるため、ケトコナゾールなどの強力なCYP3A4阻害薬とステンドラを併用しないよう注意してください。

CYP3A4阻害薬とステンドラを併用する際には、ステンドラの用量は50mgとし、24時間に1回の投与としてください。

またCYP3A4阻害剤と併用しない場合でも、ステンドラは1日1回投与が推奨されています。

その他、硝酸塩とステンドラの併用は禁忌ですが、命に関わるため硝酸薬を使用しなければいけない場合は、硝酸塩が投与される少なくとも12時間前にステンドラの服用を終えているようにしてください。

ステンドラジェネリックの入手方法

ステンドラは日本国内では未承認ですが、米国、欧州を始め世界各国で販売されています。

残念ながら日本に在住しながら、ステンドラジェネリックを入手するには海外に渡航するもしくは海外医薬品をあつかうネット通販しかありません。

個人輸入であれば、日本の薬機法の定める範囲で入手することが可能となります。

海外から医薬品を個人輸入なると、手続きが厄介なため、入手するだけでも一苦労です。

語学力があれば、海外サイトから入手するのも方法の1つですが、国外配送が可能か、という点がポイントとなります。

結局のところ、現実的には個人輸入代行サイトから入手するのが一般的な方法となるでしょう。

病院・専門クリニック

ステンドラは日本未承認の薬剤ですので、病院や専門クリニックでは、個人輸入したものを販売している形となります。

国内未承認薬のため、取り扱っている病院や専門クリニックの数は、すでに国内の承認を得ているバイアグラバイアグラジェネリックレビトラシアリスと比べると非常に少ないのが現状です。

病院や専門クリニックの中には国内正規品のみを取り扱うことで、患者に安心して治療をおこなっていただけることをアピールしているところも少なくありません。

あくまで国内未承認のステンドラの使用は、たとえ病院や専門クリニックが処方してくれたとしても個人の責任であることを自覚し利用しましょう。

日本はED治療薬の保険適用を認めていません。

厚生労働省の見解は、「ED治療薬はあくまで性交を可能にするために使用され、一時的に勃起力をサポートするが、勃起不全を治癒するものではなく、QOL(日常生活の質)を改善する薬剤であるため、公的医療保険の給付対象に該当しない」とのことです。

そのため、各クリニックで独自に薬の価格が設定されています。

専門クリニックでは初診料や再診料などの診察に対する費用を含めた薬の価格を設定し、診察に対する費用は不要としているクリニックが多いようです。

薬局・ドラッグストア

ステンドラジェネリックは薬局、ドラッグストアでは取り扱いがありません。

日本において医薬品は医療用医薬品と一般用医薬品の2種類に分けられます。

医療用医薬品は医師の診察を受けた後、医師が処方せんを発行し、その処方せんに基づいて薬剤師が調剤薬局で調剤することで患者の手元に届く薬剤です。

一方、一般用医薬品は医師の処方せんを必要とせず、薬局、ドラッグストアで購入できる薬剤です。

バイアグラを代表とするED治療薬は日本市場ではすべて医療用医薬品に分類されているため、ステンドラも承認されれば医療用医薬品となることが予測されます。

処方せんがなければ調剤できませんので、医師の診察も必須となります。

稀に、調剤薬局が個人輸入代行の許可を得てED治療薬を取り扱っているケースもありますが、数はそれほど多くありません。

そのため通常はインターネットを通じて購入するケースが一般的でしょう。

個人輸入代行サービスを利用する場合でも、特に特別なプロセスをおこなう必要はなく、通常のネットショッピングと同様の操作で入手できます。

国内通販

一般的なショッピングサイトである楽天やAmazonでは取り扱いはありません。

あくまで個人輸入代行をおこなうとして厚生労働省に届け出をおこない、厚生労働省から許可を取得している業者に限られます。

インターネットの検索で「ステンドラ 通販」と検索すると日本で代表的な通販業者を検索できます。日本ではステンドラジェネリックの内アバナの流通量が多いようです。

有効成分アバナフィルを新薬と同量含有しており、シートに分包されており(ステンドラはボトルタイプ)、またインドの代表的なジェネリック医薬品メーカーであるサンライズレメディーズ社が開発・製造しており、その品質の高さが人気のようです。

