お薬通販部

ザイデナジェネリック

ザイデナジェネリック通販購入の一覧ページです。
アジア人向けに製造された次世代のED治療薬ザイデナ。
有効成分ウデナフィルを含んだ、ジェネリック医薬品を紹介しています。

ザイデナジェネリックの商品一覧

  • ズデナ
    2,640円(1錠660円)~

    在庫あり

    ズデナは、ED(勃起不全)治療薬ザイデナのジェネリック医薬品として開発された医薬品です。 先発薬であるザイデナは2005年に韓国の東亞製薬が発売したED治療薬で、現在では韓国を中心にロシア、フィリピンなど数ヶ国で販売されています。 ズデナの有効成分ウデナフィルには、EDの原因となるPDE5の働きを抑制する効果があります。 これによってcGMPが正常に作用し、スムーズに勃起するようになります。 お薬通販部では、100㎎の購入が可能となっています。
  • ザイスマ
    2,400円(1錠 600円)~

    在庫あり

    ザイスマは、スマートメディサイエンスが販売するED治療薬です。韓国で開発されたED治療薬であるウデナフィルのジェネリック医薬品ですので、日本人を含むアジア人にはピッタリの商品です。性生活に自信のない方、中折れしてしまう方に効果的です。日本では未承認の成分で、医療機関では入手できない新しいおくすりという位置づけになります。ジェネリックなので低コストでお試しいただけます。

ザイデナジェネリックの口コミ

  • タチバナ (37歳)

    投稿日:2018年09月25日

    20代の頃の元気さがなくなって悩んでいたところ、友人にすすめられて飲んでみました。久しぶりの硬さと元気さに嬉しくなりました。
  • 羊羹 (30歳)

    投稿日:2018年09月14日

    少し触れられただけで勃起してやばかったです笑 そのときの体調でたまに頭痛の副作用があったけど、すぐ治ったので問題もありません!

ザイデナとは~効果・副作用、有効成分、通販での購入方法など全てを説明~

ザイデナとは~効果・副作用、有効成分、通販での購入方法など全てを説明~

ザイデナとは

ザイデナとは、2005年に韓国の東亜製薬で販売されたED治療薬です。

ED治療薬は成分の違いにより、ザイデナを除いて4つの先発医薬品があります。
ザイデナは日本では未だ認可されていませんが、韓国発のED治療薬として注目が集まっています。

従来のED治療薬との大きな違いは、アジア地域では初の先発医薬品であるということです。
韓国で作られたということもあり、体質的にアジア人にマッチしている点があります。

また、大きなメリットは、従来のED治療薬の良い点を備えているだけではなく、副作用が他のED治療薬と比べて少ないことです。

販売開始してから10年以上の実績があり、現在はアジア諸国を中心に30ヶ国で販売されています。

日本では馴染みがないザイデナですが、どんな特徴やメリットがあるのか、ザイデナの概要や効果、使用方法や注意点、購入方法などについて、これから詳しく説明していきます。
「ウデナフィル」は、他のED治療薬と比べ即効性があり効果持続時間が長いため、バイアグラレビトラ、の改良薬と考えてよいでしょう。

ザイデナはいまだ日本では未承認の医薬品のため、公式な情報を手に入れにくい状況です。
しかし、速攻型で効き目が強いという効果を耳にし、興味を持たれている方もいるでしょう。

今回はこのザイデナをわかりやすく紹介していきます。

目次

  1. ED治療薬ザイデナの開発経緯
  2. ザイデナの有効成分ウデナフィル
  3. ザイデナの効果効能
  4. ザイデナの服用方法
  5. ザイデナの副作用
  6. ザイデナの使用上の注意
  7. ザイデナのジェネリック医薬品
  8. ザイデナの購入方法
  9. ザイデナのまとめ
  10. 関連商品

ED治療薬ザイデナの開発経緯

ED治療薬ザイデナの開発経緯

ザイデナは、数ある先発医薬品のED治療薬の中でも一番新しい薬になります。

韓国の東亜(日本語読み:トンア)製薬が開発し、2005年に韓国国内で販売されました。
販売を開始してから10年以上経過し、今ではアジア諸国を中心に販売されるまでに至っています。

日本やアメリカにおいては未承認のため、販売はされていません。

しかし、10年以上の販売を続けるだけでなく、ED治療薬以外での薬の開発も行われています。

そこで、ザイデナとはどのようなED治療薬なのでしょうか?他のED治療薬の開発された経緯を入れながら、簡単に紹介していきます。

あわせてザイデナは、どんな病気や症状の治療に期待できるのかといったことも、臨床試験のデータをもとにして紹介していきます。

韓国発ED治療薬

ザイデナは、韓国の東亜製薬が開発および販売しているED治療薬です。
日本ではあまり聞き慣れない会社ですが、韓国では大手の製薬会社として知られています。

世界初のED治療薬バイアグラは、1998年にアメリカで発売されました。
これをきっかけに、次々と新しいED治療薬が開発そして販売されることとなります。

ジェネリック(後発医薬品)は膨大にあるものの、新しい成分で開発された先発医薬品は、大きく5つあります。
バイアグラ、レビトラシアリスステンドラ、そして今回紹介しているザイデナです。

ザイデナは2005年に韓国で発売されました。
韓国国内のシェアにおいて、2005年の発売開始後2年で、バイアグラに次いで2位になった経緯があります。
販路は韓国国内にとどまらず、ロシアでは2008年に国内で承認され中国市場にも参入しています。

