お薬通販部

パントテン酸

パントテン酸通販購入の商品一覧ページです。
びまん性脱毛症を含め、女性薄毛に有効なパントテン酸カルシウムを配合した商品を数多く取り扱っています。

パントテン酸の商品一覧

  • パントガール
    8,090円(1錠90円)~

    在庫あり

    パントガールは、ドイツのメルツ社が開発した女性用育毛剤です。 世界で初めて効果と安全性が認められた、飲むタイプの女性用薄毛(びまん性脱毛症・分娩後脱毛症)改善育毛剤で、その歴史は30年以上を誇ります。 心因的なストレス、カラーリングやパーマによる頭皮のダメージのほか、産後、加齢などによるホルモンバランスの乱れによる薄毛症状にも効果的です。 お薬通販部では、薬用酵母100mg/パントテン酸60mg/L-シスチン20mg/ケラチン20mgの購入が可能となっています。
  • ウルトラヘアは、アメリカのネイチャーズプラス社が開発した女性用薄毛対策サプリメントです。 ビタミン類やパントテン酸、ビオチン、葉酸をはじめとした、健康的な毛髪や育毛に必要な数十種類の栄養素が含まれています。 加齢とともに失われた髪のハリやコシが気になる方、薄毛や抜け毛が気になり始めた方、髪の細くなったと感じる方の育毛をサポートします。 女性用の育毛サプリメントととして販売されていますが、男女問わず服用することが可能です。 お薬通販部では、ビオチン2000mcg/パントテン酸50mgの購入が可能となっています。
  • アクティブヘアカプセル(Plantur39)は、ドイツのドクターカートウルフ社が開発した育毛サプリメントです。 主に女性の更年期に多い薄毛の改善に用いられている商品です。 髪の成長に必要な栄養素が含まれており、更年期薄毛予防・発毛促進に効果が期待されます。 また血行改善効果もあるため、栄養素が毛細胞に行き渡るようになります。 お薬通販部では、亜鉛5mg/パントテン酸6mg/リコピン4mgの購入が可能となっています。
  • サファイアヘルスケアLLC社が開発した女性専用育毛サプリメントです。 若い方から高齢の方まで、幅広い年代の薄毛に悩む女性から支持されています。 髪の分け目の薄毛をなんとかしたい、産後の抜け毛ケアをしたい、頭皮を健康にしたい等の女性の願いが叶います。 身体のホルモン系統に影響を与える成分を配合していないため、繊細な女性の体に負担が少なく使用いただけます。 お薬通販部では、馬プラセンタ667mg/コロストラム20mg/パントテン酸60mg/ケラチン20mgの購入が可能となっています。
  • プリオリン
    5,180円(1錠173円)~

    在庫あり

    プリオリンは、ドイツのバイエル社が開発した女性用薄毛対策サプリメントです。 パントテン酸、L-システインなどの正常な育毛に効果的な成分を多数配合しており、体内から毛髪の成長を向上させます。 臨床試験において発毛効果が実証されており、欧州で人気を博しています。 出産後や授乳中の抜け毛が気になる女性や、更年期を迎えて地肌が目立ってきた女性、髪の毛のボリュームが気になる女性におすすめの商品です。 お薬通販部では、ミレットエキス140mg/パントテン酸9mg/L-システイン2mgの購入が可能となっています。
  • パントテン酸500㎎は、スワンソン社が開発した育毛サプリメントです。 善玉コレステロールを増加させる効果、皮膚や粘膜の潤いを保つビタミンCの働きをサポートする作用により、頭皮の血流の改善が見込めます。 ストレスなど様々な原因による皮脂の過剰な分泌を抑制し、頭皮環境の悪化を防ぎ、抜け毛や薄毛を予防します。 また、育毛効果だけでなく、肌荒れやニキビ予防などの美肌効果や動脈硬化の予防効果なども期待ができます。 お薬通販部では、パントテン酸500mgの購入が可能となっています。
  • シェンミンDHTブロッカーは、インフィニティインダストリーズ社が開発した抜け毛や育毛効果が期待できるサプリメントです。 加齢による抜け毛や脱毛は、ホルモン減少のほかにジヒドロテストステロン(DHT)が関わっているとされ、髪の成長期を早く終わらせて抜けてしまうなどの症状があります。 中国伝統ハーブの何首鳥(シェンミン、かしゅう)は、滋養強壮のほか脱毛や抜け毛、白髪に効果があるとされている生薬で、DHTの働きをおさえ頭皮や毛髪に栄養を補給します。 お薬通販部では、パントテン酸100mg/シェンミンハーブ325mgの購入が可能となっております。
  • ゼファラン
    3,330円(1錠111円)~

