お薬通販部

現代のEDに悩めるオトコたちによくある症例

現代のEDに悩めるオトコたちによくある症例

誰もが一度は耳にするEDの症例

EDは男性なら誰にも起こりうる疾患で、高血圧や糖尿病、腰痛などの疾患と同じようにきちんと治療をおこなうことで克服することができます。

ですが恥ずかしさや諦めによって放置し、さらに重いEDの症状や家族不和を招いている男性も珍しくありません。

よくある症例としては、極度に緊張して勃起しない緊張型のED、一人の世界に没頭しなければ射精しない、あるいは自分の手でしか射精できないバーチャルED、外では射精できるのに妻には勃起しない妻だけEDなどがあります。

EDの定義は、「性行為において十分な勃起が得られず、性行為に満足できない状態」を指しますから、どの年代の男性でも起こりうる疾患でありパートナーとともに克服していく必要があります。

目次

  1. 20代に多いED
  2. 悩める夫のED症例
  3. 高齢層に多いED
  4. ED治療は自身の気持ち次第
  5. 関連ページ

20代に多いED

20代は学生の方もいて、社会人になって間もない方も多い年代です。
性生活においても経験不足で当たり前であり、恥ずかしがることは何もありません。

ただ、最初の性体験がトラウマになり若年EDとなってしまった20代の方も少なくありません。
パートナーや状況が変わっても、最初の痛ましい失敗がフラッシュバックしてしまい、勃起しないか遅漏気味で中折れしてしまうことがあります。

ヤングEDやコンドームEDと呼ばれる種類のものは特に、過去の失敗体験を払拭しなければ治癒に至りません。

こういった症状には、まさにED治療薬が最適です。
心身ともに若く健康体である20代はお薬の効果もあらわれやすく、容易に成功体験を重ねることができます。

バーチャルED

バーチャルEDとは、思春期の男子が自慰行為を覚えいつか体験する異性との性行為を「仮想的に」経験し、いざ異性と本格的な性行為に臨むと、勝手の違いからEDになってしまうという現象です。

医学的に、AVなどを用いて自らを慰める行為がEDに直結するとは証明されていません。
しかし、一人の世界に没頭できるマスターベーション(オナニー)を過度におこなうと、実際の性行為においては遅漏となり中折れしてしまったり、自身が予期せぬタイミングで射精したりする可能性があります。

また、手で射精が導かれる感覚に慣れてしまうと「膣内射精障害」、つまり女性器では射精できなくなってしまうこともあります。

このことから、自慰行為は性行為の妨げにならないようほどほどに刺激を少なくおこなうことが望ましいといわれています。

コンドームED

コンドームEDとは、性行為時にコンドームをつけようとすると萎えてしまう症状を指します。
結論からいうと、このEDは自己暗示に過ぎません。

自身の過去の性体験のなかで、コンドームをつけようとしたときに「慌ててうまくつけられない」などが原因で折れてしまった経験があると、「今回もつけたら萎えてしまうのではないか、また失敗してしまうのではないか」と過度にナーバスになってしまうことがあります。

この自己暗示から抜け出すことが、コンドームEDの方にとっては大切です。

このタイプのEDはED治療薬がとても有効な治療法で、お薬の力を借りて何度か成功を繰り返し嫌な記憶を塗り替えることで克服することが可能です。

なお、ED治療薬とはその名の通り体内から作用する医薬品ですので、心因性ED・器質性EDのどちらにも効果があります。

ヤングED

20代に多いヤングEDは、緊張型EDとも呼ばれます。

「初めて異性と性行為するときに失敗してしまい、その経験を引きずり続けて結局童貞のままだ」「パートナーとの性行為ではいつも緊張して射精できず、諦めて帰るときに勃起しだす」など、悩める20代からの相談が多い症状です。

一度の失敗が尾を引き失敗するイメージが根深いためにプレッシャーがかかり、更なるED症状を引き起こしてしまいます。
ヤングEDも何度かED治療薬の力を借りて成功体験を重ね、自信がつけば治る可能性が非常に高いEDです。

20代であれば持病や高血圧などの生活習慣病の方も少ないですから、バイアグラレビトラシアリスステンドラなどの先発薬に加え各ジェネリック医薬品などED治療薬の選択肢も幅広く用意されています。

まだまだ先が長い年代ですから、早めに治療をしてコンプレックスを克服し生涯現役を目指しましょう。

悩める夫のED症例

愛する人と結婚し新婚の時は毎晩ナイトライフを楽しんでいたはずなのにEDとなり、治療をしなかったがためにセックスレスへ陥ってしまった…という方は非常に多くいます。

夫婦仲が悪くなり、離婚にまで至るケースも少なくありません。
そこで既婚者に多いとされるEDの例をご紹介します。

妻の出産に立ち会ったことによるED(出産目撃ED)、家庭内でのみ勃起不全である「妻だけED」、逆に、妻とは問題なく性行為できても外では勃起不全となる「妻の呪い型ED」(外だけED)などがあります。

理由はさまざまですが、既婚者のEDは多くのプレッシャーや精神的ショックが原因となって発症しています。
正しい治療をおこない、自分の力でプレッシャーを克服して、自信を取り戻しましょう。