ザイデナはすでに10年以上の実績があり、多くの国で安全性や信頼性が高いことから、現在はアジア諸国を中心に約30か国以上で販売されています。

開発段階の治療薬

ザイデナの有効成分はウデナフィルです。
この成分の作用が、病気治療や改善にも応用できる可能性が高いとされています。
他のED治療薬の成分においても、勃起不全改善効果以外の病気治療に効果が高いと見られ、数々の臨床試験が行われています。

ザイデナはどのような病気治療に効果があるのか、可能性を含めた現時点での4つの事例は以下の通りです。

1つ目は、心疾患の事例です。
酸素を含んだ血液を送る左心室の働きが悪い患者に対して、12週間ウデナフィルを投与する臨床試験が行われました。

その結果、投与しない患者と比べ、左心室の拡張や収縮の働きがよくなったというデータが出ました。
高齢者に多い左心室の収縮機能の不全による、心不全や心疾患の治療に効果が期待できます。

2つ目は、肺動脈性高血圧です。
肺動脈とは、心臓から肺に血液を送る動脈のことです。

肺の血管が狭くなって肺に十分な血液が送れなくなり、肺動脈の血圧が異常に上がる症状が肺動脈性高血圧です。
その肺動脈性高血圧を患う患者に12週間ウデナフィルを投与したところ、肺動脈性高血圧の改善が見られました。

3つ目は、門脈圧亢進症です。
これは、消化管から肝臓へ血液が流れる門脈の流れが悪くなる症状で、ラットによる実験によりウデナフィルの有益性が認められました。

4つ目は、過活動膀胱です。
おもに前立腺肥大症により起こる、頻尿の症状です。
ED治療薬のシアリスでも同様の効果が認められ、ザイデナも効果があるかどうか研究が進められています。

ザイデナの有効成分ウデナフィル

ザイデナの有効成分ウデナフィル

ザイデナの有効成分はウデナフィルです。

ウデナフィルは体内に吸収されることで正常な勃起を促しますが、強制的な勃起や性的興奮の上昇といった効果はありません。

ウデナフィルの作用機序は、あくまで勃起陰茎内にある酵素PDE5(ホスホヒエステラーゼ5)の過剰な分泌を防ぎ、陰茎への血流をスムーズにすることで勃起をサポートするものです。

ウデナフィルや、バイアグラシルデナフィルレビトラのバルデナフィル、シアリスのタダラフィル、ステンドラのアバナフィルなどの有効成分は、PDE5阻害薬とも呼ばれています。

この有効成分がどのようにED(勃起不全)を改善できるのか、またウデナフィルの作用がどのような作用で病気治療に利用できるのか、あわせてご紹介しましょう。

EDの原因であるPDE5を阻害する力

ザイデナの有効成分ウデナフィルには、陰茎に作用することでEDを改善する働きがあります。

男性機能の勃起のメカニズムの中で、酵素の一種であるPDE5は重要な役割を持っています。

勃起は、性的刺激を覚えることで脳から陰茎へ信号が送られ、陰茎の血管拡張作用を持つcGMP(環状グアノシン一リン酸)という物質が大量に分泌されることで起こる生理現象です。
cGMPにより陰茎への血流が増えると、膨張した陰茎は硬化し勃起します。

性的興奮がおさまると、cGMPを分解する酵素PDE5が分泌され勃起状態が沈静化します。
これが陰茎が勃起し収束するまでのプロセスです。

PDE5は正常な勃起には必要不可欠の物質ですが、この分泌のバランスが崩れると、勃起そのものを阻害しED症状を引き起こす大きな原因になります。

程度はさまざまですが、PDE5が不適切な働きをすることで性行為中の勃起を維持できず、中折れや早漏といった症状にもつながって悩む男性も少なくありません。

EDになる原因は加齢や病気などに限らず、精神的なストレスによる心因性EDや、陰茎や神経系の機能不全による器質性ED、心因性・器質性を合わせた混合性EDなど多岐に渡りますが、根本的な原因に効果のあるウデナフィルは、それらの原因全てに効く成分といわれています。

ウデナフィルの作用機序

ウデナフィルの作用機序は、PDE5の作用を阻害する作用です。

PDE5とは、本来、性的刺激がなくなった時や射精後に勃起を鎮めるための酵素として働きます。

火がついている状態を勃起に例えるなら、PDE5は水をかける火消し役といっても過言ではありません。
ところが、点火された火にすぐ水をかけてしまう、あるいは火の勢いより水量が上回ることで、勃起の維持ができなくなるのがEDです。

ザイデナなどのED治療薬とは飲むことで無条件に勃起させる医薬品ではありませんし、精力剤や媚薬の効果もありません。

服用して腸から吸収されることでPDE5を阻害しますが、あくまで視覚や触覚などによる性的刺激や性的興奮を覚えてから自然な勃起を導く薬がED治療薬です。

なお、勃起の簡単な仕組みと、PDE5の作用や関係に関しては以下の通りです

視覚や触覚などから性的刺激を受けると、脳から神経を通して陰茎に勃起の命令が出されます。
それと同時に体内に一酸化窒素が放出され、cGMPと呼ばれる物質に作用して、陰茎の血管を拡張します。

このように、陰茎に大量の血液を送り込むことで、陰茎全体が膨張し硬化する状態を保つことが、勃起と呼ばれる現象のプロセスです。

適切な時間の経過や性的興奮がおさまると、陰茎に血を送るcGMPを分解する酵素PDE5が分泌され陰茎は通常に戻ります。
このバランスが崩れた場合に過剰に排出されたPDE5を抑制し、性的興奮がある間はED症状を改善できる成分がウデナフィルです。

