お薬通販部

シアリスジェネリックの比較~人気商品ランキングTOP5発表

シアリスジェネリックの比較~人気商品ランキングTOP5発表

シアリスジェネリック通販・人気ランキング

シアリスジェネリックは現時点において国内承認はないものの、海外では非常に人気高いED治療薬で、世界各国の人々が愛用しています。

シアリスに人気が高まる理由としては、一度服用すれば最大36時間の驚異的な持続作用があることです。また、食事やアルコールの制限がなく、副作用も少ないことも人気の理由としてあげられます。

シアリスジェネリックであれば、新薬よりも低価格で購入できることから、長期的にED改善を試みる方にとっても薬代の削減にもなります。

ネット通販も気軽に利用できる昨今では、個人輸入代行などを利用することで簡単にシアリスジェネリックを手に入れることが可能となっています。

では、シアリスジェネリック市場でどのような商品が人気なのか、ランキング形式で紹介しましょう。

1位:メガリス

メガリス

メガリスは、インドのマクレオーズ社が製造しているED治療薬で、シアリスジェネリック医薬品の中でも人気の製品です。
シアリスと同じく、タダラフィルを有効成分として含んでいます。
有効成分タダラフィルが含まれたメガリスは、効果の持続時間が24~36時間 と非常に長く、性行為を安心して楽しみたい方におすすめです。
食事の影響を受けにくいため、時間や食事のタイミングを気にせず服用できるのも大きなメリットといえます。

>>メガリス
2位:タダシップ

タダシップ

タダシップは、インドのシプラ社が開発したED(勃起不全)治療薬です。
世界で最もシェアの高い3大ED治療薬シアリスのジェネリック医薬品で、EDの原因となるPDE5酵素を阻害することで勃起を促します。
従来のED治療薬とは異なり、効果持続時間は最長で約36時間とされています。
シアリス同様、体内にゆっくりと浸透していくため、食事の影響をあまり受けず、副作用が少ないという点と、シアリスと比べ低価格で購入できるメリットがあります。

>>タダシップ
3位:タダライズ

タダライズ

タダライズは、インドのサンライズレメディーズ社が開発したED(勃起不全)治療薬です。
先発薬シアリスと同じ効果があり、勃起効果の作用時間は最大で36時間持続することが特徴です。
服用後、体内にゆっくりと成分が吸収されるため、食事の影響、副作用も少ないとされています。
初めてのED治療薬にもおすすめできる医薬品です。

>>タダライズ
4位:タダリスSX

タダリスSX

タダリスSXは、インドのアジャンタファーマが開発したED(勃起不全)治療薬です。
3大ED治療薬のひとつであるシアリスと同じ効果を持っており、約36時間という長い持続性が特徴です。
従来のED治療薬と違い水に溶けづらい分子構造になっており、体内に吸収されるのに時間がかかるため食事による影響を受けにくいメリットがあります。
また、副作用も少ないとされているため、ED治療薬を服用を検討している方におすすめです。

>>タダリスSX
5位:タドラ

タドラ

タドラは、インドのジャーマンレメディ社が開発したED(勃起不全)治療薬です。
先発薬シアリスは、他の3大ED治療薬の中で、最も効果作用時間が長く最大36時間になります。
シアリス同様の効果作用があり、男性機能障害を改善します。
水に溶けにくく体内にゆっくりと吸収されるため、食事の影響が少ない点と副作用も少ない点が特徴です。

>>タドラ

目次

  1. シアリスは「世界シェアNo1」を誇る人気のED治療薬です
  2. シアリスが世界も認めるED治療薬となった画期的な効果
  3. シアリスの有効成分タダラフィルのメカニズム
  4. 新薬シアリスとシアリスジェネリックの違い
  5. シアリスで悩み無用の快適なナイトライフを送る方法
  6. シアリスジェネリックの入手方法
  7. シアリスジェネリックまとめ
  8. 関連カテゴリー
  9. 関連ページ

