お薬通販部

早漏防止薬の比較~人気商品ランキングTOP10発表

早漏防止薬の比較~人気商品ランキングTOP10発表

早漏防止薬通販・人気ランキング

早漏とは、世の中の多くの男性を苦しめている男性特有の悩みです。

早漏がコンプレックスになり男性としての自信を喪失し、場合によってはパートナーの女性に不満をもたらすこともあります。

男性個人だけでなく、パートナーの関係にも支障をきたしかねないのが、早漏の問題点です。

そこで、早漏を改善するために作られたのが早漏防止薬になります。

近年では、早漏への治療効果が認められている医薬品が他数登場しています。

主な種類は服用薬や外用薬に分かれ、またサプリメントもあります。

早漏は命に関わる病気ではないものの、人間の三大欲求の1つ「性欲」に関するナイトライフの満足度を大きく低下させます。

満足のいく夜を過ごしたい方は、早漏防止薬を試してみてはいかがでしょうか。

1位:キシロカイン

キシロカイン

キシロカインは、ネオンラボ社が開発したかゆみや痛みの感覚を脳伝達しないよう阻止する皮膚表面麻酔剤です。
陰茎部位に塗布することで、性的刺激の感覚を麻痺し、射精到達の時間を延長することもできます。
早漏防止の他にも、脱毛処理の痛みを緩和させるなどの用途があり、男性に限らず女性にもご使用いただける商品となっております。
ジェルタイプで使いやすく、いろいろな部位に使用することが可能な局所麻酔薬です。

>>キシロカイン
2位:スーパーカマグラ

スーパーカマグラ

スーパーカマグラは、インドのアジャンタファーマ社が開発した早漏防止効果とED(勃起不全)改善効果を併せ持つ治療薬です。
男性機能の改善が可能なスーパーカマグラは、発売以来力強い勃起維持力で定評のある大人気商品です。
射精到達を遅らせる成分ダポキセチンは、臨床試験でその有効性と安全性を証明、ED改善を担う成分シルデナフィルは、鋭く切れ味の良い効き目で世界中の信頼性を得ています。
早漏・EDの両方の症状に悩む方におすすめです。

>>スーパーカマグラ
3位:ポゼット

ポゼット

ポゼットは、インドのサンライズレメディーズ社が開発した早漏治療薬です。
ポゼットは、プリリジーと同じ有効成分であるダポキセチンの働きにより、交感神経の高まりを抑制する作用があります。
性行為の1~3時間前に服用することで、通常の3~4倍程度の射精到達時間延長が見込める早漏治療薬です。
副作用が少なく安全性の高い薬として人気の商品です。

>>ポゼット
4位:スーパータダライズ

スーパータダライズ

スーパータダライズは、サンライズレメディーズ社が開発した男性機能改善のED治療薬です。
ED(勃起不全)改善の成分と早漏改善の成分、この2つが主成分として配合されています。
ED改善に有効な成分はシアリスにも使用されているタダラフィル。長時間作用が特徴で、性行為のタイミングを気にせず使用することができます。
またもうひとつの主成分ダポキセチンには、通常の時間から3倍~4倍射精到達を引き延ばす効果があります。

>>スーパータダライズ
5位:キシロカインゼリー

キシロカインゼリー

キシロカインゼリーは、アストラゼネカ社が製造販売している即効性があり強力な局所麻酔薬です。
一時的に神経を麻痺させることで、痛みを緩和します。
いろんな部位に使用できますが、男性の陰茎部位(亀頭など)に塗布して感覚を鈍らせ、早漏改善・防止薬として使用する方法があります。
また女性の方には、脱毛処理などの痛み緩和にもご使用いただけますので、女性にもご購入いただける商品です。

>>キシロカインゼリー
6位:タダポックス

タダポックス

タダポックスは、インドのサンライズレメディーズ社が開発した早漏防止効果とED(勃起不全)改善効果を併せ持つ治療薬です。
3大ED治療薬シアリスのタダラフィルと、早漏改善薬プリリジーのダポキセチンが成分として配合されており、男性特有の2大障害をまとめて解決してくれます。
勃起促進効果が最大36時間と長い持続性があり、早漏改善効果は射精到達時間を通常の3~4倍の期待が見込めます。

>>タダポックス
7位:プリリジー

プリリジー

プリリジーは、メナリーニ社が開発した服用タイプの早漏治療薬です。
性行為の1時間~3時間前に服用することで、射精到達時間を通常の3倍~4倍に延長することが可能です。
効果発現は5時間~6時間程度。服用から24時間後には有効成分の95%以上が体外排出されるため、薬物依存の心配がありません。
大規模な臨床試験も行われており、その有効性と安全性が証明されており、現在では早漏治療薬の第一選択として処方されてます。