PDE5が不適切なタイミングで優位になると中折れや早漏といった症状も引き起こしますが、ウデナフィルはこれらの原因にも効果的です。

ウデナフィルの他の適応症

ザイデナの有効成分であるウデナフィルの効果は、EDの治療や改善だけにとどまりません。

2005年にザイデナが販売されてから、世界各国で他の適応症にも効果があるかといった臨床試験が行われています。
実際にいろんな適応症に効果があることも確認され、さまざまな医薬品の開発も進められています。

血管系に作用し血流を改善する効果があるウデナフィルなどPDE5阻害薬は、特に心血管系の病気に効果が認められています。

実際にザイデナより先行して開発されたED治療薬も、現在ではED以外の病気や疾患の治療・改善に使用されています。

中でも、肺の血管が狭まることで起こる高血圧の肺動脈性高血圧には、血管拡張効果の高いウデナフィルの治療効果が有効とされました。

勃起を持続するためには、たくさんの血流が必要となり血管を広げる必要がありますが、有効成分ウデナフィルの効果は全身におよぶため、血管が狭いことで起こる病気や疾患の改善と緩和効果が期待できます。

他には、平滑筋などの筋肉を弛緩させる作用もあります。

平滑筋とは、弛緩や収縮を自由に行える筋肉であり心臓や腸などの内臓、血管や陰茎といった生殖器などさまざまです。

心不全は、平滑筋に似た心臓にある心筋の動きが悪いことで起こりますが、ウデナフィルの弛緩作用により心臓のポンプ動作が正常になり、心不全を改善することも可能となってきています。

ザイデナの効果効能

ザイデナの効果効能

ザイデナは、2005年から韓国で発売されたのをきっかけに、アジア諸国を中心に今も売れ続けているED治療薬です。

ザイデナは、短時間で手軽に望んだ効能や効果が現れるため、性行為をするときだけ服用すればいいことが大きなメリットといえるでしょう。

発売されてから10年以上経過し、ここまで認知されたのもザイデナの効能や効果が確かなものだからといえます。

バイアグラの開発から始まりレビトラシアリスステンドラ、ザイデナなどの画期的なED治療薬の開発により、ED(勃起不全)の改善は以前よりずっと容易になりました。

そんなザイデナにはどのような効能や効果があるのか、これから詳しく紹介していきます。

効能

ザイデナのおもな効能は、大きく分けて2つあります。

  • ・血管を拡張して血流をよくする
  • ・PDE5の働きを阻害する

効能とは、望んでいる効果を引き出すために必要なことや作用のことです。

効果を望んでいる結果やゴール・目標達成とする場合、効能は途中のプロセスや準備作業に該当します。

車に例えると、アクセルを踏んでエンジンやギア、タイヤを回すという「効能」があるため、走るという「効果」が現れるということです。
逆にこの効能が1つでも欠けたら、効果は現れないということになります。

勃起するためにも、体内においていくつかの準備や手続きが必要です。
EDの場合はその準備や手続きが途中でうまく行えなくなり、勃起そのものに問題が生じます。

その準備や手続きを円滑に行うのが、ザイデナの効能です。

勃起するために大量の血液が必要になりますが、加齢や病気などによりEDを引き起こすと、陰茎に大量の血液を送ることができません。
それを、ザイデナの1つ目の効能がサポートします。

また勃起できたとしても、陰茎内に多くあるPDE5という酵素が勃起を抑えてしまい、結果として勃起できない・途中で中折れしてしまった・勃起が維持できないという状態になることもあります。

これを、ザイデナの2つ目の効能によりPDE5の働きを眠らせることで勃起の持続時間を長くすることができます。

効果

ザイデナの効果とは、性行為中の勃起の維持を指します。ウデナフィルの効能により自然な勃起を促す作用がありますが、そこからもたらされる効果は必ずしも身体的なものに限りません。

  • ・性行為がうまく行くことで男として自信がつく
  • ・性行為の不安や心配を解消できる
  • ・パートナーとの関係性がよくなる

EDとは広義では「満足のいく性行為を送れなくなる症状」全般をいいますので、このような精神的な面もザイデナの効果といっても良いでしょう。

ナイトライフの不満は人間関係にも影響が多く、EDが原因でパートナーとの関係性が悪くなり、破局や離婚に繋がったケースも実際にあります。
また、性行為に自信をなくしたことで、仕事などを含めてやる気や気力をなくすケースもあります。

身体と精神は密接につながっていますので、ザイデナを服用することにより上記にあげた問題を解消できる効果も期待できます。

ザイデナはあくまで、勃起の維持に効果を絞ったED治療薬で、精力剤ではないため精子やスタミナを増やす効果はありません。
また、性的な刺激や興奮を増進させる効果もありません。

精力剤とは違い毎日飲み続ける必要はなく、性行為前に服用するだけなのでとても経済的です。

バイアグラやレビトラなどの知名度の高いED治療薬は、効果の出始めや持続時間に個人差があり、食事やアルコールの影響も少なくありません。
しかし、ザイデナはこれらの影響は少なく副作用も弱いとされているため、正しく服用すれば十分な効果を期待できるでしょう。

臨床データから見るザイデナの影響

ザイデナは10年以上の販売実績がありますが、この10年以上の間にも開発元である東亜製薬だけでなく、世界各国でザイデナの臨床試験が行われています。

ここでは、数々の臨床データの中から、ザイデナの効果や影響について紹介していきます。

2008年にザイデナの持続時間に関しての臨床データが発表されました。
この内容によると、血液中に成分の濃度が最も高まるピークは、0.8~1.3時間となっています。

そして、勃起の効果が期待できるとされる持続時間は、服用後7.3~12.1時間です。
個人差はあるものの、服用後に効果が現れるまでの時間と持続時間は、この臨床データとほぼ一致しています。