シアリスは「世界シェアNo1」を誇る人気のED治療薬です

シアリスは登場したのが遅いにもかかわらず、世界シェアNo1を誇る人気のED治療薬となっています。

人気が誇る理由としては、驚異的な持続性にあります。

有効成分のタダラフィルの含有量にもよりますが、一度服用すれば20〜36時間と長時間の持続作用があります。

金曜日に服用すれば、日曜日まで持続することから、海外ではウィークエンドピルとも呼ばれています。

効果作用時間を気にすることなく、自然なタイミングでも効果発揮するため、ED(勃起不全)の症状の中でも、特に心因性EDの方におすすめです。

従来のED治療薬にはないその画期的な持続効果から、3大ED治療薬の1つとして認識されています。

3大ED治療薬のうち第1世代ED治療薬と呼ばれるのは、知名度がNo1のバイアグラです。

日本では1999年3月に販売され、20年以上の実績があります。

第2世代ED治療薬と呼ばれるのは、服用後の即効性がNo1のレビトラで、日本では2004年4月に販売されています。

3番目のED治療薬として研究開発されたシアリスは、2007年に製造販売の承認が取れていることから、先の2つに比べてやや遅れたスタートとなりますが、2013年には全世界42%のシェアを占め、世界シェアNo1となった実績があります。

シアリスが世界も認めるED治療薬となった画期的な効果

シアリスは従来のバイアグラレビトラにはない、画期的な効果により世界でも認められているED治療薬です。

その理由としては、バイアグラとレビトラの欠点を解消して、メリットや長所を引き伸ばしているからです。特に特徴的なのは長時間の持続作用です。

従来は5〜10時間前後だったのに対し、シアリスは20〜30時間と3〜4倍の持続作用が期待できます。

また食事の影響も受けづらく、レビトラよりもカロリー制限が緩和されています。

そして血管拡張作用があるED治療薬によく見受けられる、頭痛、ほてり、鼻詰まりなどの副作用が少ないという点でもメリットを感じる方が多くいるようです。

長時間作用

シアリスには一度服用すると、従来のED治療薬であるバイアグラやレビトラと比較にならないくらい、驚異的な持続作用があります。

日本で販売されているシアリスは、有効成分タダラフィルの含有量により、5mg、10mg、20mgがあります。

病院やED専門クリニックでは、主に10mgと20mgが処方されています。

服用後の持続時間に関しては、

  • ・10mg → 20〜24時間
  • ・20mg → 30〜36時間

作用するといわれています。

バイアグラ約5時間、レビトラは長くて10時間程度ですので、作用時間に関してはシアリスが頭1つ抜けた存在であると納得いただけるでしょう。

5時間前後の持続作用でも十分な時間といえるのですが、服用のタイミングやパートナーとのコミュニケーションなどを考え始めると落ち着いてはいられません。

心因性EDの場合、この「性行為をしなければ」というプレッシャーがより一層症状を悪化させてしまうのです。

「薬は飲んだけど、作用時間内に勃起しなかったら」と考えながら、なんとか事を成し遂げたとしても、性行為に満足したといえるでしょうか。

シアリスが長時間作用であるおかげで、焦りやプレッシャーを感じることなく、性行為を楽しめることが可能となったのは、EDを患っている方にとって、たいへん画期的なことといえます。

食事の影響

性行為をするタイミングは人それぞれ変わりますが、夜に営むことが多いかと思います。

1日の用事を済ませ、パートナーとの夕食を取りながらコミュニケーションを取るうちに、よい雰囲気になって性行為におよぶことも少なくはないと思います。

特にまだそれほどの関係性を気づけていない場合、いきなり下心全開では相手も警戒してしまいます。その際「食事をする」というコミュニケーション方法はよく取り入れられるものでしょう。