>>プリリジー
8位:リドスプレー

リドスプレー

リドスプレーは、ドイツに拠点を置くウォルターリッター社が開発した噴霧タイプの早漏防止薬です。
陰茎の敏感な部分にスプレーすることで、性的刺激の感覚を麻痺させ、射精を遅らせる効果があります。
局所麻酔薬として安全性の高いリドカイン成分配合で、持ち運びに便利なコンパクトサイズ。
陰茎部位が敏感すぎて射精が早くなりがちな方に、ぜひお試しいただきたいおすすめの商品です。

>>リドスプレー
9位:サビトラマックス

サビトラマックス

サビトラマックスは、インドのサバメディカ社が開発した早漏防止効果とED(勃起不全)改善効果を併せ持つ治療薬です。
陰茎の血流を促し勃起力を維持する成分バルデナフィルと、性的興奮を抑えて早漏防止する成分ダポキセチンが融合し、男性機能の不調を正常化へと導きます。
また、過度のストレスなどが要因のED症状は、早漏症を併発するケースが多くありその予防薬としても活用が可能です。

>>サビトラマックス
10位:スーパーアバナ

スーパーアバナ

スーパーアバナは、インドのサンライズレメディーズ社が開発した早漏防止効果とED(勃起不全)改善効果を併せ持つ治療薬です。
第4のED治療薬ステンドラの成分アバナフィルと早漏改善薬プリリジーの成分ダポキセチンを配合しており、2つの男性機能障害を同時に改善します。
力強い勃起力、効果発現まで最短15分の即効性を持ち、射精到達時間を3~4倍に延長させる効果が魅力です。
また、食事の影響も受けづらく、副作用も少ない点も特徴です。

>>スーパーアバナ

目次

  1. 日本人男性の3人に1人は早漏で悩んでいる
  2. 早漏を改善するためのさまざまな方法
  3. 早漏防止薬は飲む薬と陰茎に直接つける薬がある
  4. 早漏防止薬の新薬とジェネリック医薬品、効果は同等
  5. 自分にあった早漏防止薬はどれか?
  6. 早漏防止薬の入手方法
  7. 早漏防止薬のニセモノに注意
  8. 早漏防止薬まとめ
  9. 関連カテゴリー
  10. 関連ページ

日本人男性の3人に1人は早漏で悩んでいる

早漏は、国内の成人男性で約1300万人、およそ3.5人に1人、全世界では約7億人、およそ30%もの男性が早漏に悩んでいるというデータがあります。

これだけの人数が罹患していることが分かると、自分も早漏かもしれないと不安になるかもしれません。

早漏の基準になる定義として国際的に定められているものは、以下の症状に該当する場合となります。

・挿入前または挿入後1分以内に射精

・挿入時に射精をコントロールできない

・射精が早いために性行為を苦痛やストレスに感じてしまう

一般的には、"早漏の定義=射精が早い"と認識されています。

しかしそれだけではなく、たとえ挿入時間が1分以上であっても自身が早いと感じ、悩んでいる場合は早漏だと定義づけられます。

早漏の原因

多くの男性を悩ませている早漏ですが、大きく2つの原因があります。

・器質的原因

・心理的原因

簡単にいい換えると器質的原因は身体の問題、心理的原因は心の問題となります。

早漏は複数の原因が重なって起きることが多く見られます。

まず器質的原因とは、陰茎の過剰な感度が原因の早漏です。

特に男性の性感帯である亀頭のカリ首や裏筋の感度が高いために性的刺激に耐えられず、すぐに射精にいたってしまいます。

また仮性包茎の方は、器質的原因による早漏が発症しやすくなります。

仮性包茎の方は普段、亀頭が包皮に覆われて保護された状態になっています。

そのため亀頭が外部の刺激になれておらず、性行為の際の刺激に敏感になる傾向があります。

次に心理的原因ですが、こちらは過去の性行為の失敗などが原因になり、焦りや不安に襲われることで早漏を引き起こしてしまいます。

性行為に対するコンプレックスがさらに早漏を悪化させてしまう、悪循環に陥ってしまうのです。

心のはたらきは、自律神経と深く関わっています。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、性行為の際にはそれぞれことなる場面ではたらきます。

