お薬通販部

ED治療をする薬の入手方法

ED治療をする薬の入手方法

ED改善できる薬を購入するには

EDを改善するためには、ほぼすべての人にED治療薬が有効です。
気になるお薬の入手方法についてご紹介しましょう。

まず日本国内で一般的なのは、医療機関から処方してもらう方法です。
問診だけでEDかどうか診断し、厚生労働省が認めたお薬をもらうことになります。

副作用のリスクマネジメントや、ご自身が服薬可能かどうか確認して安全に使用するためにもおすすめの方法です。

第二に、インターネットを通じて個人輸入代行業者から購入する方法もあります。
病院に行かなくてよい、物によっては価格が低いというメリットはありますが、偽物が流通している可能性も高く健康被害が報告されることもあります。

失敗しないためにも、各入手経路のメリット・デメリットをきちんと把握しておきましょう。

目次

  1. EDに効く薬の入手場所
  2. ED治療薬を海外通販するにあたって
  3. ED治療薬が国内で市販されていない理由
  4. 関連ページ

EDに効く薬の入手方法

バイアグラレビトラシアリスは世界的に信頼されているED治療薬であり、日本でもED治療をおこなっている泌尿器科やED専門のクリニックで処方してもらうことができます。

しかし病院では、1錠につき1,000円以上かかるのが一般的で継続的に服用するにはコストがかかります。

ED治療薬には、バイアグラジェネリックレビトラジェネリックシアリスジェネリックなど、それぞれのジェネリック医薬品が存在します。

ジェネリック医薬品を使用すれば、出費を抑えた低コストでED治療ができます。

ジェネリック医薬品は先発薬であるバイアグラ、レビトラ、シアリスをもとに開発された医薬品であり、含まれている有効成分や効果は変わりません。

また、先発薬よりも開発コストがかかっていない分、安い価格で購入できるというメリットがあります。

国内で手に入れる

ジェネリック医薬品を購入したい場合、先発薬と同じようにED治療をおこなっている医療機関で処方してもらえます。

通院にかかる交通費や診察費は、先発薬を処方してもらう場合と同じですが、医薬品そのものの料金が大幅に安くなるのでその分、出費を抑えることができるでしょう。

ただし、医療機関によって取り扱っている医薬品の種類はさまざまです。
例えば先発薬であるバイアグラとは知名度も高く取り扱っているところも多いお薬ですが、バイアグラジェネリックはさまざまなタイプが出ていてすべてを網羅している病院はまずありません。

どうしても特定のジェネリック医薬品を入手したい場合は、通院前にその医薬品の有無を直接確認する方がいいかもしれません。

また、どの医薬品を処方するかは専門医が決めることなので、希望するものを処方してもらえない可能性もあります。

海外通販で手に入れる

ジェネリック医薬品は、海外で流通する医薬品を専門に扱っている通販サイトを利用し、海外から取り寄せることもできます。

日本の薬事法では「個人の利用目的の場合のみ、海外から医薬品を個人輸入すること」が認められているので、海外から医薬品を取り寄せることに違法性はありません。

処方箋医薬品や、日本国内で販売されていない商品を取り寄せられる点も特徴です。
日本で処方箋医薬品を購入するためには、医師が出す処方箋がなければいけません。

しかし、これはあくまでも日本の薬事法によって決められた国内でのルールです。

他国にはそれぞれの薬事法が定められており、日本で処方箋医薬品に指定されている医薬品が海外ではドラッグストアで簡単に購入できることも珍しくありません。

つまり海外で市販されている医薬品であれば、処方箋なしで通販サービスを利用して取り寄せても問題が生じることはありません。

なお、海外から物を輸入するために特別な手続きが必要です。
当サイトをご利用いただければ、それらの面倒なお手続きはすべて当サイトにて代行しお客様には、国内通販と同じような感覚で海外医薬品の輸入がおこなっていただけます。

ご利用方法も通常の通販サービスとほとんど変わらず、パソコンやスマートフォンを使って好きなタイミングでご注文可能です。

ED治療薬を海外通販するにあたって

海外で流通する医薬品を入手できる通販サービス(個人輸入代行サービス)では新薬、ジェネリック医薬品など豊富な種類の医薬品を注文できます。
ED治療薬についても同様に、新薬でもジェネリック医薬品でも好きな製品を取り寄せることができます。