バイアグラには「服用時に食事の影響がある」という大きな欠点がありました。

その後、発売されたレビトラは水に溶けやすい有効成分を使用しているため、約700kcalの控えめな食事であれば問題がないくらいの改善をしました。

3番目のED治療薬シアリスは、そのレビトラよりさらにカロリー制限を緩和し「食事に影響がない」といえるほどの改善をみせています。

つまり、デートで食事をしても問題ないということです。

シアリスのカロリー制限の目安としては、800kcalとされています。

牛丼チェーンの牛丼大盛りが約800キロカロリーのため、それ以上の脂質や量を食べなければ問題ありません。

このカロリー制限に関しては食事後に薬を服用する場合の目安です。

そもそもシアリスは長時間作用ですので、性行為のタイミング同様、食事のタイミングも考える必要はありません。

副作用が少ない

シアリスが他の2剤に比べ、副作用が少ないとされている理由は、有効成分タダラフィルの性質に関係があります。

タダラフィルは、水に溶けにくいという性質があります。

つまり服用後、ゆっくりと時間をかけて、血液内に有効成分が浸透するのです。

そのため身体にやさしくマイルドな効き目を発揮し、血管拡張作用がありながらも、特有の副作用が少ない結果をもたらします。副作用が強すぎてED治療薬を敬遠された方も、シアリスなら安心して服用できる可能性があります。

副作用が発生しづらいのはメリットではありますが、その分効果作用もバイアグラやレビトラに比べてマイルドです。

陰茎がはちきれんばかりの勃起力を期待している方には、少し物足りなさを感じるかもしれませんが、自然な勃起維持力は備えていますのでご安心ください。

シアリスは服用後、血液内に有効成分の濃度がもっとも高くなる平均時間は3時間前後です。また、血液内に含まれる有効成分が半分の濃度になる半減期は、14〜15時間前後です。

バイアグラは1時間前後、レビトラは40〜50分前後でもっとも血中濃度が高くなり、半減期はともに3〜5時間前後となります。

それらのデータも示すとおり、シアリスは2剤に比べ、じわじわと効果が浸透して副作用が少ない薬剤であるといえます。

シアリスの有効成分タダラフィルのメカニズム

シアリスの有効成分タダラフィルは、PDE5阻害薬に分類されています。

シアリスより先に販売されているバイアグラレビトラも同様のPDE5阻害薬に含まれます。

主な作用としては、勃起を抑制する酵素を阻害することで、勃起の持続を可能にします。

特にタダラフィルは、勃起促進の作用時間が長い特徴があります。

水に溶けにくい性質のため、体内吸収そして体外に排出される代謝までの時間が長くなるため、結果として、長時間作用に繋がります。

血管拡張の作用があるため、心血管系の薬を併用している、持病を持っている場合には注意が必要です。

そこで有効成分タダラフィルのメカニズムや、服用の注意点についてより詳しく説明していきます。

作用機序

シアリスの有効成分のタダラフィルはPDE5阻害薬に分類され、PDE5を阻害する作用があります。PDE5とは、陰茎内にある酵素の一種で、主に勃起に関わる重要な酵素となります。