    在庫なし

    ゼファランは、タイの健康食品メーカー、サマファン・ヘルス社が開発したサプリメントで、様々な必須栄養素がバランスよく配合されている健康・美容サプリメントになります。 さまざまな効果が期待できるサプリメントですが、特に女性の薄毛・抜け毛などの髪の悩みの改善に効果が期待できる配合成分になっており、女性用育毛サプリメントとして広く知られている商品です。 お薬通販部では、ビール酵母エキス150mg/フィッシュコラーゲン100mgの購入が可能となっています。
  • パントテン酸1000㎎は、カントリーライフ社が開発した育毛サプリメントです。 皮脂の量をコントロールする作用があり、皮脂の過剰な分泌を抑え頭皮へ必要な栄養素を送り、抜け毛や薄毛の原因となる悪化した頭皮環境を整えます。 育毛効果に加えて、ニキビ予防や肌荒れ改善などの美肌効果も期待ができる商品です。 お薬通販部では、パントテン酸1000mgの購入が可能となっています。

パントテン酸の口コミ

  • 現在口コミはありません。

パントテン酸とは~髪や肌の健康にかかせないビタミン~

パントテン酸とは~髪や肌の健康にかかせないビタミン~

パントテン酸とは

パントテン酸とは、ビタミンB群の1種です。

水に溶けやすい性質で、たんぱく質や脂質、炭水化物の代謝を手助けする役割があります。

「パントテン」という言葉はギリシャ語で「どこにでもある」という意味を持ちます。

さまざまな食品に含まれ、体の中のいたるところに存在していますので、納得できる語源といえます。

代謝を助ける働き以外にも、善玉コレステロールを増やす働き、ホルモンや免疫抗体を作る働きなどがあります。

つまりパントテン酸は、正しく摂取することで毛髪や肌を健やかに保ち、若々しさを保つことができる嬉しい物質なのです。

薄毛治療・美肌対策をしたい方におすすめです。

目次

  1. パントテン酸の3つの働き
  2. パントテン酸の効果
  3. パントテン酸が不足することで起こりがちな症状
  4. パントテン酸の摂取方法
  5. パントテン酸を含む医薬品
  6. パントテン酸を含む医薬品およびサプリメントの入手方法
  7. パントテン酸のまとめ
  8. 関連商品

パントテン酸の3つの働き

パントテン酸の3つの働き

パントテン酸には、

  • ・3大栄養素の代謝
  • ・善玉コレステロールの増加
  • ・皮膚や粘膜の健康維持

といった3つの働きがあります。

3大栄養素とは、炭水化物、脂質、たんぱく質を指しますが、これらが体内でスムーズに代謝されると効率的にエネルギーに変換され、ダイエットにも効果的です。

また、悪玉コレステロールの増加を防ぎ、善玉コレステロールを増やせるので、脂質異常症や動脈硬化の予防に繋がります。

さらには、免疫抗体の生合成を助けることで細菌やウイルスから体を守り、風邪をひきにくい強い身体づくりに役立ちます。

いつまでも若々しく健康でいたい方にピッタリの成分といえます。

3大栄養素の代謝

パントテン酸の役割としてまずあげられるのは、3大栄養素の代謝を助ける働きです。

たんぱく質、脂質、炭水化物を効率的にエネルギーへと変換するために必要な酵素である「コエンザイムA」を作る成分の1つで、熱・酸・アルカリに弱く水に溶けやすいという性質を持っています。

パントテン酸は最終的に、コエンザイムA(CoA)の合成に使用されるビタミンです。CoAは腸粘膜においてあらゆる反応に関わっていることからパントテン酸の影響も多方面にわたることになります。