ザイデナを1回だけ服用した場合の、韓国人男性を被験者として行われた効果や副作用の検証においては、勃起維持と頭痛、顔のほてりが報告されています。
その後行われた定期的な服用でも、同様の効果や副作用がありました。

副作用はいずれも軽度で、中程度や重度、重篤な副作用は現れなかったと記されています。

また、ED症状の程度が一定ではない男性167人に対し、12週間服用した場合の性行為の成功について調査されました。

この実験では、偽薬を与えたプラセボ群は53.4%に対し、ザイデナ100mgは88.8%、200mgは92.4%が成功したとされています。

プラセボ群と比較して倍近く成功率が高くなっていることから、ザイデナの効果は確実なものといって良いでしょう。

ザイデナの服用方法

ザイデナの服用方法

ザイデナのメリットは、性行為をするときにのみ服用すればいいという点があります。

精力剤やサプリメントのように、効果を維持するために性行為の有無に関係なく継続的に飲み続ける必要はありません。
つまり、それだけザイデナは効果が高いということです。

ザイデナは新しいED治療薬ということもあり、バイアグラなど従来のED治療薬のメリットを併せ持っただけでなく、欠点を補った作用を持っていることが特徴です。

そのザイデナの効果を少しでも高く、長く持続させるためには適切な服用方法を知っておく必要があります。

正しい服用方法を知らないと、ザイデナの効果をうまく発揮できません。

また、より強い効果を得ようと、自己判断で用法や用法を変えて服用してしまうと、大きな副作用が出て体調を損なう可能性もあります。

そこで、ザイデナを服用するとどのくらい持続時間があるのか?
正しい服用方法や、食事の影響など、他のED治療薬とも比較しながら説明していきます。

作用時間

ザイデナは、バイアグラと比べ、勃起が持続する時間は非常に長くなっています。
個人差はあるものの、12時間ほどの効果が期待できます。

ザイデナは、服用後30~60分前後で効果が現れ始めます。
そのため、性行為を行う1時間前には服用しておくのがおすすめです。

ザイデナの有効成分であるウデナフィルが効果的に作用しているかの指標として、血中濃度があります。
血中濃度とは、血液の中にどのくらい有効成分が含まれているかの割合のことを指します。

ウデナフィルの血中濃度が一番高くなるタイミングは、服用後30~60分前後という臨床結果が出ています。

つまり、血中濃度の一番高いときが、一般的に薬の効果が出始めるということです。

しかし、薬の成分は、ずっと体内に残り続けることはありません。
血液は肝臓を通り、そこでろ過されどんどん浄化されていきます。

いわゆる解毒作用となり、肝臓を通るたびにザイデナの血中濃度は時間が経過するともに下がっていきます。

薬の効果が切れ始めは、ピーク時の血中濃度と比べて半分以下になった段階となります。
いわゆる半減期と呼ばれています。

ザイデナの半減期は12時間前後となり、ここまでなら薬の効果が期待できます。

ザイデナの飲み方

ザイデナは有効成分のウデナフィルが、1錠あたり100mgと200mgがあります。
一般的には100mgで12時間前後の持続時間が見込めます。

そのため、思うような効果が得られないなど、問題がない場合は100mg十分な効果を発揮するでしょう。

また、1回あたりに服用できる最大量は、200mgまでとなっています。
自己判断で必要以上の服用をすることは避けてください。

ザイデナの服用方法として、性行為を行う1時間前までに服用することを推奨しています。
個人差はありますが、これより短い場合、性行為の際に十分に効果が期待できない可能性があるため注意が必要です。

また、空腹時に服用することで、より早い効果が期待できます。
ザイデナは食事の影響を受けにくいとされていますが、空腹時の服用の方が成分の吸収率がよく、確かな効果を実感できるでしょう。

服用の際には、ほかのED治療薬と同様、水やぬるま湯で飲むことを推奨されています。

また、グレープフルーツや柑橘類などのジュースで飲むことは絶対にやめましょう。
柑橘類に含まれるフラノクマリン酸という成分が、CYP3A4という薬物の代謝に重要な酵素を阻害する働きがあるためです。

私たちが服用している医薬品の半分以上は、このCYP3A4 の働きにより害とならずに体外へ代謝・排泄されています。

そのため、グレープフルーツジュースなどでザイデナを服用した際、効果や副作用を強める恐れがあります。
併用禁忌までとは言われませんが、重篤な副作用が起きる危険性もあるため可能な限り避けることをおすすめしています。

ザイデナは、腸の粘膜から有効成分が吸収されるように作られています。

噛み砕いてから服用してしまいますと、その前に胃液などで溶かされて十分効果が発揮できないこともあります。
そのため服用時は、口内で噛み砕くことはせず、水でそのまま飲みこむようにしましょう。

以上の点を守りザイデナを服用すれば、確かな効果を実感できるでしょう。

有効成分ウデナフィルの食事の影響

ザイデナの効果を少しでも早く発揮するためには、食前の服用がおすすめです。
そのため服用時は、口内で噛み砕くことはせず、水でそのまま飲みこむようにしましょう。

では、ウデナフィルの食事の影響はどのようになっているのでしょうか?