正常な勃起を維持するためには、陰茎内に血流を大量に送りこむ必要があります。

血管内に血流が滞在することで硬さを維持できるのです。

陰茎の平滑筋が弛緩することで血流がよくなり、勃起をするための準備をします。

その平滑筋を弛緩するために必要な情報を伝える物質は、cGMPと呼ばれ、勃起をするために必要な物質となります。

一方、PDE5は勃起を抑制するための、いわゆる火消し役のようなものです。

この酵素がないといつまでも勃起した状態になりますので、cGMPと同様に必要な物質ではあります。

ところがこのPDE5が優位に、そして過度に働いてしまうと、勃起を維持できずED(勃起不全)を引き起こします。

そこで有効成分タダラフィルが、このPDE5の働きを抑制し、cGMPが優位に働くようにします。その作用機序により勃起維持の効果が期待できます。

体内吸収と代謝

シアリスの特徴として、体内吸収と有効成分が排出される代謝に時間がかかることもあげられます。

これは一見デメリットのように感じるかもしれません。

しかし、この時間がかかることにより、他に代表的なバイアグラやレビトラと比較して、長時間作用を可能としています。

シアリスの効果作用は最大36時間、バイアグラとレビトラは5〜10時間のため、非常に長いことがわかります。

シアリスの有効成分タダラフィルは、水に溶けにくい性質を持っています。

その性質により、体内吸収に時間がかかります。

それは服用後、有効成分の血中濃度がもっとも高くなる時間にも差が生じます。

シアリスは服用後、個人差はあるものの約1時間で効果が出始めますが、有効成分の血中濃度がもっとも高まるのは、平均して3時間となります。

バイアグラやレビトラは1時間前後のため、シアリスは体内吸収に時間がかかることがわかります。

また、薬の成分は肝臓などで分解されながら、やがて体外に排出されます。

いわゆる代謝と呼ばれるものですが、全体の90%が便や尿に排出されることとなります。

代謝がおこなわれ血液中の有効成分がピーク時の半分になる半減期は、平均して14〜15時間です。このことから代謝にも時間がかかり、結果として長時間作用を有するED治療薬であることがわかります。