この中に、脂質代謝・エネルギー代謝といわれる反応も含まれているのです。

善玉コレステロールの増加

パントテン酸は、善玉コレステロール(HDL)の合成を促進する働きがあります。

肝臓で作られたコレステロールは、悪玉コレステロール(LDL)によって体中に運ばれます。

善玉コレステロールは、体中で使用されなかったコレステロールを回収する働きがありますが、善玉コレステロールが不足すると、余ったコレステロールが体中に溜まっていくので血液がどろどろになり、脂質異常症(高脂血症)、動脈硬化へと進展してしまいます。

動脈硬化は心血管疾患、脳血管疾患の原因となりますので、予防することがとても大切です。

パントテン酸を適量摂取することによって善玉コレステロールが増え、脂質のバランスを適正に保つことができるのです。

皮膚や粘膜の健康維持

パントテン酸が持つ嬉しい働きのひとつに、美肌効果や免疫力アップ効果があげられます。

コラーゲンはビタミンCから作られますが、パントテン酸にはこの過程を促進する働きがあります。動物実験の結果においてもパントテン酸が不足すると皮膚炎が起きることがわかっています。

このことからパントテン酸は、美肌治療・アトピー性皮膚炎の治療・肌荒れの治療に用いられることが多くある成分です。

ストレスを感じたときに分泌される抗ストレスホルモンの生成にも関わっているので、パントテン酸のことを抗ストレスビタミンと呼ぶこともあります。

ストレスや細菌から皮膚や粘膜を守り、健やかな状態を保ってくれるのです。

パントテン酸の効果

パントテン酸の効果

パントテン酸の効果はとてもたくさんあります。

動脈硬化を予防する効果、髪を健やかに保つ効果、肌を美しく整える効果、ストレスを軽減する効果などです。

  • 脂質異常症(高脂血症)や動脈硬化を予防したい方
  • ・薄毛や抜け毛が気になる方
  • ・加齢により髪や肌にハリが無くなってきた方
  • 便秘気味の方
  • ・免疫力を高めて身体を強くしたい方

などといった方に、パントテン酸の摂取をおすすめします。

パントテン酸が不足すると代謝障害を起こし、コレステロールが異常値を示したり低血圧症状が認められたりすることがあります。

パントテン酸はからだ全体を若々しく健康に保つために大切な成分なのです。

動脈硬化の予防

パントテン酸は、補酵素A(CoA、コエンザイムA)の構成成分として糖代謝、脂質代謝などに関わっているとして知られていますが、その他にも動脈硬化を予防する働きもあります。

動脈硬化は、血管が弾性を失い、古く硬くなってしまったゴムホースのような状態となり、高血圧や心血管疾患を引き起こす危険な病態です。

動脈硬化を予防することは、健康寿命を延ばすことに繋がります。

コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあり、肝臓で作られたコレステロールを全身に運ぶ役割を担うのが悪玉コレステロール(LDL)です。

