お薬通販部

早漏とは~男性特有の早漏症に関するすべて~

早漏とは~異常に早い射精をコントロールする方法~

早漏(そうろう)とは

早漏とは英語でPremature Ejaculation(プリマチュア イジャキュレーション)といい、男性の性機能障害で、女性器(膣)への挿入前もしくは挿入してすぐに、意志に反して早く射精してしまう状態のことを指します。射精のタイミングをコントロールすることができず、早く射精してしまうことが原因で自身、そしてパートナーにもストレスがかかってしまうこともあります。

米国の18歳から59歳の男性の21%が早漏であるという報告もあり、その他の研究から世の男性の5~30%が罹患(りかん)しているといわれております。早漏の生態的な要因は不明であり、多くは身体機能に問題がない場合が多く、心因性と考えられています。

目次

  1. 早漏の医学的定義
  2. 早漏の原因は「経験不足」だけではない
  3. 早漏を克服するための治療法
  4. 早漏まとめ
  5. 関連カテゴリ

早漏の医学的定義

早漏の医学的定義

早漏の定義は諸説ありましたが、現在では国際性機能学会(International Society for Sexual Medicine, ISSM)によって成された研究結果に基づき、客観的な事実や根拠(総じて「エビデンス」という)に基づいた定義が使用されています。

その定義が2008年の米国泌尿器科学会(American Urological Association, AUA)にて発表された早漏の臨床ガイドライン(2004年公開、2010年改訂)です。

本ガイドラインでは、早漏とは男性の性機能障害において最も頻発する障害であり、ほぼ毎回の性行為において、女性器への挿入前もしくは挿入後1分以内に、自身の意志よりも早く射精してしまう状態であり、射精をコントロールできない状態により精神的ダメージを受け、性行為自体を避けてしまう場合もありうると定義されています。

早漏の治療基準

ISSMは一般的に早漏とは自信の意志より早く射精してしまう男性側の性機能障害だとしており、膣内挿入から射精までの時間が短く、男性側に射精をコントロールする力がなく、男性がそのことをストレスに感じる状態としています。ちなみに一般的な射精に有する時間は5~7分といわれています。

発症時期、膣内挿入から射精までの時間、男性自身がどれくらい射精をコントロールできると感じているか、男性は早漏の状況をどれだけストレスに感じているか、男性のパートナーは早漏をどれだけストレスに感じているか、心理的・感情的もしくは関係性について懸念事項はあるかを聴取の上、早漏と診断し、治療を開始します。

基本的には性行為のほとんど(75~100%)において早漏が発現し、膣内挿入から射精まで1分以内と非常に短いか、膣内挿入前に射精してしまう状態が少なくとも6ヶ月以上継続していること、また器質的要因が見つからず、精神的ストレスが原因と考えられることが1つの基準となります。

また患者がどれだけ精神的ストレスを感じているかを数値化するツールとして「早漏診断ツール」というものがあり、各質問項目を5段階で回答してもらい点数化し、診断・治療の一助として使用しています。

早漏の分類

早漏は原発性か続発性に分類することができ、原発性とはその名の通り、性経験の初期段階から早漏に悩まされている状態です。

毎回もしくはほとんどの性行為において、膣挿入の前もしくは挿入直後(1分以内)に射精してしまう状態であり、射精を遅らせることができず、その結果ストレスやフラストレーションなど精神的なダメージを受けており、性行為を避ける傾向にあるといわれています。

一方続発性の場合は、通常の性行為をおこなえた期間があった後に発症する早漏です。膣内挿入から射精までの時間が問題となるほど短くなってしまう状態であり、通常3分以内まで短くなるといわれています。その結果、同じくストレスやフラストレーションを抱えて、性行為を避けてしまう場合があるといわれています。

原発性でも続発性でも一番症状が重い早漏は、膣挿入前に射精してしまう状態です。
その他、刺激の程度・状況・パートナーを問わず発生する早漏は一般型、ある刺激に対してのみ過敏に反応する、ある状況のみ、あるパートナーの時のみ早漏が発生する場合は状況型に分類されます。

早漏の原因は「経験不足」だけではない

早漏の原因は「経験不足」だけではない

早漏の原因は明確にはわかっていません。ですが早漏は前立腺炎などの身体の状態や、悩みなどの心理的・精神的要因、また滅多にありませんが甲状腺機能亢進症と関連していることがわかっており、勃起不全を有する男性は勃起能力が完全に失われる前に早漏を経験しているといわれています。