  • 交感神経  → 射精時にはたらく
  • 副交感神経 → 勃起時にはたらく

心理的原因による早漏は、交感神経のほうが強くはたらきすぎることで起きるのです。

早漏の種類

早漏は、発症したタイミングによって2つの種類に分類されます。

生まれて初めて性行為をしたときからずっと早漏である場合は「生来型」に分類され、後からなんらかの原因で早漏になった場合を「獲得型」と呼びます。

生来型の早漏は、いわば生まれつきであるといえます。

このタイプの早漏は、年齢を重ねるうちに射精をコントロールできるようになる方もいらっしゃいます。

しかし残念ながら、生来型の早漏は生涯を通じて症状がほとんど変わらないことも多いようです。

獲得型の早漏は、30代以降の男性によく見られます。

獲得型の早漏とは、以前は射精のタイミングをコントロールできていたのに、あるときから早漏になった場合のことを指します。

獲得型の早漏を発症してしまう原因は、さまざまなものが考えられます。

・過去の性行為の失敗

・日常の中でのストレス

・加齢による男性機能の衰え

など

発症する年齢が高く、加齢により症状がさらに悪化するケースがあることも獲得型早漏の特徴です。

また40代以降になると男性の勃起機能も低下し始め、早漏とED(勃起不全)することも少なくありません。

早漏の問題点

マイナスイメージが強い早漏ですが、発症した場合には大きく2つの問題点があります。

・男性の自信喪失

・パートナーとの関係悪化

性行為の際は、男性であれば誰しも興奮するものです。

しかし早漏の方は普通の方よりも興奮しやすく、その興奮度が高まるにつれて射精もコントロールできなくなってしまいます。

我慢できず、すぐに発射してしまうことが度重なることで、早漏である自分に対してコンプレックスを抱いてしまい、男性としての自信をなくしてしまう方も少なくありません。

そして性行為に消極的になるばかりか、恋愛や結婚にも尻込みをしてしまう方もいらっしゃいます。

性行為は男女でおこなうもの、双方が満足してこその行為です。

早漏を発症している場合、性行為の際に女性が気持ちよくなる前に射精を迎えてしまいます。

「男性だけが性行為を楽しんでる」

「射精が早すぎて物足りない」

必ずしも早漏が悪いとはいい切れないものの、早漏に対して不満を持つ女性もいます。

愛情があれば早漏でも良いという女性もいらっしゃいますが、本音では満足したいと思っているはずです。

性生活でのフラストレーションが女性の不満となり、破局のきっかけになるケースもあるようです。

男性としての自信を保ち、パートナーとより良い関係を築くためにも早漏治療をおすすめします。

早漏を改善するためのさまざまな方法

早漏改善には、さまざまな治療法があります。

・投薬

・早漏防止トレーニング

・カウンセリング

まず早漏の代表的な治療方法となるのが、投薬です。

心に作用する薬と身体に作用する薬があり、早漏を発症した原因によって使い分けられます。その薬にも、射精までの時間を延長させる効果があります。

早漏防止を目的に開発されたトレーニングもあります。

男性だけでおこなうものもあればパートナーと2人でおこなうものもあり、続けることで射精をコントロールできるようになるとされています。

その他、早漏の治療として一部のクリニックではカウンセリングをおこなっています。

心理的な要因の早漏を対象とした治療法であり、医師やカウンセラーのもとでおこないます。

投薬

早漏は、薬によって改善できます。

使用される早漏防止薬は、主に次のような種類です。

・SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)

・局所麻酔薬

など

SSRIとは、いわゆる抗うつ剤の1種です。

安全性が高く、精神科の領域ではよく使われている薬となります。

なぜ早漏に抗うつ剤を使うのか疑問に思われるかもしれませんが、早漏は心、つまり精神が原因で起こることがあります。

人の体内では、精神のはたらきを調節するさまざまな神経伝達物質が分泌されています。

特に射精という行為には、セロトニンとノルアドレナリンという2つの神経伝達物質が関係しています。

早漏症の方は、2つの神経伝達物質のバランスが崩れ、射精をコントロールするセロトニンが弱まるために性的刺激を我慢できなくなってしまいます。

SSRIは、セロトニンを増やすはたらきがある薬です。

セロトニン不足を補うことでリラックスして性行為に臨めるようになるため、早漏の改善効果が期待できます。

もう一方の局所麻酔薬とは、手術の時にも使用される"麻酔"のことです。

陰茎に使うと敏感な感度を鈍らせることで、射精までの時間を延ばすことが可能となります。

早漏防止トレーニング

早漏の改善には、早漏防止トレーニングをおこなうことも有効です。

主におこなわれているのは以下の3つの方法となります。

・セマンズ法

・スクイーズ法

・器具を使用したトレーニング

まずセマンズ法とは、男性とパートナーの女性の2人でおこなうトレーニング方法です。

第1段階から第4段階まであり、段階に応じて体位を変えながら性的刺激を与えていきます。

そして射精しそうになったら刺激を止め、射精感が落ち着いたら再び刺激を与えます。

こうした内容から別名「スタート・ストップ法」とも呼ばれます。

次に紹介するのは、スクイーズ法です。

正しくは「スクイーズテクニック」と呼ばれ、性行為や自慰行為の際に、陰茎のツボを抑えて射精を一時的に止めるテクニックとなります。

セマンズ法とスクイーズテクニックを併用することで、トレーニングの効果をより高められます。

最後に、早漏改善のためのトレーニング器具「メンズトレーニングカップ」についてご紹介します。

メンズトレーニングカップには、陰茎への刺激の強さがことなる5種類のカップがあります。始めは刺激が最も弱いレベル1を使って自慰行為をし、10分以上射精を我慢できたら次のカップを使用します。