善玉コレステロール(HDL)は、身体中で使用されずに余っているコレステロールを回収する役割があります。

HDLが減少すると、使われていないコレステロールが回収されずに溜まるので、俗にいうドロドロ血液となり血管が詰まりやすくなります。

脳血管や心疾患が詰まると命にもかかわりますので、まずは善玉コレステロールの量を正常に保つようにしましょう。

そのためにはパントテン酸が不足しないようにしておくことが重要です。

LDL、HDLともに私たちには必要なものですが、双方のバランスを保つように心がけましょう。

髪の健康を取り戻す

薄毛治療をされている方、育毛剤を使用しておられる方は、パントテン酸が含有されている商品を選ぶようにしている方も多いでしょう。

髪を増やしたい、ツヤやハリを取り戻して若々しい髪を保ちたいとお考えであれば、パントテン酸を積極的に摂取されることをおすすめします。

髪の毛は、コラーゲンなどのたんぱく質からできています。

パントテン酸は、コラーゲンを生成する際のビタミンCの働きを助ける働きをするので、間接的に育毛を促進してくれるのです。

また、ストレスを感じるとホルモンバランスが崩れて抜け毛が増えると考えられていますが、パントテン酸はストレスを軽減する効果も持っています。

ヒトは、ストレスを感じると副腎から副腎皮質ホルモンを分泌し、ストレスから身体を守ろうとします。

パントテン酸は抗ストレスホルモンの生成を促進してストレスを和らげ、抜け毛を防ぐ方向に働くのです。

男性薄毛(AGA)のみならず女性薄毛(FAGA)の方も使用できる成分なので、昨今特に人気があります。

頭皮に直接働きかける育毛剤など、他の育毛方法と併用できることもメリットとしてあげられます。

肌の調子を整える

パントテン酸は、肌荒れやアトピー性皮膚炎ニキビの治療に用いられることもある成分です。

パントテン酸は、美しい肌を保つために欠かせない物質として化粧品・食品にもよく含有されている「コラーゲン」の生成に関わっているのです。

コラーゲンはビタミンCの力を借りて生成されますが、パントテン酸はこの過程においてビタミンCの働きを促進させる働きをします。コラーゲンの量が増えるので、肌に潤いが与えられて肌の調子が整うというわけです。

肌荒れやニキビにストレスは大敵ですが、パントテン酸を摂取することでストレスを軽減できます。

パントテン酸は、ストレスを感じたときに体を守ろうとして分泌される副腎皮質ホルモンの分泌を促進します。副腎皮質ホルモンは身体の血糖値を上げてエネルギーを増大させ、ストレスと闘う力を高めるホルモンです。

この機序により、相対的に感じるストレスを軽減することが可能なのです。

また、パントテン酸は脂質をコントロールする効果もあるので、皮脂過剰によるニキビの予防をしてくれます。

美しい肌を目指す方にとってはパントテン酸の適量摂取が欠かせないといえるでしょう。

ストレス軽減の補助

現代人は多かれ少なかれ、毎日ストレスを感じながら生きています。

忙しい毎日を送りながら年を重ねていくと、ストレスが蓄積して身体に不調が出てきます。

パントテン酸はストレスを軽減する効果をも有しているのです。

このことから、パントテン酸を抗ストレスビタミンと呼ぶこともあります。

私たちの体は、ストレスを感じるときに副腎という部位から副腎皮質ホルモン(コルチゾール)が分泌されます。

副腎皮質ホルモンはヒトの体の血糖値を上昇させ、エネルギーを使用しやすい状態にする働きをしています。

この働きの補助する物質の1つがパントテン酸です。

つまり、パントテン酸を摂るとストレスへの抵抗力が高まるのです。

また、パントテン酸は葉酸やビタミンB6といった物質とともに免疫力を向上させます。

パントテン酸が不足すると疲労感が増したり、風邪をひきやすくなったりしますが、これは細菌やウイルスに対する免疫力が弱っているためです。

ストレスは、抜け毛や薄毛、肌荒れ、ニキビ、免疫機能異常など、さまざまな身体の不調の原因となりえます。

パントテン酸をうまく摂取し、ストレスを軽減して快適な毎日を送りましょう。

パントテン酸が不足することで起こりがちな症状

パントテン酸が不足することで起こりがちな症状

パントテン酸は、通常の食生活をしていれば、不足することはあまりありません。

パントテン酸の名前の由来は、ギリシャ語で「どこにでもある酸」という意味です。

その由来のとおりさまざまな食品に含まれており、レバーや卵黄、シイタケ、牛乳などに多く含有されています。

薄毛に悩む方、美肌を目指す方はぜひ多めに摂っていただきたい成分です。

パントテン酸が不足すると、代謝やホルモン合成、神経伝達に影響をおよぼします。

症状としては、 手足の痺れ、 灼熱感、 皮膚炎、 頭痛、 疲労、 不眠、 胃部不快感をともなう食欲不振、 成長停止、 副腎皮質ホルモン分泌異常、 などが現れることがわかっています。