個人輸入代行で購入した医薬品は、医薬品副作用被害救済制度は適用されません。

この制度は、医薬品を正しく用法用量通り、適応疾患に使用したにもかかわらず、副作用が発現してしまいます。

その健康被害が入院などを必要とするくらい重篤なものであった場合、医療費や年金などの給付をおこなう制度で、国内での医療用医薬品および一般用医薬品に適用されています。

日本未承認の薬剤については適用外となり、個人輸入する医薬品にて適用されません。

重篤な健康被害が発生しても、あくまで自己責任の範疇となりますので、輸入代行業者は慎重に選ぶようにしてください。

海外通販

海外は日本以上に薬の通販の利用が盛んです。数え切れないぐらいの業者が存在します。

言葉の壁を感じられる方は日本語のサイトを提供している通販業者を選択されるといいでしょう。

海外医薬品の中には偽造品である可能性も多くあります。

実際には表示されている有効成分が含まれていなかった、含まれている成分の用量がことなっていたなど、例をあげれば切りがありません。

これまで問題があった医薬品は厚生労働省のホームページに公開されていますので、一度目を通すことをおすすめします。

粗悪な業者も存在し、商品説明に誤った情報が含まれる場合があります。

たとえばステンドラはED治療薬であり、性的興奮作用を有してはいないのに、媚薬や性的興奮薬と紹介されていたりします。

海外通販を利用の際には、過去問題を起こしていないのか、商品説明は正しいか、これまでの利用者による口コミ評価は高いかなど十分に吟味した上で利用するようにしてください。

また一般の購入量は制限されており、送料は海外ブローカーから送られてくるので割高となり、価格は為替の影響により変動する設定となっているサイトも存在します。

発送元が海外のため、手元に届くまでに2週間以上かかることにもあらかじめ認識しておきましょう。

ステンドラジェネリックまとめ

ステンドラジェネリックはその効果発現が早いと服用後15分程度で発現し、性行為の直前に服用すればよく、即効性に優れています。

食事の影響を受けづらく食事の調整をおこなわなくてよく、アルコールも3杯までは併用可能なこともあり、非常に使い勝手がよいED治療薬です。

またPDE5に対する選択性が非常に高いため、PDE6を阻害することによる視覚障害などの副作用の発現も大幅に軽減されており、忍容性が高く、副作用を懸念する方にもおすすめします。

ステンドラジェネリックはステンドラに比べて価格も手頃であり、コストをそれほどかけずに治療を実施していきたい方にもおすすめの商品です。

参考文献

情報サイト
Business Wire
世界に向けてニュースリリースをおこなっているサイトです。
AP通信やフランス通信、ロイターなど世界各国の提携通信社を経由して、株取引や金融市場、投資家、ウェブサイト、ポータルサイトにビジネスにかかわるニュースを配信しています。

J-STAGE
科学技術振興機構(JST)が開発・管理する科学技術情報の電子ジャーナルを掲載・発信している情報サイトです。
日本で出版された科学技術情報の国際化を目的としていて、医学だけではなく食品化学や社会科学などさまざまな分野の記事が読めます。

ウィキペディア
ウィキメディア財団が管理・運営しているインターネット百科事典サイトです。 詳細かつ、網羅的な情報を掲載しており、他の辞書サイトでは容易に確認できないような事柄についての記事を確認することが可能です。

行政機関サイト
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査もおこなっています。

関連カテゴリー

ステンドラジェネリック

ステンドラジェネリック

ステンドラジェネリック通販購入の一覧ページです。
万能型である第4のED治療薬ステンドラ。
有効成分アバナフィルを含んだ、多数のジェネリック医薬品を取り扱っています。

>>ステンドラジェネリック

関連ページ

トップへ