お薬通販部

薬の費用を抑えてED治療する方法~ED治療薬も自分で選ぶ時代~

薬の費用を抑えてED治療する方法~ED治療薬も自分で選ぶ時代~

ED治療薬にもジェネリック医薬品があることをご存じですか?

ED治療薬バイアグラ」は2014年に特許が切れ、2015年からジェネリック医薬品が発売されました。
同じ効果のお薬として「シアリス」「レビトラ」が発売されていますが、2018年3月時点でジェネリック医薬品はありません。

日本では、基本的にはED治療は保険適応外で、自由診療です。
したがって、医療機関によって医療費負担(受診料・薬剤料)が異なります。

ED治療薬とは高血圧や脂質異常症、糖尿病のお薬のように毎日服用するものではなく、性行為の前にだけ服用します。
そのため、効果・安全性が高く、食事の影響を受けにくいことが重要視されます。

ED治療におけるジェネリック医薬品は、先行品と比較して安全性と有効性が同等なうえ、低価格で治療を実現でき、更に服用しやすい剤形が開発されていることから、使用を検討する方が増えています。

目次

  1. ED改善のためにジェネリック医薬品を飲むという選択はあり?なし?
  2. 先発薬とジェネリック医薬品の違い
  3. ジェネリック医薬品だとどれくらい安くなる?
  4. ジェネリック医薬品はなぜ安い?
  5. 先発薬から飲みやすさを考慮したED治療薬のジェネリック
  6. 薬を通販で購入する際に改めて確認しておきたいこと
  7. 先発薬とは
  8. ジェネリック医薬品とは
  9. 先発薬とジェネリック医薬品の有効性
  10. 低価格なジェネリック医薬品の安全性
  11. ED治療薬ジェネリック医薬品で治療費用も低価格化へ
  12. 関連ページ

ED改善のためにジェネリック医薬品を飲むという選択はあり?なし?

先発薬とジェネリック医薬品の違い

ジェネリック医薬品とは、先発薬と同じ成分が同じ量含まれており、同じ効果と安全性を認められているお薬のことです。
ただ、全く同じというわけではなく、お薬の剤形や色、味、添加物などは変更して良い事になっています。

つまり、各ジェネリックメーカーは患者さんにとって飲みやすい剤形や味を実現すべく、日々試行錯誤を繰り返し開発を行っています。

ED治療薬の場合は、気付かれずにお薬を服用出来ること、安全で副作用が少ないこと、食事やアルコールの影響が少ないことなどが期待されています。

ジェネリック医薬品には、水なしで服用できる剤形にレモン味やコーヒー味をつけて飲みやすくしたお薬もあります。

性交の1時間前に服薬することが望ましいとされ、効果の持続時間は5~6時間ほどと言われていますので、効果的な服用を可能にしています。

先発品、ジェネリック医薬品ともに食事の影響を受けやすいので、空腹時に飲むことが推奨されていますので、仕事終了時などに手間なく飲むことができ利便性が高いのです。

ED治療薬「バイアグラ」のジェネリック医薬品には、有効成分としてシルデナフィルが含有されています。
先発薬もジェネリック医薬品も同じ成分、同じ量が含まれています。
剤形が飲みやすく変わっても、含有量は変わりません。

ジェネリック医薬品だとどれくらい安くなる?

バイアグラの先発品は1錠25mgで1000~1300円、50mgで1500円~2000円ほどが相場です。
同効薬であるシアリスという先発品は1錠10mgで1700円、20mgで2000円とやや高く、レビトラという先発品は1錠10mgで1500円、20mgで2000円ほどが相場です。

一方で、現在上市されているジェネリック医薬品はシルデナフィル50mgで約500~1000円ほどの相場です。

例えば、週末にバイアグラ50mgを1回服用される方ですと、1カ月に4000円(2000円×4週間‐1000円×4週間=4000円)、1週間にバイアグラ50mgを2回の服用であれば8000円の節約が出来ます。

相場の金額を記載しておりますので、更に安く販売しているクリニックへ行かれた場合、通販で購入された場合には更に安くなる可能性もあります。

基本的には医療保険が適用されない自由診療ですので、受診するクリニックによって費用は異なります。
ご注意ください。受診の際は各クリニックの初診費用も含め、事前に確認されることをおすすめいたします。

また、EDの原因によっては医療保険が適用される場合もあります。
生活習慣病が原因の場合や男性更年期障害の場合です。
詳しくは医療機関にお問い合わせください。

ジェネリック医薬品はなぜ安い?