手間はかかるものの、副作用もなく安全性が高い改善法といわれています。

カウンセリング

早漏になる原因の1つに、心理的な要因が関係していることがあります。

たとえば

・性的刺激を我慢できずに短時間で射精してしまった

・射精が早いことをコンプレックスに感じるようになった

・射精が早いことでパートナーに嫌われてしまった

上記は一例ですが、こうした性行為に関するトラウマやストレスになって早漏を発症することがあります。

「また失敗したらどうしよう」という不安が自律神経のバランスを崩してしまうのです。

すると不安が交感神経を活発化させてしまい、過度な興奮状態になることで射精をコントロールできなくなってしまいます。

また性行為に関するものではなく、仕事や人間関係など全くことなる悩みから心身のバランスが崩れ、早漏を発症するケースもあります。

心理的な要因による早漏は、つまり"物事の捉え方"が原因になっているといい換えられます。

そのためカウンセリングによって物事の受け止め方を変えたり、自分の中の考えを整理したりすることで心理的な問題が解決し、早漏を改善できる場合もあります。

カウンセリングは医師やカウンセラーのもとでおこなうのが基本であり、近年では性的な問題の相談に対応した心療内科や精神科も登場しています。

早漏防止薬は飲む薬と陰茎に直接つける薬がある

早漏防止薬には選べるほどさまざまな種類の薬が存在し、主流となっているのは、プリリジーキシロカインの2種類です。

この他、早漏の改善効果が期待できるサプリメントも注目されています。

プリリジーやキシロカイン、そして早漏サプリはそれぞれ違った効果や特徴を持つ早漏防止薬です。

まずプリリジーは、飲む早漏防止薬です。

精神のはたらきを整える作用があり、心理的な原因で早漏を発症している方に有効です。

次にキシロカインは、陰茎に直接塗って使う早漏防止薬です。

本来は局所麻酔薬に分類される薬で、亀頭が敏感すぎて射精を我慢できない方に効果を発揮します。

最後に紹介するのは、早漏サプリです。

医薬品ではないため確実性はありませんが、飲み続けることで男性機能を強化する効果を期待できます。

プリリジー

プリリジーとは世界初の飲む早漏防止薬です。

有効成分はダポキセチンで、2009年にベルギーに本社を置くヤンセン製薬によって開発されました。日本国内では残念ながら未だ認可のおりていない治療薬です。

ですが、イタリアやスペイン、ドイツ、シンガポール、韓国など欧州やアジアの60ヶ国以上で認可されています。これまで数百万人を超えるほどの使用実績があり、その効果や安全性は実証済みです。

薬の分類でいうと、プリリジーはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)になります。

早漏の方は、心をリラックスさせるセロトニンが不足しているために過度な興奮状態になってしまいます。

プリリジーにはセロトニンを増やす作用があり、興奮しすぎている脳にブレーキをかけることで射精時間を延長させます。

服用方法も簡単で性行為の1時間前に1錠、水やぬるま湯で服用します。

飲み始めてから1時間ほどで薬が効いてきます。

ちなみにプリリジーとアルコールは併用禁忌となるため、服用するときはお酒を控えましょう。

プリリジーはSSRI、つまり抗うつ剤の1種となるため副作用を心配する方も少なくありません。しかしSSRIの中では副作用も少なく、安全性に優れる薬だといわれています。

キシロカイン(リドカイン)

キシロカインとは、局所麻酔薬として手術のときなどに使用されている塗り薬です。

キシロカインは商品名になり、成分の名称はリドカインとなります。

陰茎に直接塗ることで感度が鈍くなり、射精時間を延長させることが可能です。

局所麻酔薬を陰茎に塗って大丈夫なのかと不安になる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしリドカインを使用した局所麻酔薬は、世界中で広く使われています。