とはいえ、「個人輸入代行サービスというものを初めて聞いた」という方も多いのではないかと思います。
個人輸入代行サービスは便利である反面、デメリットになりえる部分もあります。

ここでは、個人輸入代行サービスの利用におけるメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

メリット

個人輸入代行サービスのメリットとして最も大きいのが「通院する必要がなくなる」ということです。

これまでは医薬品、特に処方箋医薬品を入手するために必ず医療機関に足を運ぶ必要がありました。

それによって「通院するための時間を確保しなければいけない」「高い治療費を支払わなければいけない」といったことに不便さを感じていた方もいると思います。

しかし、個人輸入代行サービスを利用すればインターネット上で希望する医薬品を選択するだけでよく、注文した商品は指定した住所に届きます。

通院時にかかっていた手間は一切不要で、なおかつ費用も医薬品の料金と送料のみです。
医薬品の購入に関する負担を大幅に軽減することができます。

そのほかにも、「ED治療をしていることを誰かに知られる心配がない」ということもメリットのひとつです。

EDはデリケートな問題なので、「通院する姿を人に見られたくない」「医師にすらEDであることを相談したくない」という方がいると思います。

通院するタイミングが遅くなったり、通院自体をやめようと思ったりする方もいるのではないでしょうか。

一方、通販サイトを利用した個人輸入代行サービスであれば誰にも知られることなくED治療薬を入手し、個人で治療を始めることができます。
郵送される箱にも商品名は明記されないので、運送業者にED治療薬を注文したことを知られる心配はありません。

デメリット

個人輸入代行サービスのデメリットとして挙げられるのが「専門医による的確なアドバイスを受けることができない」ということです。

通院せずに医薬品を購入するため、「ED治療薬とはどういった具体的にどんな作用があるのか」「どのED治療薬が自分に適しているのか」「用法用量や注意事項はどうなっているのか」といったことをすべて自分自身で調べる必要があります。

また、個人輸入代行サービスを利用した医薬品の購入はすべて自己責任です。

自分に合ってない医薬品を購入したり、誤った方法で服用したりすることがないよう、自分でしっかり注意する必要があります。

そのほか、「商品の到着に時間がかかる」というデメリットもあります。

個人輸入代行サービスは海外からの取り寄せであることに加え、輸入するための手続きなどもおこなわれます。

場合によっては注文してから商品が到着するまでに2週間近くかかることもあるため、急を要する場合には不向きなサービスといえるでしょう。

このように、個人輸入代行サービスにはメリットとデメリットがあります。

特に、デメリットのひとつとして挙げた「個人輸入代行サービスの利用はすべて自己責任」という点には気をつける必要があります。

メリットとデメリットをしっかり理解したうえで、正しく利用しましょう。

ED治療薬が国内で市販されていない理由

ED治療薬をAmazonや楽天でお得に手に入れたいと思っても、それらの国内通販サイトには流通していません。コンビニやドラッグストアでも購入できません。

理由は、バイアグラなどは副作用発現もあり医師でないと併用禁忌薬の判断や持病がある方への危険性の判断が難しいため、薬事法により医師の処方せんが無いと入手できないようになっているからです。

強い薬である分、正しく使用すればEDに対する効果は高く即効性が期待できますが、自分の体質に合っているかなどの不安がある方はまず医師に相談してください。

市販されていない医薬品を買うには個人輸入も有効な手段ですが、あまり調べずに買ってしまうと偽物をつかまされてしまう可能性もあります。
偽物には悪質なものが多く、勃起力アップどころか頭痛や下痢が生じ、最悪の場合いのちにかかわる危険性もありますので注意しなければいけません。

そういった危険を回避するためにも、薬の情報を詳しく書いている信頼できる個人輸入代行サイトの利用がおすすめです。

ED治療薬以外のサプリメント等に関しては、個人輸入が認められていない製品も多数存在しますので、厚生労働省の発表資料をご確認ください。

参考文献

くすりのしおり
厚生労働省

ED治療薬

関連ページ

トップへ