出産目撃ED

妻の出産、命の誕生はとても感動的なものです。しかし、立ち合い出産をした男性の感想は2パターンにわけられます。

一生忘れられない感動的な瞬間であったというパターンと、妻の豹変ぶりにショックを受けた・グロテスクなものに見えてしまったというパターンです。

後者の感想を持ってしまった男性は、精神的なショックが大きく出産以降妻に対してEDになってしまうことがあります。
いざ挿入しようとすると、出産時に見えていた赤ん坊の頭を思い出して萎んでしまうという報告がされています。

妻からすると、命を懸けて痛みに耐えて産んだのに、と怒りや悲しさがこみ上げ夫婦生活が破綻するケースもあります。

精神的な自己暗示が大きいので、お薬の力も借りながら、なるべく間隔をあけずに早めに乗り越えるべきパターンです。

妻だけED

字の通り、奥さんにだけ勃起しない、射精できないという症状です。

外で浮気をしているときは問題ない、という方もいれば、浮気など全くしていないのに妻とも性行為ができない、という男性もいます。
いずれにしても「妻に申し訳ない」という気持ちがEDに更に拍車をかけ、まずます射精しないという悪循環に陥ってしまうといわれています。

疲れているから、と言い訳をすることにも限界を感じパートナーと寝室を別々にし始めてしまったら要注意です。
そうなる前にパートナーと相談して治療を始めるか、パートナーには内緒で治療をして驚かせるか、なにかしらの対処をしましょう。

悩みが解決すれば夜のみならず日常生活にもハリが出てきます。

妻の呪い型ED

妻とは問題なく性行為できるのに、他の女性とはできないという状況を指し「妻の呪い」という言葉が使われています。

風俗等に日常的に通っている男性には少ないようですが「急にまたとないチャンスが到来したのに、過度に緊張して射精しなかった」という既婚男性からの相談が増えて名付けられたEDです。

もう二度とこのような機会はないかもしれない、という極度のプレッシャーにより勃起しなかったり、中折れしたりすると考えられています。

こういった場合、水なしで飲めるタイプのED治療薬などを携帯していれば相手に知られずサッと服用でき、満足できる一夜を過ごせたかもしれません。

ED治療薬の中には性行為15分前に服用できるものや、36時間の持続力があるものもあります。個人差もありますが、状況に応じて使い分けるのも一つの方法です。

高齢層に多いED

EDは、陰茎海綿体への血流量が少なくなることによって起こります。
したがって、高齢になればなるほど、血管が固くなり血液の流れも滞りがちになるので、勃起もしにくくなります。

しかし昨今は「生涯現役」という言葉もあるように60代、70代になっても若々しく性生活を楽しめる時代に入っています。現役引退を決めるのは、男性自身です。

医療技術の進歩により、EDの分野においても身体への負担が少ないお薬がたくさん登場しています。
ED治療をされる方には80代もいますので、高齢だからといって諦める必要はありません。

若かりし頃のように、パートナーとともに満足できるナイトライフを楽しむための治療方法はいくらでもあります。高齢層に多いEDの原因と対策を見ていきましょう。

単身赴任ED

「単身赴任から久々に帰宅し、妻と楽しもうと思っていたのに射精できなかった」という悩みを抱える男性が増えています。
射精しないショックで更に勃起しなくなるというパターンが多くなっています。

そのうえ、身に覚えのない浮気を疑われたり関係がぎくしゃくしたり、良いことがひとつもないと嘆く40~50代の患者さんは後を絶ちません。

「愛人がいると思われるのではないか」「今を逃すとまた1ヵ月会えない」といったさまざまなプレッシャーがEDに拍車をかけることで悪化する恐れもあります。

プレッシャーを軽減するためにも、家族の元に帰る日にはED治療薬を携帯していると安心でしょう。
特にバイアグラとは効果が強力で自信回復にも役立つED治療薬のひとつですので、性行為1時間前にリラックスした状態で服用することで、ED治療薬の効果も高くなります。

定年ED

今まで仕事をバリバリこなしてきた方が定年退職すると、一日中何をしたら良いのかわからずに空虚な気持ちになり一日一日を長く感じ無気力状態になることがあります。

この精神状態は、高齢で勃起しにくくなっている年代の男性に対してますますEDを助長することになります。

若いころは仕事と家庭に全力を注ぐ理想のお父さんであったとしても、子供が巣立ち定年退職し妻と二人きりになると急に虚無感に襲われるパターンです。

60代は身体もまだまだ動きますから、ED治療をおこないながら若いころの元気を取り戻し、ナイトライフも現役で続けることができます。

心臓病や高血圧などの持病のある方は、治療開始前にかかりつけ医にご相談されることをおすすめします。

ED治療は自身の気持ち次第

サラリーマンの仕事には定年制度が取り入れられていますが、パートナーとの性生活においては自分の現役がいつまでかを決めるのは男性自身です。

今までご紹介したように、EDにはさまざまなタイプがあり年代や原因、ピッタリ合った治療方法もさまざまです。

精神的なトラウマやプレッシャーが原因である多くの場合、勇気をもって疾患に向き合う事で「コンプレックスに悩んでいる時間が勿体なかった」と思える日が必ず来ます。

失敗やプレッシャーを跳ね除けるほどの満足できるナイトライフ体験を手にするには、まず行動することです。

成功体験は何度かED治療薬の力を借りることですぐに手に入ります。
お薬を服用する際は、用法用量を守って正しい知識をつけて使用しましょう。

参考文献

All About 健康・医療

ED治療薬

関連ページ

トップへ