安全性も高く、陰茎に直接塗布しても問題はありません。

ただ、キシロカインを早漏防止薬として使用する際には注意したい点があります。

キシロカインを陰茎に塗った後は洗い流し、コンドームを装着してから性行為を始めてください。

そうしなければ、性行為の際にパートナーにもキシロカインが吸収されてしまい、パートナーの感度まで落ちてしまう可能性があります。

またキシロカインは、効果を確かめつつ少量から使用をスタートします。

使いすぎると必要以上に陰茎の感度が落ちてしまうことや、副作用のリスクが増加することにつながってしまいます。

キシロカインによる副作用はほとんどありませんが、過量投与による中毒症状も報告されているので適量を守りましょう。

早漏サプリ

早漏の改善には、サプリメントを活用するという選択肢もあります。

近年では国内外から、男性の性機能の改善を目的としたサプリメントが他数販売されています。

ED(勃起不全)の改善や性欲の向上、ペニス増大など、商品により、さまざまな効果が期待できます。

そしてさらに、こうした性機能改善サプリメントの多くには早漏防止にも役立つ成分が配合されています。

一般的に早漏防止薬として用いられるプリリジーやキシロカインは、れっきとした医薬品です。

しっかりとした効果もあり、早漏を確実に改善したい場合には心強い味方となります。

ですが医薬品である以上、どんなに安全性に優れていても副作用のリスクが存在します。

対する性機能改善サプリメントは、医薬品ではありません。

医薬品と比べた場合の副作用のリスクはとても小さく、安心して服用できるでしょう。

しかし効果の確実性はなく、サプリメントはあくまでも"身体が持つ機能"を助けるためのものです。

効き目を実感できるまで、少なくとも数ヶ月以上の服用を続ける必要があります。

医薬品とサプリメントは全くことなるもの、それぞれの違いを考慮した上で選択することが大切です。

早漏防止薬の新薬とジェネリック医薬品、効果は同等

早漏防止薬には、ジェネリック医薬品も登場しています。

ジェネリック医薬品とは、新薬が開発された後に、同じ成分で作られる後発医薬品です。

販売されるまでには試験がおこなわれ、新薬と同等の効果を証明されてから製造・販売されています。新薬と同じ成分同じ効果なだけではなく、ジェネリック医薬品ならではのメリットもあります。

新薬と同等の効果が期待できるにもかかわらず、新薬よりも安価で購入できます。安さはジェネリック医薬品の最大のメリットといえるかもしれません。

さらにジェネリック医薬品は味や飲みやすさなど、さまざまな面で改良されているものが多くあります。

早漏防止薬のジェネリック医薬品では、ED治療薬との複合薬も登場しており、早漏とEDという男性特有の悩みを1錠で解決できます。

新薬

早漏防止薬の新薬は、大きく2つのタイプに分かれます。

飲むタイプの早漏防止薬と、塗るタイプの早漏防止薬です。

飲むタイプの早漏防止薬の中で代表的なのは、やはりプリリジーです。

SSRIという抗うつ剤に分類される薬となり、神経のはたらきを調節する作用があります。

こうした作用から性行為の際の過剰な興奮を抑えることが可能になり、射精時間を延長させる効果があるため早漏の治療に役立てられています。

また抗うつ剤としては副作用の頻度も少なく、比較的安全性にも優れる薬です。

国内のクリニックでも、早漏防止薬として広く処方されています。

一方、塗るタイプの早漏防止薬としてはキシロカイン、エムラクリームなどが有名です。

どちらの薬も本来は手術のときなどに用いられる局所麻酔薬となります。

いわゆる麻酔としての作用から、敏感な陰茎の感度を鈍化させられるため早漏の改善に効果的です。

ちなみにキシロカインとエムラクリームは、有効成分に違いがあります。

キシロカインの有効成分としてはリドカインが含まれており、国内外で使用されているメジャーな存在です。

対するエムラクリームは、リドカインとプロピトカインという2つの有効成分が配合されています。

2つの成分を配合することで皮膚に浸透しやすくなり、より高い麻酔効果が発揮されます。

ジェネリック医薬品

早漏防止薬としては、飲み薬はプリリジー、塗り薬はエムラクリームがとても有名です。

そしてこれらの薬にも、ジェネリック医薬品が登場しています。

プリリジーのジェネリック医薬品には、ポゼットという薬があります。

中身の成分はプリリジーと同じダポキセチンになり、新薬と同等の早漏改善効果を期待できます。

プリリジーのジェネリック医薬品として登場した早漏防止薬の一例として、スーパーカマグラというものがあります。

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルとプリリジーの有効成分であるダポキセチン、この2つの成分が配合されている複合薬で、たいへん人気のある商品です。

EDと早漏はどちらも男性の性機能に関わる症状であり、併発することも少なくありません。スーパーカマグラはそれらの症状を1つで治療できる、画期的な治療薬となっています。

他方、塗り薬となるエムラクリームにはプリロックスというジェネリック医薬品があります。プリロックスを製造販売しているのは、インドの製薬会社ネオンラボ社です。

エムラクリームと同じくリドカイン・プロピトカインという2種類の成分が配合されています。もちろん新薬と同等の効き目が期待でき、麻酔作用による早漏防止効果があります。

治療費用の違い

ジェネリック医薬品は新薬と同等の効果が期待でき、しかもより安い価格に設定されています。

一般的に新薬の3~7割ほどの価格で販売されており、安さを理由にジェネリック医薬品を選ぶ方も多いようです。

特に早漏防止薬は、保険未適用の薬です。

たとえば医療機関での処方の場合は病院やクリニック側が自由に価格を設定でき、割高になる傾向があります。

そのため早漏防止薬を購入する際にはジェネリック医薬品を選ぶことで、お財布への負担を大きく抑えられます。

また「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、ジェネリック医薬品が安いことにはしっかりとした理由があります。

新しい薬を開発するためには、通常で数百億~数千億円もの開発費用や10年を超えるほどの開発期間が必要です。

有効成分の効果・安全性を確かめるためには、莫大なコストや時間がかかってしまいます。しかしジェネリック医薬品は、新薬の特許期間が切れた後に新薬と同じ成分で作られる薬です。

有効成分の効果や安全性はすでに認められているために開発コストがかからず、新薬よりも安価な価格設定が可能になります。

自分にあった早漏防止薬はどれか?