パントテン酸の働きを抑える薬を投与した実験によると、感覚衝動異常、体位性低血圧症、副腎皮質ホルモンへの反応低下が見られたと報告されています。

パントテン酸欠乏症状態の鶏が皮膚炎を発症したとの実験結果もあります。

バランスの取れた食事を1日3回規則正しく摂っていれば、欠乏症となる可能性は極めて低くなります。

パントテン酸の摂取過剰による健康被害は報告されていませんが、薬の摂取上限は必ず守り、異常を感じた場合には医師や薬剤師にご相談ください。

パントテン酸の摂取方法

パントテン酸の摂取方法

パントテン酸の摂取方法は2つです。

ひとつは食品から摂取する方法、もうひとつはサプリメントから摂取する方法です。

パントテン酸の語源は「どこにでもある酸」という意味のギリシャ語です。

このことから推察されるように、パントテン酸はありとあらゆる食品に含まれているビタミンです。

標準的な18歳以上の男女においては、1日に4~5mgを摂取すれば欠乏症にはならないとされています。

サプリメントは、商品によってパントテン酸の含有量はさまざまです。

薄毛改善や肌荒れ改善、生活習慣病予防を謳っている商品は、パントテン酸以外にもたくさんの成分を含有していますので、表示をよく確かめて購入するようにしましょう。

食品からの摂取

パントテン酸は熱に弱く、酸やアルカリにも耐性がありません。

調理によって半分近くが壊れてしまいますが、水には溶けやすい性質ですから、スープなど煮汁も一緒に食べられる料理がおすすめです。

ビタミンB群はお互いに補い合って働くため、パントテン酸以外のビタミンB群と一緒に摂ると効果が高まります。

パントテン酸はビタミンB5に分類されますが、ビタミンB1はチアミンとも呼ばれ、ハム、ソーセージ、ベーコン、ナッツ類に多く含まれています。

その他ビタミンB6、B12など、これらをバランスよく食べることが大切なのです。

パントテン酸がたくさん含まれている食べ物は、 鶏や豚、牛のレバー、 イクラ、 ささみ、 納豆、 牛乳、 卵黄、 シイタケなどのキノコ類、 子持カレイ、 ウナギ、 イワシなどの魚類、 煎りピーナッツ、 モロヘイヤ、 アボカド、 などです。

これらと他のビタミンB群が含まれる食材をうまく組み合わせて取り入れましょう。

たとえば、モロヘイヤ納豆やきのこのオムレツなどのレシピがおすすめです。

特に薄毛を改善したい方、肌荒れを改善したい方、ホルモンバランスを整えたい方は食事を意識するようにしてください。

食事からパントテン酸を過剰摂取したからといって健康を害する可能性はあまりありません。過剰なビタミンは尿中に排泄されます。

サプリメントを飲む

パントテン酸は1日3回バランスの取れた食事をしていれば足りなくなる可能性は低いビタミンです。

万が一パントテン酸不足になると、頭痛や倦怠感、眩暈、手足の痺れ、肌荒れ、抜け毛など体に不調が現れますので、食事が十分に摂れていない時にはサプリメントで補うようにしましょう。

  • ・連日飲み会続きで疲れている
  • ・気力が起きない
  • ・毎日大きなストレスを感じている
  • ・肌荒れがひどい
  • ・カフェイン過多である
  • ・抗生物質を飲んでいる

などの事例にあてはまる方はパントテン酸の消費が多くなるといわれていますので、サプリメントで補給されることをおすすめします。

ビタミンは摂取してから数時間後には尿中に排泄されていきますが、サプリメントの中には体内でゆっくりと時間をかけて溶け出すように設計されている商品もあります。

このタイプは、通常は早く排出されてしまうビタミンを長い時間体内にとどめておけるので、効率的に利用できます。

それぞれのサプリメントによってパントテン酸の含有量はさまざまですし、色や大きさもことなります。

昨今では販売されている種類も豊富なため、自分に合ったサプリメントを選択することが可能です。

パントテン酸を含む医薬品

パントテン酸を含む医薬品

パントテン酸は、医薬品にも使用されることが多いビタミンです。

よく使われるのは、女性薄毛治療薬ニキビ治療薬、パントテン酸欠乏症に陥った場合にももちろん使われます。

パントテン酸は、ビタミンCの働きを助ける役目を持っています。

ビタミンCは、健康な髪や爪・肌を生成するのに欠かせないコラーゲンを作る働きがあります。パントテン酸はビタミンCのこの働きをサポートしますので、若々しくツヤのある髪や肌を保つために必要なビタミンなのです。