食事の内容や量にもよりますが、効果が出始めるまで通常よりも少し時間がかかります。
しかし、極端に遅くなることはありません。

薬の効果が切れ始める半減期は12時間前後で、空腹時と食事をしたときでは大きく変わりません。
これは、過去の臨床試験でも明らかになっています。

被験者15名に対し、断食した状態、または食事をした状態での血中濃度の違いを調べた臨床結果があります。

食後すぐにザイデナを服用して、ウデナフィルの血中濃度が一番高くなる時間はいつなのか、実験を行いました。

食事内容は、脂肪の量を変えて600kcalと900kcalのものを摂取した場合となります。
空腹時の場合、血中濃度の平均値は1.5時間でピークとなり、食事をした場合の平均値は2.1~2.6時間という結果となりました。

これらの調査結果を見ると、空腹時のほうが早く血中濃度が高くなることがわかります。

ところが、血中濃度のピークから半分以下になる、半減期はどれも12~14時間前後で大きく変わりませんでした。

このことから、ザイデナは食事の影響は極端に受けませんが空腹時の服用が望ましく、性行為をする1時間前に服用すれば効果が期待できます。

他のED治療薬との比較

ED治療薬は、バイアグラ、レビトラシアリスステンドラ、そして今回ご紹介をしているザイデナと、大きく5種類にわけられます。
これらのED治療薬は、成分名そして販売している製薬会社が異なります。

では、これ以外にザイデナと他のED治療薬には、どのような違いがあるのかを簡単に比較していきましょう。
まずは、服用してから効果が出始めるまでの平均時間です。

最も早いのはレビトラとステンドラで、服用後15~30分前後から効果が出始めます。
ザイデナとバイアグラは、ほぼ同等の30~60分前後となっています。

効果が出るまで、最も時間がかかるのはシアリスで、1~2時間前後です。

急なタイミングでの性行為でない限り、1時間以上の余裕があればザイデナで問題ないでしょう。

そして、服用してからの薬の持続時間です。
シアリスが最も長く、最長で36時間と1日以上効果が持続します。
この項目においてもザイデナは2番目に効果が高く、12時間前後となっています。
次いでレビトラの5~6時間前後、ステンドラは約6時間、バイアグラは5時間前後となっています。

食事と副作用の影響に関してはバイアグラが最も受けやすく、それ以外は受けにくくなっています。

以上のことから、ザイデナは総合的にバランスのいい点が特徴となっているED治療薬です。
またザイデナは韓国で製造され、臨床試験もアジアで行っているため、体質的にアジア人種にマッチしやすい点もメリットといえるでしょう。

ザイデナの副作用

ザイデナの副作用

ザイデナはサプリメントとは違い、医薬品として扱われています。
そのため、高い効果が期待できる一方、副作用が存在します。
なお、副作用の現れ方も個人差があり、その日の体調や体質により変わります。

ザイデナは他のED治療薬と比べて、副作用が少ないとされています。
その理由として、他のED治療薬の中でも最も新しく、過去の欠点や副作用も改良されている点があげられます。

加えて、ザイデナは韓国製のため、同じアジア人の日本人として体質が近く体に合っているのも要因として考えられます。

副作用の多くは、一時的なもので大きな問題になることは少なくなっています。
しかし、体質によっては、強い副作用とあわせて稀な副作用が出ることもあります。

そこで、ザイデナの主な副作用と稀な副作用を紹介していきます。

主な副作用

ザイデナの主な副作用としては、以下のものがあります。

  • ・頭痛
  • ・顔のほてりや赤面
  • ・鼻づまり
  • ・目の充血
  • ・消化不良や下痢、胃の不快感

これらの副作用の中で頭痛です。

ザイデナの有効成分であるウデナフィルは、血管を拡張する作用があります。
勃起をするために、陰茎の平滑筋を緩めて血管を拡張し、大量の血液を送る必要があります。
頭痛の原因はいくつかありますが、一般的には血管が拡張することで脳が圧迫されることが多く、それが痛みとなって現れます。

ザイデナも、この血管拡張の作用が陰茎以外でも起こるため、前述の副作用として現れます。

顔のほてりや赤面、鼻づまり、目の充血もウデナフィルの血管拡張作用により起こるものです。
体全体の血管が拡張するため血流が促進され全身に血液が行き渡り、体全体のほてりを感じる場合があります。

また、消化不良や胃の不快感は、平滑筋が緩むことで起こる副作用です。

胃には食べ物が逆流しないように、胃の上部の食道と、胃の下部の十二指腸に弁があります。
ところが、胃の平滑筋が緩むことで弁の機能が弱くなり、胸焼けなどを伴う胃の不快感が現れます。

これらの副作用は一時的なものがほとんどです。
時間とともにザイデナの効果がなくなるのに比例して、起こった副作用も徐々に落ち着いていくので安心してください。

万が一、副作用がおさまらない場合は速やかに医師に相談するようにしましょう。

稀な副作用

稀な副作用は、前述の主な副作用に比べると多岐になりますが、稀な副作用が起こる確率としては1%以下としています。

稀な副作用は現れているものの、主な副作用に隠れて感じにくいこともあります。

ただし、体質や抱えている病気によっては、重い副作用となって出ることも十分考えられます。

代表的な稀な副作用は以下のものがあります。

  • ・視界不良などの視覚障害
  • ・まぶたや顔の腫れ
  • ・じんましん
  • ・関節の炎症
  • ・胸痛や腹痛
  • ・疲労感
  • ・アレルギー反応
  • ・めまいや立ちくらみ

とくに注意したい副作用は、アレルギー反応による炎症やじんましんです。
この症状が起こった場合、体質的にザイデナが合っていない可能性が考えられます。

アレルギー反応がひどくなると、人によってはアナフィラキシーを起こして、命に関わる危険性もあるため、十分に注意しましょう。

その他の気を付けるべき副作用としては、めまいや立ちくらみがあげられます。

ウデナフィルは、血管拡張をする働きがありますが、血管が拡張することでさらなる低血圧を引き起こします。
この症状は元々低血圧に悩まされている方だけに現れるものではありません。

