お薬通販部

ED・勃起不全になったら?さまざまな改善方法を詳しく解説

EDの改善|ED治療薬、サプリメントなどの改善方法

ED(勃起不全)になった場合の改善方法

ED(勃起不全)は男性特有の症状であり、その症状はいつあらわれるかわかりません。
自分でも気づかない間に心身の健康状態が悪化し、発症するケースがほとんどだとされています。
気のせいだと思うようにしながら治療を後回しにしていると、症状が思いのほか深刻化してしまうことも。

EDという症状は、自然治癒することがほぼありません。
重症化を防ぐためにも、EDによって満足に性行為ができなくなってしまった場合は、早めに対処することが大切です。

EDを改善する方法はいくつかあります。
「心身を健康な状態にする」「ED治療薬、サプリメントを使用する」「外科手術を受けて勃起が可能な状態にする」といった方法があげられます。

EDにお悩みの方は、これらを基本に治療を進めていきましょう。

目次

  1. 生活習慣の見直しでED改善
  2. バランスのよい食事
  3. 運動不足を解消
  4. サプリメントでED改善
  5. サプリメントで得られる効果
  6. 食事で補えない栄養補給
  7. 副作用がない
  8. カウンセリングによる改善(心因性ED)
  9. ED治療薬を使った改善方法
  10. EDの改善にはさまざまな改善方法があります。自分に合った改善方法を見つけましょう
  11. 関連ページ

生活習慣の見直しでED改善

バランスのよい食事

動脈が硬くなることにより血管が拡張しづらくなってしまう症状を『動脈硬化』といいます。血流を滞らせて血行不良を引き起こす原因になる病気です。

乱れた食生活や喫煙によって引き起こされるのが、高血圧や糖尿病などの生活習慣病と呼ばれる病気です。
これらが原因で、血液がドロドロの状態になり、血液の循環を滞らせることとなります。

血液の循環がスムーズに行われなければ、EDになるリスクが高まります。
性的刺激を受けても、動脈硬化で血管が狭くなったり、血液がドロドロになったりすると、陰茎にも血液がうまく流れず、勃起しづらくなるためです。

血行不良によってEDが発症している場合、生活習慣を見直すことが改善への第一歩となります。
特に「良質な食事」は、健康状態を改善し、健康体を維持するためには欠かせません。毎日の生活の中で意識するだけでもEDの改善を期待できます。

たとえば『大豆』を使った料理をメニューに加えるだけで血液の状態を良くし、ED改善につなげることができます。
大豆には、イソフラボンや大豆サポニン、グリシニン、ビタミンB2など、さまざまな栄養素が含まれています。

イソフラボンや大豆サポニンには、動脈硬化の予防効果、グリシニンにはコレステロール値の減少効果、ビタミンB2には脂肪を燃焼しやすくする効果があります。
血液中のコレステロール値が高まると血液がドロドロになり、脂肪が体内にたまると血管が収縮して高血圧になるリスクが高まりますが、これらの栄養素によってそのリスクを防ぐことができます。

大豆に含まれている栄養素の多くは加工しても効果を失わないので、好きなように調理して問題ありません。

大豆を原料とする食品の中でも、特に納豆はED改善に効果的だといわれています。
納豆には、大豆に含まれている栄養素に加え、ナットウキナーゼという栄養素が含まれています。
ナットウキナーゼには、血液の固まりである血栓を分解する作用があり、血栓によって滞っていた血液の循環を正常なものにします。

また、大豆に含まれるビタミンB2は、発酵過程において増量するという特徴があります。
大豆の発酵食品である納豆は、ビタミンB2を豊富に摂取するのにうってつけであるといえるでしょう。

他にも脂質の量を減らすことで、勃起力の改善を試みることができます。
肉料理や揚げ物、スナック菓子など、日頃摂取している高カロリーのものを減らすことで、体内に余分な脂質が蓄積することを防ぎます。

「一切食べてはいけない」というわけではありませんが、できるだけ少なめに抑え、栄養バランスが整った食事を意識することが大切です。

運動不足を解消

血液の状態を良くする方法のひとつとして『運動』があげられます。
血液の状態がよくなると、性的刺激を受けた際に、陰茎へ血液が流れやすくなります。

ウォーキングやジョギングなど、軽い運動から始めても継続することで効果が得られます。
運動の時間がないという方は、通勤時に徒歩で移動をしてみたり、なるべく車を使わない生活を心がけたりしてみるといいかもしれません。