こういった背景から、薄毛治療薬・肌荒れ治療薬によく含有されています。

薬を服用する際は、パントテン酸の含有量有無と量をしっかり確かめて服用するようにしましょう。

女性用薄毛治療薬

薄毛に悩む女性は、昨今増加傾向にあります。

女性の社会進出が進み、仕事・家事・育児のストレスに加えて、加齢や更年期障害によるホルモンバランスの変化などさまざまな要因が重なってFAGAの症状が増えていると考えられています。

男性薄毛の方が使用する薬は、女性が使用すると胎児に危険をおよぼす成分もあり、そのすべてを女性が使用できる訳ではありません。

パントテン酸はそのようなリスクがなく、女性も安心してお使いいただける成分です。

パントテン酸はビタミンの1種で、コラーゲンの生成過程を助けるビタミンCの働きをサポートします。コラーゲンは美しく健康な髪の毛の生成に欠かせない重要な成分です。

パントテン酸が不足してしまうとコラーゲンの生成が滞るため、薄毛が改善されないだけでなく肌や爪からも潤いが消え、若々しさが失われていきます。

また、加齢によりホルモンバランスが崩れてしまっている場合でも、パントテン酸の摂取によりストレスが軽減され、抜け毛を予防できます。

ドイツのメルツ社が開発したパントガールは、飲むタイプの女性用薄毛治療薬で、世界で初めてその効果と安全性が認められた医薬品です。

女性薄毛に悩む方は、積極的にパントテン酸を摂取して、いつまでも若々しく美しい髪をキープしましょう。

パントテン酸を摂ることでおしゃれの幅も広がり、楽しく明るい遮光的な生活が送れるようになった、というお声は少なくありません。

ニキビ治療薬

パントテン酸がよく含有されている薬の1つに、ニキビ治療薬があります。

ニキビの大きな原因の1つは皮脂ですから、皮脂の抑制が重要な治療ポイントとなります。

ビタミンB5の1種であるパントテン酸は、身体のなかの余分な脂を回収する役割である善玉コレステロールを活性化できます。

いい換えると、摂取した炭水化物や糖質、脂質など皮脂の原因となるものを効率的にエネルギーに変換し、皮脂を減らす働きがあるともいえます。

パントテン酸が足りなくなると、余分な脂質が皮脂となって毛穴から浮き出る、もしくはニキビとして現れるのです。また、体内の糖代謝や脂質代謝にも大きく関わるビタミンであることから、身体の代謝を良くする効果もあります。

ニキビ治療やシミ消しを目的に皮膚科で処方されるビタミンCの薬(シナールなど)の中にも、パントテン酸が含まれています。

パントテン酸が足りなくなると、コラーゲンの生成が滞ります。コラーゲンは正常な皮膚を保ち、皮膚に潤いを与える役割を持つ大切な成分です。

美肌を目指す方、ニキビを治療してつやつやの肌を目指したい方はパントテン酸をしっかりと摂取するように心がけましょう。

パントテン酸欠乏症による治療

医療においてパントテン酸が使われる場合で非常に稀なケースとして、パントテン酸欠乏症があげられます。

パントテン酸はさまざまな食品に含まれていますので、通常の食生活をしていれば不足する可能性は低いですが、抗生物質などの薬を飲んでいる方、妊娠中の方などパントテン酸を大量に消費する方では稀に不足することもあります。

十分に食事を摂れていないとき、連日の疲れがたまっている時、カフェインを過剰摂取している方も、特に注意が必要です。

パントテン酸欠乏症となると、身体のいたるところに不調が現れます。

頭痛・倦怠感といった風邪のような症状や、手足の痺れ・眩暈など神経系の異常をきたすこともあります。不眠、疲労、胃部不快感をともなう食欲不振も、パントテン酸欠乏症の兆候となりえます。