低血圧を引き起こすと、めまいや立ちくらみが強く出ることもあります。
アレルギーや低血圧の方、重い病気や症状を持たれている場合には、とくに注意してください。

ザイデナの使用上の注意

ザイデナの使用上の注意

ザイデナはED治療薬と呼ばれるように、医薬品として分類されています。
そのため、著しい治療改善効果がある一方で前述のような副作用も存在します。

ザイデナは他のED治療薬と比較して副作用は軽くなっていますが、体質や抱えている病気、その治療に使う薬によってはザイデナを服用できないケースもあります。

基本的には、他のED治療薬において挙げられる注意事項や併用禁忌薬とほぼ同等となります。

ザイデナは日本においては未承認のため、国内で公式な情報は一切ありません。
そのため、これから紹介する使用上の注意に関しては、海外の情報をもとに紹介します。

その点をあらかじめご理解のうえ、服用する場合には十分に注意してください。

服用に注意する人

病気や症状などを複数抱えており、治療を行っている方や高齢者の方は注意が必要です。

ザイデナは日本国内で未承認のため、どのような副作用が出るのかは病院でも確認が取れません。
どうしても服用したい場合には、日本国内で承認が取れているED治療薬を処方してもらうことをおすすめします。

そうすることで、服用した際に何らかの体調不良が起きた場合でも適切な対処なども可能になります。

ザイデナは、勃起をさせるため血管を拡張する平滑筋の弛緩作用があります。
病気を抱えていなくても心血管機能に何らかの不安を抱えていましたら、服用に注意しましょう。

とくに、低血圧の症状や、それに伴う立ちくらみ・めまいなどを持っていましたら注意が必要です。
他にも心臓に何らかの持病や不安を抱えている方や、常用している医薬品がある方もザイデナの服用は十分気をつけてください。

ザイデナによる、平滑筋を弛緩する作用により、心筋の弛緩にも効果を現します。
このため、海外では心不全の治療にも使われていますが、逆に望まない副作用として現れることもあります。

その他、心血管機能に問題や病気を患っている方も服用は控えるようにしましょう。

併用注意

海外の併用注意薬は、日本では名称が異なる、もしくは存在しない場合があります。また、有効成分の配合量やその他成分も異なることもあります。

そこで日本で承認を受けている、ED治療薬で共通する併用注意薬を紹介します。

  • ・α遮断薬
  • ・降圧剤
  • ・急性心不全治療剤
  • ・抗生物質
  • ・抗真菌薬
  • ・抗HIV薬

α遮断薬とは、前立腺肥大による頻尿を改善する薬です。加えて、血管を拡張させる作用もあります。
そのためザイデナと併用することで必要以上に血圧が下がるおそれがあります。

また、同様の効果を持つ降圧剤や急性心不全治療剤も併用は控えてください。
α遮断薬ハルナール、降圧剤アムロジンなどがあります。

抗生物質、抗真菌薬、抗HIV薬は血中濃度を高める、または低下させる可能性があるためこちらも注意が必要です。
血中濃度が高まると、ザイデナや併用した薬の通常の効果よりも副作用が強く現れる可能性があり、逆に血中濃度が低下すると十分な効果を得られなくなってしまいます。

一例として、リファンピシン、カルペリチド、リトナビルがあります。
これらに該当する薬を服用している場合には、十分に注意してください。

場合によっては服用を控える、病院で相談のうえ別のED治療薬を処方してもらうことをおすすめします。

服用してはいけない人

未成年と女性は、病気の有無に関係なく服用してはいけません。
ザイデナは成人男性向けのED治療薬のため、それ以外の方への服用を推奨していません。

重度の心血管疾患を患っている方も服用は控えるようにしてください。
仮に治療で症状が落ち着いても、手術などを伴う大きな病気や治療から期間が経っている場合も同様です。

また、コントロールが難しい重度の高血圧や低血圧の症状が現れている方は、服用してはいけません。
仮に治療で症状が落ち着いても、手術などを伴う大きな病気や治療から期間が経っている場合も同様です。

脳卒中や心筋梗塞、それに関連するバイパス手術を6か月以内に行った場合も服用不可となっています。
ザイデナの血管拡張作用により、血栓が他の部位に流れて先の症状を発症するおそれがあります。

その他、性行為を行うと心拍が上がり、症状が悪化して禁止されている場合、肝不全や腎不全、それに準ずる重い病気や治療を行っている場合も同様です。

薬を服用すると、肝臓のフィルター機能により、血液の中に含まれる薬の成分を無毒化します。
いわゆる解毒作用です。
肝不全になるとこの解毒作用が弱まり、薬が体内の中に長時間残り続けてしまい、副作用を強めてしまいます。

上記の中で、特に思い当たる症状や病気がない方でも、服用後に副作用や違和感がある場合、健康に影響があると不安に感じた場合は無理に服用してはいけません。

先の項目でも触れましたが、心血管系疾患を患っている方は、とくに心掛けるようにしましょう。

併用禁忌薬

併用禁忌薬とは、絶対に併用して服用してはいけない薬のことです。
服用すると薬の相乗効果や強い副作用により、命に関わる場合があるためきちんと理解することが必要です。