健康状態にかかわること

シアリスは健康食品に分類されるサプリメントと違い、医療用医薬品に該当します。

医療用医薬品は著しい効果が期待できる一方、重篤な副作用が出る可能性や併用禁忌薬、持病などに注意して服用する必要があります。

特に健康状態や病気の悪化に影響するため、シアリスが服用可能かどうかを確認する必要があります。

シアリスを含むPDE5阻害薬は、血管を拡張させる作用があります。

そのため、心血管系に作用する薬を服用している、持病を持っている場合には特に注意が必要です。

薬の併用服用を禁止する併用禁忌としては、硝酸剤や一酸化窒素供与剤があります。

これらに含まれる代表的な成分としては、

  • ・ニトログリセリン
  • ・亜硝酸アミル
  • ・硝酸イソソルビド
  • などがあります。

この併用禁忌の効果は、血圧を下降させる効果があり、相乗効果により血圧が急激に下がり、場合によっては命に関わることもあります。

併用注意としてあげられる薬剤には、

  • ・CYP3A4阻害剤
  • ・HIVプロテアーゼ阻害剤
  • ・CYP3A4誘導剤
  • ・α遮断剤
  • ・降圧剤
  • などがあります。

シアリスと併用すると効果や副作用を強める、または効果を阻害するおそれがあります。

また、心血管系の持病がある場合にも、シアリスを服用前に医師に相談することをおすすめします。

新薬シアリスとシアリスジェネリックの違い

現時点でシアリス系のED治療薬が日本国内で処方されているのは新薬のみですが、海外にはシアリスジェネリックが豊富にあります。

特にインドの製薬会社を中心に、海外で数多く流通しています。

新薬と同じ有効成分タダラフィルを配合しており、効果は同等で最大の特徴でもある長時間の効果作用にも期待できます。

その一方で新薬にはない、独自の工夫や特徴もあります。

わかりやすいのは薬の剤形やパッケージの違い、有効成分の他に含有されているものや価格の違いなどがあります。

では、新薬シアリスとシアリスジェネリックにどのような違いがあるのか、比較しながら紹介します。

剤形は各社多様

新薬シアリスとシアリスジェネリックのわかりやすい違いとして、薬の剤形が各社によりことなる点です。

新薬シアリスの剤形は、薄いオレンジ色の卵型の剤形になっています。

有効成分タダラフィルの含有量は複数ありますが、剤形の大きさは同じです。

剤形の片面にシアリス(Cialis)の頭文字である「C」が刻まれており、その横に有効成分の含有量に応じて、数字が刻印されています。

シアリスのジェネリック医薬品は各社により、剤形がことなります。

  • ・錠剤
  • ・OD錠
  • ・ODフィルム
  • ・ゼリータイプ
  • などがあります。

錠剤は、新薬の形状や色にイメージをあわせているケースが多く見受けられます。

色は薄いオレンジ色が多く、形状も卵型もしくは一般的な錠剤に多い円柱や楕円形になります。

文字や刻印は各社によりことなり、ないものもあります。

OD錠やODフィルム、ゼリーは、水がなくても服用することが可能です。

OD(Orally Disitegration)錠とは、口に入れると唾液で溶ける製剤のことを指します。

ODフィルムは、錠剤を薄いシート状にしたもので携帯性に優れています。

ゼリータイプは、フルーツなどの味つけがされていて、飲みやすくなっています。

独自の工夫

新薬とジェネリック医薬品は剤形、配合成分、価格などに違いがあります。

ジェネリック医薬品は、新薬の改良版として研究開発されるため、製造販売する製薬会社によってさまざまな工夫がなされます。

見た目にわかりやすいのは剤形です。

前述のように錠剤以外にも、OD錠・ODフィルム・ゼリータイプなどが製造されており、剤形の違いにより体内浸透が少し高まるといわれています。

薬効を示す有効成分は同じなため、新薬と同等の効果をもたらしますが、配合成分は、配合される添加物が製薬会社によってことなるケースがあり、体質により効果の違いを感じることもあります。

有効成分タダラフィルは勃起維持の効果が期待できますが、これにプラスして早漏防止効果があるダポキセチンが配合されているものも、シアリスジェネリックに含まれます。

他にもED治療薬2剤との複合薬などを開発する製薬会社もあり、シアリスの勃起維持力に物足りなさを感じていた方にはお試しになるのもよいかもしれません。

それらの違いはさておいても、ジェネリック医薬品の最大のメリットは価格です。

新薬と比較すると3~7割ほど安くなり、長期にわたるED治療のコスト削減のために、新薬から移行する方も少なくはありません。

とはいえ、新薬のブランド力は相当なもので、絶対に新薬がよいという根強いファンも多く見受けられます。

効能効果

新薬シアリスとシアリスジェネリックの効能効果はほぼ同等となります。

にもかかわらず、大きな差が生じるのは薬価です。

シアリスジェネリックは新薬と比べて、1錠や1つあたり、3~7割程度の価格で手に入ります。

なぜ、それほどの低価格で提供できるのかといえば、ジェネリック医薬品は新薬というお手本があるため、研究開発費用を大きく削減できるためです。

新薬は、誰も研究を成功させたことがなく、これまで市場にも出回っていないものを開発しなければなりません。

料理ならレシピがない状態で、試行錯誤しながら作り上げていくようなものです。

当然ながら、完成するまでトライアンドエラーを繰り返し、膨大な時間そして費用がかかります。

新薬は、その費用を回収するため、費用回収に見合う薬価を定めることができ、特許期間を設け、独占販売の機会を与えられるのです。

一方、ジェネリックの場合、新薬の製造方法を手本に研究開発を進めることができるため、試行錯誤の時間を削減することが可能となります。

料理ならレシピを見て、そのとおりに作ったり、別の材料を加えてアレンジしたりするようなものです。

当然ながら短期間で完成するため、新薬と比べて費用もかかりません。

この薬を作る際にかかる、開発費用の違いにより価格差が出ます。

海外製シアリスジェネリック

現時点において、日本国内で承認を受けたシアリスジェネリックはありません。

新薬シアリスの日本国内の特許が終了していないため、シアリスジェネリックが製造できないのです。

医薬品の特許の有効期間は出願してから原則20年となっています。

それでも2020年前後には特許期間が終了する見込みで、その頃から各社国内製薬会社からシアリスジェネリックが出る可能性があります。

実際にバイアグラの特許が終了した直後に、国内でもバイアグラジェネリックが各社から販売された経緯があります。

一方、海外ではシアリスジェネリックが豊富にあります。

特にインドの大手製薬会社が開発そして販売しています。

他国と比べて特許制度の規制が緩く、ジェネリック医薬品が作りやすい環境にあり、シアリス以外にもジェネリックが豊富にあります。

ジェネリック大国としても有名なインド医薬品市場は、特に発展途上国を中心に展開し、先進国の製薬会社も脅かすほどのシェアを持っています。

最近は、欧米系の製薬会社がインドに進出や、インド製薬会社と提携して展開するケースも増えています。

海外製の医薬品に対して安全性を懸念する声もありますが、そもそもシアリスの新薬も海外で開発されたものです。

シアリスで悩み無用の快適なナイトライフを送る方法

シアリスバイアグラレビトラと同様に、高い効果が期待できるED治療薬です。

ED治療薬は成分により、効果の現れ始める時間や持続時間がことなります。

シアリスは長時間作用が期待でき、一度服用すれば最大36時間の効果作用が期待できます。また他剤に比べ、食事の影響を受けにくい、副作用が少ないというメリットもあります。