早漏防止薬はさまざまなタイプに分かれ、豊富な種類があります。

しかし成り行きにまかせて選ぶのではなく、自分が納得して使用できる早漏防止薬を選ぶことがおすすめです。

早漏防止薬には、次のようなタイプがあります。

・服用タイプ(飲み薬)

・塗布タイプ(塗り薬)

・噴霧タイプ

・コンドーム

・ED治療効果も見込める複合薬

名称を見て分かるように、それぞれ全くことなる特徴を持つ早漏防止薬になっています。

それぞれに違った良さがあり、一概にどのタイプが良いということはできません。

「早漏防止薬を使いたい」と思っていても、どのタイプを選ぶべきなのか迷ってしまう方も多いと思います。

そのためここからは、それぞれの早漏防止薬の特徴を解説します。

自分にあった早漏防止薬はどれかを見極めるための参考にしてみてください。

服用タイプ(飲み薬)

服用タイプの早漏防止薬にはプリリジーや、そのジェネリック医薬品にあたるポゼットがあります。

これらの薬には、ダポキセチンという成分が配合されています。

ダポキセチンは元々、SSRIという抗うつ剤の1種として開発された成分です。

脳内のセロトニンという神経伝達物質を増やす作用があり、気分をリラックスさせる効果があります。

ダポキセチンはその後の研究から、射精を遅らせる効果があることを発見され、早漏防止薬として用いられるようになりました。

早漏は性行為の際に興奮しすぎることでも発症します。

脳の過剰な興奮により射精をコントロールできなくなり、短い時間で射精を迎えてしまうのです。

プリリジーやポゼットは、成分のダポキセチンがセロトニン不足を補い、脳の過剰な興奮を鎮めることで早漏を改善します。

その効果は射精時間を3~4倍まで延長するといわれ、服用することで性生活の質を向上させることが可能なはずです。

またプリリジーやポゼットを使用するときは、性行為の1時間前を目安に1回1錠を水やぬるま湯で服用します。服用から1時間ほどで効き目が現れてきます。

性行為に臨む前にこっそりと服用し、パートナーに気づかれることなく早漏治療ができることも服用タイプのメリットの1つです。

塗布タイプ(塗り薬)

塗布タイプの早漏防止薬にはキシロカイン、エムラクリームなどがあります。

他にもキシロカインと同じ成分リドカインを配合したペガサスディレイローション、エムラクリームのジェネリック医薬品となるプリロックスもあり、種類はとても豊富です。

これらは全て、局所麻酔薬に分類される薬になります。

早漏を発症する原因の1つに、陰茎の感度があります。

通常よりも陰茎が敏感な傾向にあるためちょっとした性的刺激でも感じすぎてしまい、我慢できずにすぐ射精してしまうのです。

塗布タイプの早漏防止薬は麻酔ですので、塗った部分の感覚が鈍くなります。

その効果は陰茎にも有効で、敏感すぎる感度が鈍化するため射精時間の延長に期待できます。

使い方は陰茎に塗り込むだけですが、注意点があります。

塗るタイプの早漏防止薬を陰茎に塗った場合、挿入前に必ず洗い流すようにしてください。薬の成分が女性器から吸収されてしまい、パートナーの感度が落ちてしまう可能性があります。

また感度が低下しすぎることを防ぐために、始めは少量から使用してください。

そして効き目を確かめながら、少しずつ用量を調節していきます。

噴霧タイプ(スプレー)