新しい有効成分を含むお薬は、研究開発に莫大なコストと時間がかかります。
長ければ数十年を費やし、数十~数百億円以上のコストがかかると言われています。

更に、開発をする製薬会社は、動物実験や臨床試験の結果が思わしくなかった場合、問題が起きた場合に製品化・上市することが許されないという大きなリスクを背負っていますので、ハイリスクに耐えられる大手製薬会社のみが開発に着手できるという現状です。

一方でジェネリック医薬品は新しく有効成分を開発する必要が無いので開発期間は3~5年と短く、開発費用は約1億円です。
コストがかからない分、安く上市することができるのです。

海外では、日本のように全国民が医療保険に加入している国は多くありません。
したがって、ジェネリック医薬品の普及率は非常に高く、70~90%のジェネリック普及率を誇る国もあります。

ジェネリック医薬品への変更は、医師もしくは薬剤師にご相談下さい。
お願いしやすくするために、「ジェネリック医薬品お願いカード」という意思表示カードもありますので上手に活用し、ED改善を目指しましょう。

先発薬から飲みやすさを考慮したED治療薬のジェネリック

ED治療薬の先発品「バイアグラ」の有効成分である「シルデナフィル」を同量含有したジェネリック医薬品のメリットとして、患者さんにとっての飲みやすさ・利便性を追求して開発されているという点があります。

同じ効果、同じ安全性、安価であるというメリットだけではないのです。
パートナーに気付かれずに服薬したい場合など、様々なケースを想定して開発されています。

例えば、水なしで飲める口腔内崩壊フィルム(ODフィルムともいいます)、飲みやすいように風味がついた製品があります。
レモン風味、コーヒー風味のお薬を水なしで飲めるので、性交1時間前に誰にも気づかれずにサッと服用しておくことが出来ます。

つまり、プライバシーを守りながら前向きに治療を継続することが可能です。
アルコールとの併用は、少量のアルコールであれば相乗効果でリラックス状態が期待できるといわれていますので、問題ありません。

先発品、後発品ともに食事の影響を受けやすい成分ですので空腹時に飲むことが望ましいとされていますが、難しい場合は食前30分前に服用しておくという方法もあります。

お薬の吸収には30分ほど時間がかかり、30分経過して吸収された後に食事をする分には影響が少ないからです。

どうしても空腹時に服用できない場合の食事は、なるべくあっさりしたものを食べることと、お腹がいっぱいになるまで食べないことが効果減弱を防げるとされています。

受診医療機関へご相談のうえ、患者さん自身が一番負担の少ない服用方法をチョイスされるケースが多いようです。

過去のトラウマなどが原因の心因性ED、生活習慣病が原因のED、加齢によるEDなど原因は患者さん個々によって様々ですが、一人一人に合った治療、剤形、服用方法を試しながらED改善を目指せることが、ジェネリック医薬品のメリットであるといえます。
安価ゆえ、手軽に試すことができるという声も多く聞かれます。

仕事の忙しさや睡眠不足のせいにしてなかなか疾患に気づかないというケースもありますし、パートナーに打ち明けづらい悩みですので、逆に浮気を疑われるなど家族、恋人関係が悪化してしまうこともあります。

後悔する前に早めにクリニックなどでご相談され、お薬の選択肢を提示してもらうことをおすすめいたします。

薬を通販で購入する際に改めて確認しておきたいこと

先発薬とは

今までになかった新しい有効成分を含むお薬のことで、新薬と呼ばれることもあります。
先発薬の開発には莫大な時間とコストがかかるので、上市されるときに薬剤費が高くなってしまいます。

しかし、希少疾病と呼ばれる稀な病気のお薬や新しいウィルスに対するワクチンなど、開発が待ち望まれている新薬も多くあります。

有効成分となりえる物質を見つけるところから、様々な試験を繰り返し、長い年月を経てようやく承認され、患者さんのもとへ届くのです。

大手製薬メーカーは、多くの研究開発費を投資して新薬開発に取り組んでいます。

EDの治療で使われるシルデナフィルは、元々、狭心症のお薬として開発が進められてきました。
しかし、開発試験を進めるうちに狭心症のお薬としての効果は弱いことが明らかになり、開発中止案も浮上しました。

その時治験者に、余ったシルデナフィルの返却を依頼したところ返却を拒まれるケースがありました。
理由を聞くと、わずかながら陰茎の勃起を促進する効果が認められることがわかりました。

その後たくさんの品質試験、安全性試験、有効性試験、動物実験、人体実験を経て、ED治療の新薬「バイアグラ」が誕生しました。
先発薬は、こういった莫大な労力とコストの観点から、薬価が高くなってしまうのです。