遺伝的な要因があるのかもしれないという研究者もいる一方、脳内の化学的不均衡や受容体感受性の変化が原因の1つかもしれないと考える研究者もいます。かつては性的経験不足が射精を早めているともいわれていましたが、現在では性行為への不安や何かしらのストレスによる発症が大半であると考えられています。

性的経験の不足

性的経験の不足から性行為の際に陰茎にかかる刺激に過敏に反応してしまい、その結果、早漏となってしまうケースがあります。本例は若年層の方に多く、陰茎が性行為の刺激に慣れるにつれ、改善するケースが多いです。

陰茎への刺激は膣に挿入する直前、直後が最大であり、この刺激に対して、男性の最大の性感帯である亀頭が過敏に反応してしまい、早漏状態になっている若者が多く見られます。性感帯は人それぞれであり、亀頭以外が反応している場合も十分に考えられます。

ご自身の陰茎で一番敏感な場所がどこなのか探り、その部分の皮膚をマッサージするなどして刺激に慣れさせると早漏に非常に効果的です。亀頭以外の性感帯としては、亀頭の裏スジ、カリ、亀頭上部、陰嚢などがあげられます。

またどのような刺激に弱いのか知ることも、早漏対策として非常に有効です。女性の唾液や精液、ローションなどのヌルヌルとした刺激に弱いのか、それとも皮膚と皮膚が擦れる摩擦による刺激に弱いのか、それとも揉まれる刺激に弱いのか、はたまた吸引、つまり陰茎の根本を握って引っ張られるような刺激に弱いのか、ご自身が過敏に反応してしまう刺激の種類を探ってください。

把握できましたらその刺激をペニスに与え、その刺激へ慣れさせるようにすると、早漏対策になるでしょう。

性に対する不安

性に対する不安などの心理的要因により、ストレス性早漏が引き起こされます。

仕事が忙しい、パートナーとの関係がうまくいっていない、職場の人間関係に疲れているなどの心理的要因で発生した早漏が、今度は早漏により男性としての自尊心が低下することとなり、パートナーを満足させてあげられない罪悪感や、パートナーに見捨てられるのではないかという恐怖感、パートナーとの関係悪化などによりストレスを感じるようになり、悪循環に陥るケースが多く見受けられます。

ストレスは脳内神経伝達物質であるセロトニンの不足を引き起こします。その結果、ノルアドレナリンの過剰な分泌抑制を引き起こし、交感神経の亢進状態となり、性的刺激へ過敏に反応するようになってしまいます。

まずは職場や家庭でのストレスの解消をめざし、現在自身が置かれている状況を正確に把握した上で対処法を考える必要があります。現在の状況を変えることが難しい場合でも、心の持ち様や、見方を変えれば精神的負担が軽くなる場合もあります。

1人で抱え込まず、周りの人や専門家に相談したり、パートナーと正直に話し合い、一緒に改善していけるように努力してみましょう。

器質的疾患の影響

身体のどこかの器官が原因で早漏になってしまうケースがあり、要因の1つとして包茎が考えられます。亀頭は男性の最大の性感帯といわれているのですが、その亀頭が常に包茎に包まれておりますと、いざ刺激を受けた際には過敏に反応してしまいます。

早漏を改善するためには、まず包茎を剥き、亀頭の皮膚を鍛える必要があります。

真正包茎の方は常に包茎に包まれておりますので、包茎を治すことから始めましょう。仮性包茎の方は、平常時は亀頭が包皮にすっぽりと覆われており、勃起した際のみ亀頭が露出するので、普段全く刺激に触れていない亀頭に一気に膣挿入などの刺激が加わると、快楽の波が一気に押し寄せて射精してしまいます。

仮性包茎は特に手術などする必要はないのですが、早漏に非常に悩んでいる場合は、治してしまうのも一案です。包茎を剥いてマッサージするなど亀頭の皮膚を鍛えるようにしてください。

包茎の方は手術などで治療されると、亀頭が常に下着に擦れるので自然と皮膚を鍛えることが可能です。また慢性尿道炎や前立腺の慢性的な炎症などでも早漏が発症する可能性がありますので、必ず器質的疾患を医療機関で確認するようにしてください。

筋肉の衰退

筋肉が衰退することで発生する衰弱性早漏は、射精に関連する筋力が衰えることが原因で、主に射精を抑える筋肉である「射精管閉鎖筋」が衰えて起こるといわれています。筋力の衰えの主な原因は加齢によるものが大半で、その他には運動不足による体力の低下があげられます。

陰茎が硬く勃起していると、性的な刺激に強いのですが、筋力が衰えてきますと、勃起時の陰茎の硬さが足りなくなり、硬さが弱くなってくると性的刺激は陰茎内部の性感帯へ伝わりやすく、結果として早漏となってしまいます。