それらのメリットを活かしながら、日常生活に自然な形でED(勃起不全)の治療を取り入れられるのがシアリスなのです。

しかし、シアリスの効果をしっかりと取り入れるためには、服用方法や注意する点をしっかりと把握することが重要です。

ここではシアリスの効果を最大限に発揮するために有効な方法を説明していきます。

正しい服用方法

シアリスは、成人男性向けの治療薬で、未成年の服用は推奨されておりません。

1日1回を上限とし、遅くとも性行為の1時間前に服用するようにします。

錠剤の場合は、水かぬるま湯で飲むようにしてください。

シアリスの有効成分タダラフィルは、バイアグラやレビトラと比べてゆっくりと体内に浸透するため、服用してから効果が出るまで時間がかかることもあります。

体質や体調には個人差があり、効果が実感できるまで3時間程度かかるケースもありますので、初めて服用する際にどれくらいで効果発現するかを確かめておくとよいでしょう。

一度服用すれば、最大36時間の長時間作用を誇るED治療薬です。

なにも性行為の予定にあわせて服用する必要はありません。

服用後の効果発現の時間に不安のある方、効果がすぐに実感できない方は、あらかじめ時間に余裕をもって服用するとよいでしょう。

性的リビドーがない状態でいきなり勃起するわけではありませんので、事前に服用して成分が体内浸透しても日常生活に支障はありません。

国内の処方では、有効成分の含有量5mg、10mgが主流となっており、20mgの服用は症状の程度や忍容性を確かめたうえでの増量処方となります。

個人で薬を入手した場合、少量から開始し、効果や忍容性を確かめつつ増量するようにしましょう。

最適な摂取タイミング

シアリスは有効成分タダラフィルの含有量により、持続時間が多少変わります。

国内で処方されるシアリスは、タダラフィルの含有量が5mg、10mg、20mgの3種類です。

効果作用時間は、10mg服用で20~24時間前後、20mg服用で30~36時間が目安となります。

最適なシアリスの摂取タイミングは、どの含有量でも性行為の1時間前です。

シアリスの有効成分はゆるやかに体内浸透し、身体にやさしく副作用も少ないことがメリットの1つにあげられますが、効果の効き始めも同様に、時間がかかる場合もあります。

体質によっては3時間ほどかかる方もいるので、自分の体質を考慮し、効果発現の目安を知っておくとよいでしょう。

バイアグラやレビトラの服用経験がある方にとっては、わずらわしく感じることもあるかもしれませんが、逆にいえばシアリスは、性行為の予定を考えずに服用できるということです。