ジェネリック医薬品とは

先発薬と同じ有効成分を同じ量含み、先発薬と同じ効果と安全性を持つお薬を指します。
欧米において、医薬品は一般名(generic name:ジェネリックネーム)で処方されるので、処方された医薬品を「generics(ジェネリック)」と呼んでいます。

日本でも欧米と同じように、先発品と同じ有効成分を同じ量含むお薬のことをジェネリック医薬品と名付けました。
「先発品」と対比させて、「後発品」と呼ばれることもあります。

日本は世界各国と比べて医薬品上市までの道のりは遠く、何回も厳しい審査を受けなければいけません。
日本の厚生労働省が定める厳しい認定基準を、安全性・有効性双方の面からクリアした製品が、ジェネリック医薬品として患者さんの手に渡ります。

通常、新しいお薬の開発には莫大な費用がかかりますが、ジェネリック医薬品は先発薬の特許が切れたあとに発売していますので、開発期間が短く費用も抑えたうえで、市場に出すことが出来るのです。

待ち望まれていたED治療薬においても2015年からジェネリック医薬品が発売され、患者さんの手に届きやすくなりました。
ED治療薬を服用している患者さんの約半数が、ジェネリック医薬品の使用を経験しているというデータもあります。

先発薬とジェネリック医薬品の有効性

厚生労働省から先発薬と同じ有効性を認められなければ、ジェネリック医薬品として世に出てくることはありません。
品質検査、有効性試験、溶解試験など様々な検査を経て、同じ効果があると認定されていますので、安心して使用できます。

発売した後も、各社が医薬情報担当者(MR)や自社製品サイトを通じてお薬の有効性、安全性に関する情報発信をしており、お薬が適正に使用されるよう努力しています。

ED治療薬においては、インターネット通販でも購入することが可能です。
使用を検討したい場合は医師へご相談のもと、適正にご使用ください。

日本で上市されているジェネリック医薬品と、通販の海外個人輸入品は製造過程や有効成分の含有量が異なることもありますので、ご注意ください。

低価格なジェネリック医薬品の安全性

ジェネリック医薬品は先発薬と異なる添加物を使用していることがあります。
この添加物については、錠剤の形を安定させるため、また有効成分を保つために必要で、先発品・後発品を問わず含まれているものです。

ジェネリック医薬品に含まれる添加物は厚生労働省から認可され、過去にも使用実績のあるものが使用されています。

ジェネリック医薬品として認可される為に、国から定められた「品質再評価」や「溶出試験」など、様々な試験をクリアしています。
お薬を製造する全ての工程において、自社でも厳しくチェックしていることは言うまでもありません。

副作用についても、ジェネリック医薬品だけに起こるものはありません。
ただし、アレルギーをお持ちの方、持病のある方はかかりつけの医師へご相談されることを推奨いたします。

新薬においてもジェネリック医薬品においても、万が一副作用が起こった場合には「医薬品副作用被害救済制度」が適用されます。
服用中に、いつもとは違う異変を感じたらすぐにかかりつけ医にご相談ください。

ED治療薬の場合は、先発薬・ジェネリック医薬品ともに、目の充血、動悸、頭痛、胸やけといった副作用が現れることがあります。
その場合の対処方法については鎮痛剤の追加投与やお薬の減量など、各医療機関とご相談ください。

その他、飲み合わせの良くないお薬もありますので、不安があれば医師または薬剤師へご相談下さい。

ED治療薬ジェネリック医薬品で治療費用も低価格化へ

日本人男性の4人に1人がEDもしくはその予備軍であると言われています。
ストレス社会である現代、30代~40代の患者さんも増加傾向にあります。

ストレスのみならず、糖尿病などの生活習慣病が原因となることもあります。
よりよい性生活を送る為にも、早めにクリニックを受診し医師へご相談されることをおすすめ致します。

自由診療の場合は、保険証も不要ですし、医療費明細が自宅に届くこともありません。

男性のみで運営するクリニックや遅くまで診療している施設、インターネットを通じた悩み相談を実施している施設などもありますので、早めに相談・治療ができる環境が整いつつあります。

前述のとおり、現在のED治療は、しっかりと効果を発揮し安全で、飲みやすい味・剤形でありながら、更に安く治療が出来るジェネリック医薬品が存在する時代です。

上手く活用して、明るい性生活を取り戻しましょう。

参考文献

日本ジェネリック製薬協会
ジェネリックを知ろう(沢井製薬)

ED治療薬

関連ページ

トップへ