そのため「射精管閉鎖筋」を鍛える必要があるのですが、この筋肉は鍛えるのが非常に難しく、射精管閉鎖筋は勃起の際に働くPC筋の隣に位置しており、PC筋を鍛えるトレーニングをすると射精管閉鎖筋もある程度鍛えることができるといわれています。

人は加齢に抗うことは困難ですが、その進行スピードをトレーニング次第で遅くすることは可能です。

PC筋を鍛えるには、肛門をゆっくり締めていき、ぎゅっと締めた状態で10秒間保ち、一気にゆるめて5秒休憩を挟んだのち、同じ動作を繰り返すことで鍛えることができます。簡単なトレーニングですので、すきま時間に是非実施してみてください。

早漏を克服するための治療法

早漏を克服するための治療法

早漏の治療法としては、薬物療法、セックス療法、その両方を兼ね備えた療法、もしくは早漏をコントロールするトレーニングなどの方法があります。

薬物療法には内服薬と、直接陰茎に薬剤を塗布する薬剤が存在し、陰茎に直接塗布する薬剤には軟膏やスプレータイプ、ローションタイプ、コンドームの内側に薬剤が塗布されているタイプなどさまざまな形が存在します。

早漏の改善はパートナーとの良好な関係構築、関係持続に大きな役割を担っており、男性側だけの問題ではなく、パートナーとともに乗り越えていく問題です。難しい場合もあるかもしれませんが、是非治療にあたってはパートナーとともにおこないましょう。きっとパートナーとの絆を深める結果となるでしょう。

内服薬による治療法

早漏に適応がある内服薬は日本では承認されておりませんが、世界ではプリリジーという薬剤が承認されており、ヨーロッパやアジア各国で発売されています。有効成分はダボキセチンでありSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)です。

神経終末におけるセロトニンの再取り込みを阻害する作用があり、脳内のセロトニン濃度を高めることでノルアドレナリンの過剰な分泌抑制を促進し、交感神経の亢進状態を抑制することで、性的刺激への過敏状態を改善し、早漏を予防します。

プリリジーを性行為の1時間ほど前に服用すると、30分ほどで効果が現れ、射精までの時間が3~4倍になり、効果は3~5時間ほど持続するといわれています。

またプリリジーにはすでにジェネリック医薬品も存在していますが、日本ではいずれも未承認のため、ご利用にあたっては個人輸入してください。

三環系抗うつ薬は神経終末におけるセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを両方阻害する作用を有し、セロトニンの脳内濃度を高めるとともに、ノルアドレナリンの過剰分泌も抑えることで早漏に効果を示すといわれています。

塗布剤による治療法

早漏の原因の1つには陰茎が刺激に対して過敏であるということがあげられます。そのため陰茎の神経を麻痺させ、刺激に鈍感にさせ、射精までの時間を長くすることで早漏の改善が期待できる治療法です。

一般的には局所麻酔薬であるキシロカインリドカイン、ベンソガインなどの有効成分を含む薬剤を直接陰茎に塗布することで、陰部の刺激に対する感度が下がり、早漏を予防することが可能です。

局所麻酔薬を有効成分に含む早漏防止薬は多岐にわたっており、スプレータイプは性行為前に陰茎に直接吹きかけて使います。

性行為の何分前に吹きかけるのかは薬剤の効果発現時間により異なり、トイレなどで手軽に吹きかけることができるメリットがあります。

ローションタイプはマッサージしながら陰茎に塗り込むタイプであり、塗布の際はパートナーにお願いしてもいいでしょう。またコンドームの内部に局所麻酔薬が塗布されている商品もあり、パートナーに知られたくないと考える方にもおすすめの商品です。剤型はご自身の生活様式に合い、負担のかからない方法をご選択ください。

セックス療法

性行為の経験が少ないため、陰茎が刺激に不慣れであるがゆえに早漏が起こっていると考えられる原発性の早漏に効果がある療法です。その名の通り、セックスの経験を積んで陰茎をセックスの刺激に慣れさせるという療法です。

射精には亀頭の周囲、亀頭冠への刺激が直接関係しているといわれています。そのため早漏の方はまず、膣に挿入する際の刺激に耐え切れず、射精してしまう場合が少なくないので、挿入時の刺激に慣れることがまず必要です。亀頭部への刺激に慣れてきましたら、ピストン運動などの際の陰茎全体への刺激に慣れさせていきます。