ザイデナの特に注意すべき併用禁忌薬は、ニトログリセリンが有効成分の硝酸剤と呼ばれる医薬品です。

ニトログリセリンと聞くと、ダイナマイトの火薬として使われる成分を思い浮かべるかもしれません。
実はこの有効成分は、狭心症や心筋梗塞の治療に使用されています。

なぜ、この硝酸剤が併用禁忌薬なのかというと、激しい胸痛や呼吸困難を鎮めるための血管拡張作用があるからです。

そのためザイデナと併用することで、相乗効果により急激な血圧低下を引き起こすおそれがあります。
その結果として、命に関わる重篤な症状を誘発します。

これはザイデナだけでなく、バイアグラなど、血管拡張作用のある他のED治療薬でも併用禁忌薬になっています。

硝酸剤の注意点としては、成分がニトログリセリン以外にもあるということです。

また、そのほかの併用禁忌薬として、硝酸イソソルビドが使われている硝酸剤も対象となっています。

硝酸剤の形状は、錠剤とは限りません。
舌の上で溶かす舌下錠、貼り薬やスプレー、注射剤などいくつかあります。

心血管疾患の治療を現在行っている、ニトログリセリンや硝酸とつく成分が入る薬を服用している場合には、十分注意してください。

ザイデナのジェネリック医薬品

ザイデナのジェネリック医薬品

薬には大きく分けて、先発医薬品とジェネリック医薬品があります。

先発医薬品は、いわゆるオリジナルの薬になります。
そして、先発医薬品と同様成分を含む薬がジェネリック医薬品です。
先発医薬品に対して、後発医薬品と呼ばれることがあります。

ザイデナは、先発医薬品に分類されます。
そして、ザイデナのジェネリック医薬品もすでに開発・販売されています。
そのため、好みにあわせて先発医薬品のザイデナもしくは、ジェネリック医薬品を選択できます。

そこで、どのような経緯でザイデナのジェネリックが開発されたのか?
また、どんなジェネリックがあるのか?

ジェネリックのメリットも含めて、これから説明していきます。

ザイデナジェネリックの開発

他のED治療薬ほどではありませんが、ザイデナにはジェネリック医薬品が数多くあります。
現時点において、すべてインドの製薬メーカーで開発、販売されたものになります。

海外でのジェネリック医薬品は、インドが多くのシェアを握っています。
その理由としては価格の安さだけではなく、特許が大きく関わっています。

一般的にジェネリック医薬品を作るには、薬の開発元の特許の有効期限が切れている必要があります。
特許が切れていれば、薬の開発元に特許料を払う必要がありません。

また、薬の製造方法も特許内容を元にするため、開発費を大幅に削減できます。

特許の期間は原則20年で、この期限が切れてからジェネリック医薬品を開発することが可能となっています。

ところが、インドは特許法が非常に特殊な国です。
薬の開発元の特許が切れていなくても、ジェネリック医薬品を作れるケースがあります。

薬の開発元の特許が切れていなくても、ジェネリック医薬品を作れるケースがあります。
理由は、薬の成分を特許とする物質特許に関してインドでは定めておらず、過去に開発された薬の成分を入れ替えただけの薬は特許として認めていないからです。

このような特殊な事情により、他の国では特許が切れるのを待っている中、インドではどんどんジェネリック医薬品が開発されています。

ザイデナを含む、他のED治療薬も同じ理由でたくさんのジェネリックが存在しています。

ザイデナジェネリックの種類

現在確認の取れているザイデナのジェネリックは、

  • ・ズデナ(Zudena)
  • ・ウデザイア(Udzire)

この2種類です。
どちらも、インドで開発そして販売されています。

ズデナの開発・販売元は、サンライズレメディーズ社です。

設立は1995年と、製薬メーカーの中では比較的新しい会社になります。
ED治療薬をはじめ抗生物質やビタミン剤など幅広く開発そして販売しています。

アメリカ食品医薬品局(FDA)が定める、GMP(Good Manufacturing Practice)に基づいて、原材料入手、製造、出荷まで、厳格な品質基準や管理を行っており、製造に関して安全性を第一に考えている企業です。

ウデザイアの開発・販売元は、ザイダスカディラです。

設立は1952年と60年以上の歴史を誇ります。
売上規模は700億円を超えて、インドの中でもトップ5に入る大手製薬メーカーです。

創業者のラマンバイ・パテル氏は、インドのジェネリック医薬品の発展や成長に貢献したともいわれています。

ズデナとウデザイアは、ザイデナの有効成分であるウデナフィルを含んでいます。
含有量も、ザイデナと同様に100mg含まれています。

そのためズデナとウデザイアともに、ザイデナと同等の効果が期待できます。

他のED治療薬と比べジェネリック医薬品は少ないものの、他の製薬メーカーが参入して増える可能性は十分にあるといえます。

ザイデナジェネリックのメリット

ザイデナのジェネリックには、先発医薬品と比較して2つのメリットがあります。

1つ目は、価格の安さにあります。

一例ではありますが、先発医薬品のザイデナは1錠あたり約1,300円前後が相場となっています。

一方、ザイデナのジェネリックは、1錠あたり約800円前後が相場です。

先にも書きましたように、ジェネリックは開発費用を抑えることができます。
その分、販売価格も抑えることができ、結果として価格の差にも違いが出ます。

なお、価格は為替などの影響や、取り扱っている業者により変動や違いが出ます。

2つ目は、種類が豊富にあり、選択肢があることです。

先発医薬品の場合、開発元は1つのため種類を選ぶことができません。
一方、ジェネリックの場合、製薬メーカーごとに販売されます。
そのため、お気に入りのメーカーの製品を、しかも安い価格で選ぶことができます。

また、メーカー独自に改良版の医薬品を販売することも可能です。

他のED治療薬ではありますが、ED改善効果を持つ有効成分の他に早漏防止の効果がある、ダポキセチンを配合している医薬品などが存在します。

また、錠剤以外にもフィルム状の舌下錠を販売している、ED治療薬も数多くあります。

先発医薬品のザイデナと作用や効果が同じなら、少しでも安いジェネリックを選ぶ方が多くなっています。
性行為をするたびに服用することを考えると、購入金額のコストダウンはとくに大きなメリットとなるでしょう。

