お薬通販部

ED(勃起不全)の検査基準

ED(勃起不全)の検査基準

ED検査前の心得

「現在EDに悩んでいるけれど、どんな検査があるのかとても不安だ」

「痛い検査だったらどうしよう」

ED(勃起不全)を早く解消したいと思いながら、検査への不安からずっと悩みを抱えていませんか?

検査内容にもよりますが、ほとんどは手間も時間もかからず簡単におこなうことができます。

また、EDを引き起こす原因の中には何らかの病気や症状が引き金になっていることもあります。
それが解消されれば、EDが解消されることもあります。

EDは加齢が原因と思われがちですが、実際には複数の原因が絡み合っていて単純ではありません。
その原因を1つ1つ追求して少しでも早くEDを解消するためにも、検査は非常に重要です。

そこで、EDを引き起こす兆候にはどのようなものがあるのか?また、その検査方法について詳しく説明していきます。

目次

  1. ED(勃起不全)の兆候
  2. 心因性EDが懸念される場合
  3. ED検査
  4. ED診断の定義
  5. 関連ページ

ED(勃起不全)の兆候

EDを引き起こす原因はさまざまですので、症状の特定と違和感を覚えた際には早めに受診して勃起不全を解消することが大切です。

EDの治療のために医師に話すのは恥ずかしいと思われるかもしれません。
しかし、EDを引き起こす勃起不全にはまったく別の病気や症状が隠れていることが珍しくありません。

反対に、なにかの病気にかかった場合「これはEDと関係ない病気と症状だから」といって放置すると、かえってEDを悪化させる危険性もあります。

そこでEDの兆候はどのようなものなのか、一部の事例を紹介します。
ただし、ここで紹介するEDの兆候に限らずおかしいと感じたときには早めに病院で検査するようにしましょう。

朝立ちしない

若い頃と比べて朝立ちする機会がなくなったら、EDの兆候と考えて良いでしょう。
また、性行為の有無や時間に関係なく立つ回数が少なくなったら注意が必要です。

正常な男性のメカニズムとして、勃起は朝の起床時に限らず夜寝ている間も無意識に繰り返されます。
これは男性の生理現象であり、妄想や性的刺激がない状態でも寝ている間に起きるものです。

朝立ちの理由は諸説ありますが、勃起力のメンテナンスをしている説が有力となっていて、睡眠時間の間に日中の疲れを取り除いて回復するのと同様に勃起力も回復しているといわれています。

もし思うように勃起しない場合、原因の1つとして血管系の病気にかかっていると考えられます。
健康診断を受けて生活習慣病の疑いがある場合は、気付かないうちに軽度のEDにかかっている可能性もあります。

股間周辺のしびれ

自転車EDという言葉を聞いたことはあるでしょうか?
これは、自転車に長時間乗っていることで、サドルが当たる股間周辺がしびれ、結果としてEDになる症状です。

ここ最近サイクリストが多くなり、この自転車EDが聞かれるようになりました。
ただ米国泌尿器科学会の調査によると、自転車が原因でEDになるようなデータは確認されず、むしろ心肺機能と性機能が向上するという結果が出ています。

万が一自転車に乗って股間周辺にしびれを感じた際には、サドルの調整や交換などをおこない局所への負担がかからないようにしましょう。

また糖尿病を患っている場合、血管と神経に障害がでて股間周辺のしびれに繋がることもあります。
糖尿病はEDを引き起こす危険因子の1つです。
日常的に股間周辺にしびれを感じたら、早めに検査をおこないましょう。

跛行(はこう)

跛行(はこう)とはケガや疾患、筋肉の痛みなどが原因で、歩行に困難を極める状態を指します。
特に歩行中に感じるしびれは間欠性跛行と呼ばれています。

跛行の原因となる症状として、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)、坐骨神経痛などがあります。
おもに神経の圧迫や障害などが原因です。

勃起するためには、脳からの電気信号が脊髄内の神経を通して、陰茎に正常に伝わる必要があります。
ところが、神経に障害が起きている場合は正常に勃起させることができません。

実際に事故などで脊髄が損傷すると、EDを引き起こる確率が高いとされています。

また、加齢により背骨の中にある脊柱管が圧迫されて引き起こされる跛行からEDになることもあります。
勃起不全などの機能障害にかかわらず跛行は生活に大きな支障が出るため、早めに検査をおこないましょう。

心因性EDが懸念される場合

EDを引き起こす原因として、心理的なものもあります。
例えば、仕事や家庭の問題でストレスを強く抱えている場合です。

そして、脳神経系の不調によりうつ病を引き起こすと気力や行動力が大幅にダウンしてしまい、性欲も大きく低下します。

疲労がとれず大きなストレスを抱えていると感じたときには、スクリーニングを早めにおこないましょう。
確実なのは、心療内科で診てもらうことです。

基本的には問診で、日々の生活状況を話してうつ病かどうかを診断します。
そして抗うつ薬や睡眠薬による投薬で、心身の変化や様子を確認します。

心身が落ち着くことで性欲も徐々に回復し、EDが改善することもあります。
抗うつ薬との併用に問題がない場合、バイアグラシアリスレビトラ、そして次世代のED治療薬と呼ばれるステンドラなどのED治療薬を服用してもらうことも可能です。