遅効性というデメリットは、驚異的な長時間作用で補うことが可能です。

性行為の前に焦って飲まなくても、定期的に服用してもよいということです。

血流促進作用があるため、2~3日おきに定期的に服用することで、ED改善とともにアンチエイジングとしても取り入れられます。

ただし1日の服用上限は含有量を問わず1回です。

服用間隔は、少なくとも24時間以上空けるようにしてください。

注意すること

シアリスは、バイアグラやレビトラに比べ

・長時間作用

・副作用が少ない

といったメリットがあります。

ゆるやかな効果作用で自然な勃起効果が期待できるため、これまでのED治療薬では副作用が強すぎたという方にも試す価値は十分にあります。

副作用が少ないとはいうものの、まったくないわけではありません。

また服用に際し、注意するべきこと、併用禁忌などもあります。

まずは服用間隔です。

シアリスも他の2剤同様に、服用後、次に服用するまでに24時間以上間隔を空ける必要があります。

薬を連続投与すると、重篤な副作用が発現する可能性が高まりますので、必ず守るようにしてください。

持病のある方は、現在飲んでいる薬が併用禁忌や併用注意に該当する薬でないか、必ず確かめてください。相乗効果で重篤な副作用が発現する危険性があります。

併用に不安がある方は、かかりつけの医師に相談してから、服用を検討するようにしましょう。

また腎障害のある方は、症状の程度により、服用間隔を48時間以上空けなければなからかったり、成分含有量を少量にして服用したりする必要があります。

副作用らしき症状がある場合は、服用を中断するか、含有量の調整を試みましょう。悪い症状が緩和しない場合には、無理をせず医師の診断を受けるようにしてください。

シアリスジェネリックの入手方法

シアリスジェネリックは、新薬が現在も特許期間中のため、日本では製造されていません。2020年前後で国内の特許が終了する見込みではありますが、国内発売は未定です。

その一方で海外にはすでに、シアリスジェネリックが豊富にあります。

日本の薬機法により、個人使用の医薬品に限り制限の範囲内で個人輸入することが認められているため、合法的に入手することが可能です。

海外旅行のついでに持ち込むこともできますが、税関で面倒な手続きが生じます。

海外サイトからの直販は、配送手続きの問題や言葉の壁があり、語学が堪能でもない限り、なかなか手が出しづらいものです。

個人輸入代行サイトを経由すれば、国内通販と差異なく利用できますが、利用するデメリットはないのか、という不安もあります。

それでは、それらの不安を解消して、シアリスジェネリックを入手する最適な方法があるのか検証してみましょう。

病院・専門クリニック

シアリスジェネリックは現時点において、国や厚生労働省の認可を受けたものはありません。そのため、病院やED専門クリニックで処方を受けることはできません。

理由は単純で、新薬のシアリスの特許期間が終了いないため、日本国内でジェネリック医薬品を作れないのです。

日本でシアリスは2000年4月に特許を出願し承認を受けています。

原則、医薬品の特許は20年で終了しますので、計算上では、2020年前後に特許が切れ、それを境に各製薬会社がシアリスジェネリックの開発製造に参入すると予想されます。

そしてシアリスジェネリックも国内承認がおりれば、病院やED専門クリニックでも処方を受けることが可能となります。

ただし、特許が延長される可能性もあるため、それらの可能性は推測の域を超えません。

しかしながら実際に日本での開発製造が可能となれば、大きな話題となるでしょう。

なんといってもシアリスは世界シェアNo1のED治療薬です。

薬価の高額な新薬でも好んで選択されている方が日本にも数多くいます。

シアリスジェネリックが国内販売された折には、たいへんな人気となることが予想されます。

薬局・ドラッグストア

薬局やドラッグストアでは、シアリスそしてシアリスジェネリックとも取り扱いがありません。

シアリスは医療用医薬品のため、病院から処方せんがないと処方してもらえないからです。シアリスジェネリックは現時点において日本国内においてないため、そもそも商品がありません。そのような理由から店頭には置いてありません。

薬局やドラッグストアで処方せんなしで購入できる医薬品は、要指導医薬品と一般医薬品の2つになります。これらは医療用医薬品に比べ、比較的安全性なども認められ、一般の方でも購入できる医薬品です。

そのため、シアリスは病院やED専門クリニックで直接処方される、院内処方が一般的です。

処方せんを受け付けている調剤薬局では取り扱いがあるのではないかと考える方もおられるでしょうが、結論からいって置いていない可能性が高いと思われます。

調剤薬局では近隣の病院やクリニックで処方されやすい医薬品を中心に在庫を揃えています。ED(勃起不全)を診療する泌尿器科がある場合に取り扱っているケースはあるでしょうが、その薬も医師の処方せんがなければ、入手できません。