ザイデナの購入方法

ザイデナの購入方法

日本国内でのED治療薬の購入方法は、病院で処方してもらうか、通販で購入するか、のどちらかとなります。

病院で処方してもらう場合、先生の問診や診察を受けることが可能です。
少し手間はかかりますが、医師による診断のもと処方せんを出してもらい手に入れるため、安心感を得られるメリットがあります。

ただし、病院で処方してもらう場合、国の承認を受けた医療用医薬品である必要があるため、海外で人気の医薬品であっても認可されていない医薬品の購入はできません。

通販で購入する方法は、おもに個人輸入を利用することでED治療薬を手に入れることができます。

自身で海外の業者とやり取りする個人輸入はハードルが高いと思われがちですが、個人輸入を代わりにしてもらえる輸入代行業者が数多く存在しているため、それらを利用するのが一般的です。

では、ザイデナはどのような方法で手に入れることができるのでしょうか?
具体的な購入方法などを、詳しく説明していきます。

国内処方

ザイデナは現時点において、国内の病院やED専門クリニックで処方されていません。

それ以外のED治療薬である、バイアグラレビトラシアリスは、病院の取り扱いにもよりますが、認可を受けているため処方が可能です。

つまり、病院でED治療薬を処方してもらう場合は、先の3つか、それらのジェネリック医薬品となります。

なぜ、ザイデナは病院で処方されないのかというと、日本では医療用医薬品に指定されていないためです。

病院では、国が承認した医療用医薬品でないと処方することができません。

将来的にザイデナが日本で医療用医薬品として承認された場合、病院で処方されるED治療薬の1つとなります。

また、病院で処方されるED治療薬は病気の治療とは異なるため、保険適用外となります。

これは、EDや薄毛が改善されなかったとしても、命に別状はないという考えによるものです。

病院での処方の場合、医師のきちんとした診療や問診を受けられるため、症状に合った適切な医薬品を手に入れられます。
また、病気や服用している薬によっては服用禁止の治療薬が存在するため、診療を受けることで事前に危険を防ぐことが可能です。

現時点において、ザイデナは病院で処方されてはいないため、ザイデナを服用する場合は、次の項目で説明をする通販での購入となります。

ザイデナの通販事情

前述のとおり、日本においてザイデナを購入したい場合は、通販を利用するのみとなっています。

とはいっても、日本国内での大手通販業者では販売されてはいません。
では、どこから購入をしたらいいのでしょうか?

それは、個人輸入を代行している、輸入代行業者を利用します。
日本語対応の輸入代行業者の通販サイトが多く存在しています。

そのようなサイトにアクセスをすると、商品ページにザイデナやザイデナジェネリックを見つけることができるでしょう。

個人輸入の通販サイトは実際に利用した方の評判や口コミが記載されているため、購入の参考になります。

ザイデナ100mgの価格は、1箱4錠入りで4,000~5,000円台、1錠あたりの価格は約1,000円台が相場となっています。

海外から薬を輸入するため、為替の影響を受けて価格の変動もあり、送料なども割高になります。

通販のメリットとしては、まとめ買いで割引の適用を受けられる点や、他にも誰にも知られずに購入できる点があります。

なお、国内の処方せんとは異なり国の承認を受けていない医薬品のため、服用はすべて自己責任となります。
購入の際は十分な注意が必要です。

また、悪質な輸入代行業者によっては、ニセモノの可能性もゼロではありません。
そのため、なるべく信頼性のある輸入代行業者から、手に入れることをおすすめします。

この点を事前に知ったうえで、個人輸入の代行業者をうまく利用することで、お得にザイデナを手に入れられます。

ザイデナのまとめ

ザイデナの購入方法

ザイデナの効果や使用方法、注意点や購入方法などについて詳しく説明しました。

ザイデナは従来のED治療薬と比較しても新しい医薬品ため、バランスよくメリットを受け継いでいます。

1錠服用するだけで、約12時間と長時間効果が持続します
あわせて、食事やアルコールによる影響も、バイアグラとは比べて受けにくくなっています。副作用に関しても、他と比べても軽いという特長があります。

ザイデナ以外のED治療薬は、おもにアメリカやヨーロッパで開発そして販売されています。
そのため、日本人の体質に合わず、効果が強く出すぎたり、副作用が現れたりする場合があります。

一方、ザイデナは韓国で開発、アジアでの臨床試験を行い、そして販売された薬です。
そのため、ザイデナは日本人の体質にマッチしやすいED治療薬ともいえます。

参考文献

医薬品情報サイト
Adis Insight
1842年にドイツで創業された出版社で、医学や数学、物理、化学などのさまざまな研究分野の情報を世界に向けて発信しています。
Adis Insightはシュプリンガー社の医療品情報サイトで、薬物名別、メカニズム別、クラス別に調べられる他、開発中の薬物についての情報も掲載されています。

Pub Chem
アメリカの国立バイオテクノロジー情報センターによる成分情報サイトです。
成分の概要から作用機序、構造式、分類など、より専門的な情報を閲覧できます。
作成日と変更日が記載されていて、新しい情報を常に確認できます。

関連商品

ズデナ

ズデナ

ズデナは、ED(勃起不全)治療薬ザイデナのジェネリック医薬品として開発された医薬品です。
先発薬であるザイデナは2005年に韓国の東亞製薬が発売したED治療薬で、現在では韓国を中心にロシア、フィリピンなど数ヶ国で販売されています。
ズデナの有効成分ウデナフィルには、EDの原因となるPDE5の働きを抑制する効果があります。
これによってcGMPが正常に作用し、スムーズに勃起するようになります。
お薬通販部では、100㎎の購入が可能となっています。

>>ズデナ

最近見た商品

トップへ