心因性EDはリラックスと休養が非常に重要で、同時にED治療薬などで自信回復をすることでEDが飛躍的に改善されることもあります。
特にED治療薬とは即効性に優れ体内から機能改善をする作用がある薬剤ですので、軽度、重度のED問わず効果が期待できるでしょう。

また、バイアグラを筆頭に長時間効果型で副作用の弱いシアリスや即効性に優れたレビトラ、それまでのED治療薬の長所をあわせもったステンドラなど、同じED治療薬でも効果が異なるためご自分に合った薬を選ぶことも可能です。

特に医療機関において、バイアグラとは知名度が高く効果も折り紙付きの薬ですので、治療の際には多くの人が処方されています。

ED検査

ここでは代表的なEDの臨床検査の方法を紹介します。
臨床検査といっても、簡単にできる検査から時間と手間のかかる検査までいろいろな検査があります。

EDの症状によって適した検査は異なり、病院に用意されている設備によっても対応可能な検査が異なります。

EDは自覚症状である程度は判断できますし、臨床検査までしてEDの原因を探る必要はあるのか、疑問に持たれる人はいるかもしれません。

しかし何が原因でEDが起きているのか特定したい場合は、病院での検査が必要不可欠です。

原因を早く知ることで、より適切なEDの治療や対策をおこなうことができます。
少しでも早くEDの原因を知り、勃起不全を解消したいなら臨床検査はおすすめです。

テストステロン濃度の測定

テストステロンとは男性ホルモンの一種です。
男性性や性機能の維持、精子の生成など男性にとって必要不可欠のホルモンですが、年齢を重ねるとテストステロンが徐々に減少していきます。

テストステロンが足りなくなると、やる気や行動力の低下、精力減退といった勃起不全の原因を引き起こします。

そこで、血液中のテストステロン濃度を測定することで、加齢によりEDが起きているのかを確認できます。
もし、血液中のテストステロン濃度が高い場合、加齢以外の要因でEDを引き起こしている可能性が考えられます。

EDに悩んでいる40代以降の中年男性は、この検査をおこないます。
またED治療薬は血圧を下げる作用があるため、血圧もあわせて測定することもあります。

超音波検査

陰茎に超音波を当てて、血管や血流の状態をチェックします。
超音波検査のメリットは、痛みがないことと、すぐに結果がわかることです。

おもな検査の方法は、海綿体の中にある動脈の状態を調べます。
いわゆる血管性EDを調べるためにおこない、動脈性EDもしくは静脈性EDのどちらか判断することができます。

勃起を維持する条件には血液を多く流すことと、陰茎内に血液をストックする機能を保つことがあげられますが、なんらかのトラブルにより先の条件のどちらか、または両方が機能しなくなるとEDの症状が引き起こされます。

動脈性EDの場合、血管の入り口が狭いため陰茎に多く血液が流れず、固い陰茎を維持できなくなります。
静脈性EDの場合は、血液が早く流れてしまうため陰茎に血液をストックできません。

これら2つのEDを特定するため、超音波検査をおこないます。

海綿体の造影と内圧測定

稀な検査例として、海綿体造影検査と陰茎海綿体圧測定があります。
この2つを同時に検査や測定できるため、通常1セットでおこないます。

海綿体造影検査とは、陰茎の左右から注射針を使って、生理食塩水を注入しておこなう検査方法です。
海綿体が膨らんだ状態で、CTスキャンで陰茎の断面を連続的にスキャンして、断面を検査します。

陰茎海綿体圧測定とは、海綿体にどのくらい生理食塩水が維持できるかを測定する方法です。
方法としては海綿体に一定量の生理食塩水を注入していきますが、注入量よりも早く海綿体から流れ出てしまう場合、静脈性EDの疑いがあります。

この陰茎海綿体圧測定と同時にCTスキャンで撮影することで、より明確に診断することが可能です。

しかし信頼性が高い検査ではあるものの、手間や時間がかかるため、稀にしかおこなわれない検査方法となっています。

ED診断の定義

EDの治療のほとんどはの治療のほとんどは医師による問診後、投薬による処方がほとんどです。
しかし症状によっては、先に説明したEDの検査をおこなうこともあります。

それはEDを引き起こす原因がさまざまで、実際に勃起不全そのものだけではなく、それ以外の病気や症状が要因になっている可能性があるからです。

現在抱えている病気や症状を治療したらEDが改善することもあるため、決して無駄な検査はおこなわれません。

まずは原因を知って確実な対処をするためにも、検査は重要です。

EDの検査は、問診を含めて血液検査など患者の手間や負担がそれほどかかりません。
しかも比較的簡単に診断することができますので、EDだからと悩まずに、まずは病院で検査してもらいましょう。

参考文献

MSDマニュアル
「男の健康学」

ED治療薬

関連ページ

トップへ