下半身を鍛えるスクワットなどのトレーニングでは、陰茎周辺の血行が促進され、勃起しやすい状態をつくることができます。

ただし「下半身を鍛えられる運動であれば何でもいい」というわけではないので、間違った認識を持たないように注意する必要があります。
下半身のトレーニングに効果的ではあるサイクリングは、下半身がサドルで圧迫されることによって陰茎周辺の血行を悪化させる可能性があるので要注意です。

サプリメントでED改善

サプリメントで得られる効果

自然界には、勃起力の改善に有用性のある成分がたくさんあります。
EDの原因やメカニズムが明らかになったことにより、有効成分を配合したEDサプリメントが数多く開発製造されています。
有効成分の働きによって血行の促進、精力の増強をもたらし、勃起をサポートします。

精力増強効果のある有効成分として有名なマカから抽出されたエキス配合のサプリメントは、EDの改善にも非常に期待がもてるものです。
マカは主に南米で見られる植物で、ビタミン群やアルギニン、イソロイシン、グルタミン酸といったさまざまな栄養素を含んでいます。

その中でも特にED改善に有用性があると期待されているのが『アルギニン』です。
アルギニンは一酸化窒素を生成する働きを持っており、生成によって血行を促進させる効果があります。
陰茎の増大効果が期待できるサプリメントにも含有されている成分です。

シトルリンは、キュウリやスイカのようなウリ科の野菜に多く含まれているアミノ酸で、タンパク質を構成しない遊離アミノ酸に分類されます。

アルギニン同様、主な働きは体内で一酸化窒素を生成することです。
一酸化窒素には、血管を拡張する作用があり、その作用によって血液が循環しやすい状態をつくり、勃起をサポートする身体作りをします。

食事で補えない栄養補給

ED改善の効果が期待できる栄養素の多くは、食品を摂取することによって取り入れることも可能です。
栄養バランスを意識した食生活を続けることで、徐々にEDを改善していくことができると考えられます。

ニンニクやたまねぎに豊富に含まれるアリシンは血液の状態をよくする食物ですし、カキをはじめとする貝類、ビーフやポークといった肉類に含まれる亜鉛は、性機能を向上させることに有用な成分です。
このような栄養素を多く摂取することで、EDを改善していくことができるでしょう。

日常的に健康的な食事を意識していても、それらの栄養素を完璧に取り入れられているかといえば、そうではありません。外食などが続き、栄養バランスがうまく保てないこともあるでしょう。

このような時にもサプリメントの摂取は有効です。
サプリメントであれば、足りないと感じる栄養素を効率よく、確実に摂取することができます。
ED改善に必要だけれども、不足しがちな栄養素をしっかりと含んだサプリメントを選ぶことでそれらの問題は解決します。

副作用がない

病気を治療する際に使用される医薬品には、副作用の問題があります。

含有されている有効成分によって、医薬品本来の目的とは別にあらわれる症状を副作用と呼びます。
風邪薬などを飲んで「眠気が強く、ぼんやりしてしまう」などという経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

ED治療薬も場合により副作用を生じることがあります。

副作用が懸念される医薬品に対し、サプリメントはそれらの心配することなく使用できます。
医薬品と比べると即効性には劣りますが、副作用のリスクを危惧している方や医薬品を使用して強い副作用が現れた経験がある方も安心して服用いただけます。

ED治療薬では副作用が不安という方には、こうした成分を取り入れたEDサプリメントで改善を試みるのもひとつの方法です。

カウンセリングによる改善(心因性ED)

心因性EDを患ってしまった場合、カウンセリングが効果的です。
緊張や焦り、不安、ストレスなどの精神的負担を、心理学や心理療法の知識を持つプロのカウンセラーが悩みを聞きつつ、的確なアドバイスを行なう療法です。

「夫婦間のトラブルによってストレスが溜まる」「仕事で重要な企画の責任者を任されたことで不安や緊張を感じている」など、日常生活において精神的な負担を感じることは珍しくありません。
そのような精神的な負担がなかなか解消されず、慢性的に続くことでEDを引き起こす可能性があります。

不安定な精神状態では神経が正常に働かず、刺激や興奮といった情報が全身にうまく伝達されなくなります。それにより、性的刺激を受けても正常に勃起できなくなります。

そんな心因性EDは、ED治療薬やサプリメントを使用し改善させることができますが、根本的に治療できるわけではありません。
病気を根治させるには、EDの原因である精神的な負担を少しずつでも緩和する必要があります。