通常はパートナーとともに6~10回の専門医とのカウンセリングを受けながら治療を進めていきますが、治療の中では、性行為の経験を積み重ねる中で、射精しそうになったときの対処法として、いくつか方法があります。

スクイーズ法は挿入直後に膣から陰茎を抜き、亀頭を数秒間圧迫し、快楽の波が過ぎ去るのを待って、性行為を再開し、射精しそうになるたび繰り返すという方法です。またスタート・ストップ法は射精しそうになったら動くのをやめ、快楽の波が過ぎ去ったらまた動き始めるという方法です。性行為の経験を積みながら、ご自身に合った方法を試してみてください。

早漏トレーニング

射精をコントロールできるようになることを目的としたトレーニングであり、さまざまなトレーニングがあります。亀頭オナニーは包皮を剥いて露出した亀頭を刺激しておこなうオナニーであり、亀頭の皮膚を鍛えることができ、膣挿入時の刺激に耐えられるようになることを目指すトレーニングです。

亀頭の包皮をかぶせたままオナニーを実施すると、亀頭の皮膚を鍛えることができませんので、必ず包皮を剥くようにしてください。また女性の膣内に近い環境をカップで再現し、カップを陰茎にかぶせ弱い刺激からトレーニングを始め、徐々に強い刺激を与えていくことで、陰茎が強い刺激にも耐えることができるようにするトレーニング方法もあります。

一例として、それぞれの刺激段階でマスターベーションによる刺激に10分間耐えられることを目標に、週2回の頻度で6週間の期間が設定されているものもあります。

早漏トレーニングは、少し時間はかかるものの、実際に膣内に挿入していられる時間が延びたとの報告があがっており、時間はかかりますが、費用をそれほどかけず、また薬に頼らず症状を改善させたいと願う方におすすめです。

早漏まとめ

性行為は、健康で自然な活動であり、愛情を形成する最も重要な行為です。早漏になると性行為が満足できないものになってしまい、自尊心やパートナーの関係などが崩壊する危険性を有していて、男性の30%ほどは何かしらの早漏に関する心配を抱えているというデータもあります。

決して珍しいことではなく、また要因も心因性ものから器質性のものまで多岐にわたっており、個人差も大きくあるので、一人ひとりにあった治療をおこなっていく必要があります。専門的治療を受けることは改善にとても効果的です。是非パートナーの方と向き合い、共に改善する道を探してください。

参考文献

医薬品情報サイト
Medscape
医療専門ネットワークWebMD社が運営する世界最大の医学情報サイトであり、オリジナルのプロフェッショナル医学コンテンツ:論文レビュー、ジャーナル解説、専門家によるコラム、患者教育記事、書評などの情報を日々配信しています。

ISSM
「インポテンツ」の研究と知識の交換を促進する目的で、1978年に国際性的医療学会により設立されました。当初は勃起不全の診断と、治療について研究がおこなわれていましたが、現在、人間のセクシュアリティの全分野の研究をおこなっています。

情報サイト
Wiley Online Library
人々や組織が成功のために必要とするスキルと知識の向上を目的とした論文のシェアや、約1,600誌(オープンアクセス誌を含む)のジャーナルをオンラインで提供しています。

TENGA
生ブランドコンセプトは「性を表通りに、誰もが楽しめるものに変えていく」であり、性生活のサポートを目的としたケア商品、女性用セルフケア商品やオフィシャルグッズの取り扱っている。

関連カテゴリー

早漏防止薬

早漏防止薬

早漏防止薬通販購入の商品一覧ページです。
世界初の服用タイプの早漏防止薬プリリジー、局所麻酔作用による早漏防止リドカイン、早漏防止に有効なサプリメントをご紹介しています。

>>早漏防止薬
プリリジージェネリック

プリリジージェネリック

プリリジージェネリック通販購入の一覧ページです。
世界初の服用タイプの早漏改善薬プリリジー。
有効成分ダポキセチンを含んだ、ED+早漏改善など、数多くのジェネリック医薬品を取り扱っています。

>>プリリジージェネリック
キシロカインジェネリック

キシロカインジェネリック

キシロカインジェネリック通販購入の一覧ページです。
早漏防止に有効な外用局所麻酔薬キシロカイン。
有効成分リドカインを含んだ、塗布タイプや噴霧タイプなど、数多くのジェネリック医薬品を取り扱っています。

>>キシロカインジェネリック
早漏サプリ

早漏サプリ

早漏サプリ通販購入の一覧ページです。
早漏改善や防止、勃起維持力の改善、媚薬効果や性機能向上などに有効なサプリメントを最安値でご紹介しています。

>>早漏サプリ

トップへ