早漏防止薬にはリドスプレーVPMAXスプレーなど、噴霧タイプのものがあります。

リドスプレーやVPMAXスプレーに含まれている成分は、局所麻酔薬として使われているリドカインです。

陰茎に直接スプレーすることで感度が鈍くなり、性的刺激を我慢できるようになります。

中身の成分・使い方など塗るタイプの早漏防止薬と似ているかもしれません。

まず使い方は、塗るタイプのものと同じように性行為の前に陰茎に直接スプレーするだけです。

即効性があり、スプレーしてから15~20分ほどで陰茎の感度が低下し始めます。

性的な刺激も我慢できるようになり、パートナーとの充実したナイトライフを送れるようになるはずです。

また注意点に関しても、塗るタイプのものと同様のことがいえます。

・挿入前に洗い流す

・始めは少量から

噴霧タイプの早漏防止薬を陰茎にスプレーしたら、挿入する前に洗い流す必要があります。

スプレーした部分に女性器が触れることでパートナーの感度が低下したり、ヒリヒリしたりする可能性があるためです。

スプレーしすぎると陰茎の感度が落ちすぎてしまうこともあるため、最初は少量から使用しましょう。

コンドーム

早漏防止薬の中には、コンドームタイプのものがあります。

コンドームの内側に局所麻酔薬が塗布されており、装着すると麻酔成分が陰茎に吸収され、敏感な感度が適度に鈍くなって早漏が改善されます。

コンドームタイプの早漏防止薬には、他にはない特徴がいくつかあります。

・パートナーに気づかれにくい

・コンドームとしても使える

・感度が二重にダウン

コンドームタイプの早漏防止薬はもちろん早漏の改善効果はありますが、見た目は通常のコンドームです。

自分からいわない限りは、パートナーから早漏対策をしていることに気づかれにくいでしょう。

早漏であることをパートナーに気づかれたくない、隠したいという場合に使い勝手が良い早漏防止薬になります。

加えて、このタイプのものは早漏防止薬としての役割だけでなく、コンドームとしての役割も果たしてくれます。

早漏改善をしながら避妊、性病の予防もできることから一石二鳥です。

コンドームは、通常のものであっても装着すると多少は陰茎の感度が落ちるものです。

そこに局所麻酔薬の効果がはたらくため、陰茎の感度を二重にダウンさせることになります。

敏感すぎて性行為の際に短時間で発射してしまうという方でも、コンドームタイプのものであれば射精のコントロールができるようになるかもしれません。

ED治療効果も見込める複合薬

早漏防止薬には、ED治療薬の成分も配合された複合薬もあります。

早漏と同様に男性を悩ませる症状のEDですが、その治療薬には主に3種類が存在します。

これらのED治療薬は、それぞれ効き目の強さや持続時間などがことなります。

そしてこれらのED治療薬と飲む早漏防止薬プリリジーの成分を配合することで誕生したのが、早漏・EDの両方に治療効果を発揮する複合薬です。

バイアグラとの複合薬スーパーカマグラ、レビトラとの複合薬サビトラマックス、シアリスとの複合薬スーパータダライズなど種類も豊富にあります。

服用することで2つの成分が体内に吸収され、勃起力のUP・射精時間の延長という複数の効果が発揮されます。

早漏とEDは併発することも多く、特に40代以上の男性では男性機能の低下に悩む方が増加する傾向にあります。

合併症に悩んでいる場合はこのような複合薬を服用すると、2つの悩みを1錠で解決できるようになります。

またプリリジーや各種ED治療薬は、1錠が比較的高価な薬です。

別々に薬を購入するよりも複合薬のほうが低価格で治療でき、お財布への負担を抑えることもできます。

早漏防止薬の入手方法

早漏防止薬を入手するには、さまざまな方法があります。

・病院・専門クリニック

・薬局・ドラッグストア

・国内通販

・海外通販

早漏の治療をおこなっている病院やクリニックであれば、早漏防止薬を処方してもらえます。医師のもとでの処方となり、安心度は最も高い入手方法といえるでしょう。

また"早漏防止薬"そのものの取り扱いはありませんが、同じ成分を含んだ薬であれば薬局や通販などでも購入できます。

ただし、あくまでも成分が同じなだけなので過度な期待は禁物です。

ですが早漏防止薬には、病院での処方以外にもう1つの入手方法があります。

海外通販を利用して購入する方法です。

支払いに関するトラブルやニセモノのリスクはありますが、スマホやPCがあれば病院に行かなくても薬を購入できる手軽さから注目を集めています。

病院・専門クリニック

国内では早漏治療をおこなっている病院や専門クリニックがあります。

そうした医療機関では医師の診療を受けて早漏防止薬を処方してもらうことが可能です。

ただし国内の病院や専門クリニックで主流なのは、プリリジーとなっています。

プリリジーは当初、抗うつ剤として開発されたものの、射精時間の延長効果が発見されたことから早漏防止薬に転用された薬です。

世界各国で数百万を超える使用実績があります。

国内では未認可ですが、早漏治療をおこなっている多くの医療機関で使用されています。

医師のもとでの処方であれば飲み合わせの問題や、服用時の注意など心配な点を医師に相談し、安心して早漏治療に取り組むことが可能です。

しかし早漏治療は自由診療となり、プリリジーは保険未適用のため全額自己負担になることは覚えておいてください。

薬局・ドラッグストア

早漏防止薬として、キシロカインという局所麻酔薬が使われることがあります。

キシロカインは医療用医薬品であるため、薬局やドラッグストアでの取り扱いはありませんが、同じ成分リドカインを含んだ薬は一部取り扱いがあります。

・フェミニーナ軟膏S

・ボラギノールA軟膏

・ベンザ鼻炎スプレー

同じ成分を含有している薬であれば、早漏防止薬として使えそうに感じます。