パントテン酸はさまざまな食品に含まれていますが、酸やアルカリ、熱に弱いので調理方法には気をつけましょう。

欠乏症の場合はすぐに服用できる薬やサプリメントが利用されることが多く見受けられます。

パントテン酸は水に溶けやすいビタミンで、過剰に摂取したとしても尿中に排泄されますので心配は不要です。

パントテン酸を含む医薬品およびサプリメントの入手方法

パントテン酸を含む医薬品およびサプリメントの入手方法

パントテン酸を含む医薬品およびサプリメントの入手方法について解説します。

まず、医療機関で処方してもらう方法です。

ニキビやシミ改善、美白効果を期待して処方される薬(ビタミン剤)のなかには、パントテン酸を含むものがあります。シナール配合錠などです。

皮膚科だけでなく内科でも処方してもらえることがありますので、ご興味のある方は医療機関にお問い合わせください。

次に、薬局やドラッグストアで購入する方法です。

サプリメントの中には、パントテン酸が含まれるものがたくさんあります。

含有成分の表示をよく確かめて購入するようにしましょう。

また、時間がない方は通販を利用することも可能です。

楽天やAmazonなど国内大手通販でも取り扱われていますが、個人輸入代行サイトを使って海外商品を取り寄せることもできます。

支払いトラブルや偽商品のリスクを避けるため、海外製の商品は信頼できる業者から購入されることをおすすめします。

自分に合った方法で入手し、使用目的に合わせて継続して摂取することが大切です。

万が一、体に不調を感じた場合には服用を中止して医師や薬剤師にご相談ください。

パントテン酸のまとめ

パントテン酸は、髪や肌を美しく保つため、またストレスを緩和するためにとても重要なビタミンです。

糖代謝や脂質代謝に関わり、炭水化物や脂質を効率的にエネルギーへと変換する働きや、コラーゲンの生成を補助する役割を担っています。

他のビタミンB群と一緒に摂取すると相乗的に働くので、食事からだけではなくさまざまな種類のビタミンが配合されているサプリメントでの摂取もおすすめです。

最近抜け毛が気になる、女性薄毛に悩まされている、肌荒れがひどい、疲れが抜けないなどのお悩み

参考文献

情報サイト
ウィキペディア(日本版)
ウィキメディア財団が管理・運営しているインターネット百科事典の日本語サイトです。 詳細かつ、網羅的な情報を掲載しており、他の辞書サイトでは容易に確認できないような事柄についての記事を確認することが可能です。

行政機関サイト
QLife
生活者・患者向けに運営しており、月間600万人が利用する日本最大級の医療総合メディア。医療や健康に関する情報、ツール、アプリなど、さまざまなサービスを提供するほか、医療者向けにQLifeProの運営もおこなっています。

関連商品

パントテン酸500mg

パントテン酸500mg

パントテン酸500㎎は、スワンソン社が製造・販売する育毛サプリメントです。
善玉コレステロールを増加させる効果、皮膚や粘膜の潤いを保つビタミンCの働きをサポートする作用により、頭皮の血流の改善が見込めます。
ストレスなどさまざまな原因による皮脂の過剰な分泌を抑制し、頭皮環境の悪化を防ぎ、抜け毛や薄毛を予防します。
また、育毛効果だけでなく、肌荒れやニキビ予防などの美肌効果や動脈硬化の予防効果なども期待ができます。

>>パントテン酸500mg
パントガール

パントガール

パントガールは、ドイツのメルツ社が開発した女性用育毛剤です。
世界で初めて効果と安全性が認められた、飲むタイプの女性用薄毛(びまん性脱毛症・分娩後脱毛症)改善育毛剤で、その歴史は30年以上を誇ります。
心因的なストレス、カラーリングやパーマによる頭皮のダメージのほか、産後、加齢などによるホルモンバランスの乱れによる薄毛症状にも効果的です。

>>パントガール
プリオリン

プリオリン

プリオリンは、ドイツのバイエル社が開発した女性用薄毛対策サプリメントです。
パントテン酸、L-システインなどの正常な育毛に効果的な成分を多数配合しており、体内から毛髪の成長を向上させます。
臨床試験において発毛効果が実証されており、欧州で人気を博しています。
出産後や授乳中の抜け毛が気になる女性や、更年期を迎えて地肌が目立ってきた女性、髪の毛のボリュームが気になる女性におすすめの商品です。

>>プリオリン

最近見た商品

トップへ