国内通販

楽天やAmazonで検索すれば、シアリスジェネリックを販売しているのではないか、と思う方もいるかもしれません。

検索すればその結果はわかるかと思いますが、国内通販サイトでの取り扱いはありません。大手ドラッグストアが運営する通販サイトであっても、処方せんが必要な医薬品は販売できません。

シアリスのように医療用医薬品に分類されるものは、病院のみでの処方となるためです。

国内通販で取り扱いができる医薬品は、

  • ・第1類医薬品
  • ・第2類医薬品
  • ・第3類医薬品

で、これらは処方せんなしで購入でき、安全性が認められている医薬品です。

国内通販で医薬品というジャンルに分類されるものは、この一般用医薬品のことを指します。

これ以外の医薬品の取り扱いは法律上できませんし、違法となります。

また、処方せんなしで購入できる医薬品としては、要指導医薬品があります。

これは国内通販では販売できず、薬剤師がいる薬局のみでの取り扱いとなります。

要指導医薬品は、安全性が認められると原則3年後に一般用医薬品に移り、国内通販で取り扱いが可能になります。

将来的にシアリスやシアリスジェネリックが国内通販で購入できるかに関しては、今のところ未定です。

海外通販

結局のところ、現時点においてシアリスジェネリックを手に入れる方法は、海外通販のみとなります。

海外通販には2つ方法があります。

・海外サイトにアクセスして直接購入する

・個人輸入代行サイトを利用する

いずれかの方法でシアリスジェネリックも入手することが可能です。

前者には語学力が必要ですが、後者においては、日本語対応しているサイトが数多くあります。

個人輸入代行サイトでは、発送元が海外のため、注文から商品到着に日数がかかりますが、利用状況は国内通販サイトと特に代わり映えはしません。

個人輸入の面倒な手続きを代行して納品してくれるのは大きなメリットといえ、多少の日数がかかることは致し方ないと考えるべきでしょう。また個人輸入の場合、医師の処方せんが不要なため、薬価と送料で低価格入手できるもの魅力です。

このように意外に簡単に入手できるのですが、偽造品も未だに問題視されており、注意喚起する情報ページも多く存在します。

医薬品の個人輸入に限ったことではありませんが、悪徳商法には注意するに越したことはありません。

通販購入する際には、利用規約特定商取引法に基づく表記などを確かめ、正規品保証されているサイトを選ぶようにしましょう。

シアリスジェネリックまとめ

シアリスには、

・長時間作用

・服用時の食事の影響がない

・副作用が少ない

という大きな3つのメリットがありますが、それはシアリスジェネリックにも同様にあるメリットです。

新薬と同様の効果作用が見込め、さらに低価格で入手できるため、長期間にわたりED治療をしたい方には、コスト削減というメリットも加わります。

ただシアリスジェネリックは日本国内の医療機関、薬局やドラッグストア、通販サイトでの販売が認められておらず、海外からの個人輸入が唯一の入手方法となります。

個人輸入は日本の薬機法で認められているものの、購入判断は自己責任です。

シアリスジェネリックそのものの用法・注意事項などを理解したうえで、購入判断をすることが大切です。

参考文献

情報サイト
J-STAGE
科学技術振興機構(JST)が開発・管理する科学技術情報の電子ジャーナルを掲載・発信している情報サイトです。 日本で出版された科学技術情報の国際化を目的としていて、医学だけではなく食品化学や社会科学などさまざまな分野の記事が読めます。

医薬品情報サイト
PMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)
国立医薬品食品衛生研究所医薬品医療機器審査センターや財団法人医療機器センターにおける業務の一部を担い、医薬品や医療機器の承認審査、医薬品の副作用・生物由来の感染症などの被害からの救済、国民の安全対策などをおこなっている機関のサイトです。

行政機関サイト
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査もおこなっています。

関連カテゴリー

シアリスジェネリック

シアリスジェネリック

シアリスジェネリック通販購入の一覧ページです。
最大36時間の持続力が期待できるED治療薬シアリス。
有効成分タダラフィルを含んだ、多数のジェネリック医薬品を取り扱っています。

>>シアリスジェネリック

関連ページ

トップへ