しかしフェミニーナ軟膏Sはかゆみ止め、ボラギノールA軟膏は痔の治療、ベンザ鼻炎スプレーは鼻炎の改善とキシロカインとは用途が全くことなる薬です。

さらにキシロカインの有効成分はリドカインのみですが、これらの薬には他の成分も配合されています。

よってこれらの薬に早漏の改善効果や安全性は保証されておらず、早漏防止薬として用いることはおすすめできません。

国内通販

早漏防止薬の入手方法として、国内の通販サイトを利用する方法もあります。

日本で承認済みの薬、つまりリドカインが含有された早漏防止薬のみ国内の通販サイトでも購入が可能です。

通販を利用して早漏防止薬を購入した場合、病院へ足を運ぶ手間がかかりません。

忙しい方や病院に行くのが恥ずかしいという方も、気軽に早漏防止薬を購入できます。

また通販の場合、病院処方より安く購入できることもポイントです。

病院処方 → 薬代 + 診察費

通販購入 → 薬代のみ

しかしリドカインと並びに主流な早漏防止薬であるプリリジーは、国内ではまだ承認されていない薬です。

Amazonや楽天市場のような大手通販サイトでも取り扱いはなく、プリリジーを入手するには病院処方か後述の海外通販のみとなります。

海外通販

早漏防止薬を入手したい場合、個人輸入も選択肢の1つになります。

個人輸入とは個人が自分で利用するために、直接海外の商品を購入することです。

薬事法では海外で認可された医薬品の購入も認められ、早漏防止薬に関してはプリリジーやキシロカイン、その他ジェネリック医薬品など豊富な種類の中から選べます。

しかし自力での個人輸入をしようとすると言語の壁を始め、さまざまなハードルが立ちはだかります。

そのような問題を解決するためには、個人輸入代行サイトが便利です。

個人輸入代行サイトは、個人の代わりに輸入手続きをおこなってくれるサイトになります。

多くの個人輸入代行サイトは日本語で表記され、通常の通販サイトと同じような感覚で買い物ができます。

ですが処方せんはなく、何が起きても自己責任だということを忘れてはいけません。

早漏防止薬のニセモノに注意

近年、世界的な問題となっているのがニセ薬の存在です。

特に海外通販において蔓延しており、製薬会社の調査によると海外製の約4割がニセ薬の疑いがあるといわれています。

一口にニセ薬といっても、その現状はさまざまです。

・有効成分が含まれていない

・有毒物質が含まれている

・全くことなる成分が含まれている

など

たとえば早漏防止薬を購入したときに有効成分が含まれておらず、効き目がなかったのであればまだ良い方です。

それが、もしも有毒物質や全くことなる成分が含まれていた場合はどうでしょうか。

早漏改善どころか、命に関わる可能性があります。

さらにニセ薬が流通しているのは、海外通販だけではありません。

あろうことかクリニックで処方された医薬品がニセ薬だった、という事件が2017年に起きています。

医師から処方されたから安心といいたいところですが、ニセ薬のリスクは医療機関にも広まっているのです。

とはいえ、ニセ薬のリスクがあるからといって薬を全く飲まないという訳にもいきません。薬を購入する際には信頼できる通販サイトやクリニックを選ぶなど、自身で対策をすることが大切です。

また不安な点があるときは、どんな些細なことでも医師などに相談することをおすすめします。

早漏防止薬まとめ

早漏は、さまざまなことが原因となって発症します。

亀頭の感度が元々敏感であるなど、身体の問題が原因になることがあれば、過去のトラウマなど心理的な問題が引き金になることもあります。

年齢を重ねるうちに男性機能が衰え、射精をコントロールできなくなる場合もあります。

そして早漏防止薬にも多くの種類が誕生しています。

身体に作用し亀頭の感度を鈍くさせる薬があれば、心に作用して緊張を抑える薬など効果もさまざまです。

原因に併せた早漏防止薬を用いることで、短時間での射精を回避できます。

インターネットの普及により販売経路が多様化し、良くも悪くも早漏防止薬を簡単に入手できるようになっているのが現状です。正しい知識を持って、個々のニーズに合わせたものを選ぶようにしましょう。

参考文献

医薬品情報サイト
大東製薬工業
1949年創業、1962年に「トノス」「ヒメロス」を発売して以来、少子高齢化という時代背景を踏まえ、性機能や更年期、さらには生活習慣病の予防や抗加齢(アンチエイジング)医療に対応する生活改善薬の開発に携わっています。

情報サイト
MEDLEY
1,400以上の病気情報のほか、3万医薬品、16万医療機関の情報など、さまざまな情報を集約するオンライン医療事典。
専門の編集チームが最新の医学ニュースや病気、薬に関するコラムを執筆するなど、医療に関する最新情報を多方面から提供しています。
論文はすべて無料で参照することが可能で、その論文の数は240万本にものぼります。

関連カテゴリー

プリリジージェネリック

プリリジージェネリック

プリリジージェネリック通販購入の一覧ページです。
世界初の服用タイプの早漏改善薬プリリジー。
有効成分ダポキセチンを含んだ、ED+早漏改善など、数多くのジェネリック医薬品を取り扱っています。

>>プリリジージェネリック
キシロカインジェネリック

キシロカインジェネリック

キシロカインジェネリック通販購入の一覧ページです。
早漏防止に有効な外用局所麻酔薬キシロカイン。
有効成分リドカインを含んだ、塗布タイプや噴霧タイプなど、数多くのジェネリック医薬品を取り扱っています。

>>キシロカインジェネリック
早漏サプリ

早漏サプリ

早漏サプリ通販購入の一覧ページです。
早漏改善や防止、勃起維持力の改善、媚薬効果や性機能向上などに有効なサプリメントを最安値でご紹介しています。
>>早漏サプリ

関連ページ

トップへ