ED症状もカウンセリングを行うことによって、精神状態を安定させ、神経が再び正常に働くように促することができます。
精神的なリラックスから、勃起機能も自然に改善へと導かれていきます。

カウンセリングでは、精神的な負担を解消するための方法や心構えを教わることができるほか、悩みを人に打ち明けたことで精神的な負担が軽くなることもあります。
そのほか、患者の思考のクセを改善する『認知療法』や、カウンセラーが設定した目標を段階的にクリアしていくことで問題を解決する『行動療法』といった治療方法もあります。

ただし、過去のトラウマのように心の奥底に潜んでいる深層心理が原因の場合は、分析系の心理療法を受ける必要があります。深層心理とは無意識に働く心理のことです。
自覚することが困難であるため、精神分析や簡易分析といった方法を使ってその人を深く分析していかなければいけません。

身体面に異常がなく、ストレスなども特に感じていないという状態であるにもかかわらずEDを引き起こしている方は、深層心理による心因性EDである可能性があります。
心療内科・精神科のクリニックで相談してみると解決への道がひらけるかもしれません。

ED治療薬を使った改善方法

ED改善に最も多く処方されている治療薬は、『PDE5阻害剤』に分類されるバイアグラレビトラシアリスステンドラなどのED治療薬です。

勃起不全を解消するには、血管拡張作用を持つ『環状グアノシンーリン酸(cGMP)』の働きが不可欠です。血管を拡張して血液をたっぷり導き入れ、スムーズに勃起させます。
その性的興奮による勃起を鎮める役割を担っているのが『ホスホジエステラーゼ5型(PDE5)』と呼ばれる酵素です。PDE5はcGMPを抑制し、勃起状態を解除します。

しかし、PDE5が優位に立ちすぎると、今度は性的刺激を受けてもcGMPが正常に作用しなくなり、血行促進が行われなくなります。
このような状態により、性的刺激を受けても勃起しづらくなり、EDの症状が進行してしまいます。

EDを引き起こす原因はさまざまですが、直接的といえる原因は、このPDE5の誤作動であると考えられています。

「生活習慣を改善して血液の状態を改善する」「カウンセリングを受診して精神的な負担を和らげる」など、EDの原因に合わせて適切な改善方法があります。
しかし、これらの改善方法は時間をかけてゆっくりと心や身体の状態を整え、勃起できるようにしていくもので、「今夜、勃起できるようにしたい」という方には不向きといえるでしょう。

ED治療薬とは症状の直接的原因となるPDE5を阻害し、cGMPが再びスムーズに作用できるようにするための医薬品です。
効果の持続時間は、治療薬によりさまざま特徴がありますが、いずれも性行為をおこなうには十分な作用時間を持ち合わせています。

ただし、ED治療薬はすべての方が使用できるものではありません。
服用することで、忍容性がない方には副作用が生じることもあります。

頭痛やめまい、顔のほてりといったものが代表的な症状で、いずれもED治療薬を服用することにより、血行が促進された結果としてあらわれるものです。

軽度な症状がほとんどで、有効成分の効果が弱まると副作用も消滅します。
どの治療薬にもいえることですが、副作用には個人差があるため、重症化していると感じた場合はすみやかに医師による診察を受けましょう。

また、硝酸剤や塩酸アミオダロン製剤など、ED治療薬の併用禁忌薬に指定されている医薬品がいくつかあります。
常用薬がある方には、使用上の注意をよく確認した上で、服用するようにしなければなりません。

EDの改善にはさまざまな改善方法があります。自分に合った改善方法を見つけましょう

このようにEDを改善する方法は複数あります。
改善するには、自分に合った方法を選択する必要があることをおわかりいただけたかと思います。

これを参考に、長期計画的に行なう生活改善やサプリメントの服用、カウンセリングなどを用いての心のケア、ED治療薬投与による現実的な改善など、ご自身にあった改善方法を選んでいただければ幸いです。

やみくもにED治療を試みて、改善されないことに対する焦りやストレスでEDの症状を悪化させては本末転倒です。
ご自身の状況を悪化させないためにも、症状の度合いやEDの原因に合わせて、適切な方法を選択しましょう。

「自分に適した改善方法がわからない」「そもそもEDの原因がはっきりしない」といったお悩みのある方は、医師や専門医療機関に相談をしてみるとよいでしょう。

参考文献

健活ナビ
All About 健康・医療

ED治療薬

関連ページ

トップへ