お薬通販部

レビトラジェネリック

レビトラジェネリック通販購入の一覧ページです。
最短15分の即効性が特徴のED治療薬レビトラ。
有効成分バルデナフィルを含んだ、多数のジェネリック医薬品を取り扱っています。

おすすめ商品

レビトラジェネリックの商品一覧

  • 3大ED治療薬セット
    16,710円(1錠1,393円)~

    在庫あり

    3大ED治療薬セットは、ED治療薬として有名なバイアグラ・シアリス・レビトラの先発薬をセットにしたお得な商品です。 それぞれの効果の特徴を比較できるので、自分好みのものや用途にあわせたED治療薬が見つけられます。 初めてED治療薬を服用される方におすすめな商品です。 お薬通販部では、バイアグラ100㎎/レビトラ20mg/シアリス20mgの3点セットで、単品注文するよりもお得に購入することが可能となっております。
  • レビトラ
    4,150円(1錠1,038円)~

    在庫あり

    レビトラは、ドイツのバイエル社が開発したED(勃起不全)治療薬です。 日本では、バイアグラに次ぐ2番目に厚生労働省から承認されたED治療薬となり、2004年から販売されています。 有効成分であるバルデナフィルは、3大ED治療薬の中で最も即効性が高く、最短15分で効果が現れます。 効果の持続時間は、バルデナフィルの含有量で違い、10㎎で5~6時間、20㎎で8~10時間とされています。 お薬通販部では、10㎎/20㎎の購入が可能となっています。
  • バリフ
    1,700円(1錠170円)~

    在庫あり

    バリフは、インドのアジャンタファーマ社が開発したED(勃起不全)治療薬です。 先発薬レビトラ同様に即効性に優れており、性行為の直前に飲んでも十分な勃起力を発揮します。 さらに、成分含有量20mgで効果が最大10時間持続するという点も高い評価を得ています。 食事の影響も少ないため、予定外のタイミングでもすぐに対応できる利便性が人気の商品です。 お薬通販部では、20㎎の購入が可能となっています。
  • レビスマ
    1,600円(1錠400円)~

    在庫あり

    レビスマは、インドのスマートメディサイエンス社が開発したED(勃起不全)治療薬です。 即効性に定評があるED治療薬レビトラと同様の成分、バルデナフィルを含有しています。 服用後、素早く体内に吸収され約15分で効果が現われる即効性と、8時間~10時間ほど効果発現が見込める持続性が特徴の商品です。 バイアグラの弱点と言われた食事の影響も少なめに抑え、タイミングを問わず使用できるのもメリットです。 お薬通販部では、20㎎の購入が可能となっています。
  • スーパーレビスマ
    1,800円(1錠450円)~

    在庫あり

    スーパーレビスマは、インドのスマートメディサイエンス社が開発した早漏防止効果とED(勃起不全)改善効果を併せ持つ治療薬です。 射精を遅らせる効果のある成分ダポキセチンと、陰茎海綿体血行を促進し勃起しやすい状態にする成分バルデナフィルを配合しています。 この2つの成分が、男性特有の症状2つを一度に解消します。 お薬通販部では、バルデナフィル20㎎/ダポキセチン60㎎の購入が可能となっております。
  • ジェビトラ
    2,240円(1錠224円)~

    在庫なし

    ジェビトラは、インドのサンライズレメディーズ社が開発したED(勃起不全)治療薬です。 新薬であるレビトラ同様、3大ED治療薬の中で最も即効性が高く、最短15分の効果発現が見込めます。 バイアグラに比べ、食事の影響も受けづらくなっているというメリットもあり、急なタイミングでも対応できる手軽さが人気の商品です。 新薬同様の有効性や安全性があり、安価で購入することが可能です。 お薬通販部では、20㎎/40㎎/60㎎の購入が可能となっています。
  • シルビトラ
    3,450円(1錠345円)~

    在庫あり

    シルビトラは、RSM社が開発したED(勃起不全)治療薬です。 バイアグラの有効成分シルデナフィルのシャープで鋭い勃起力と、レビトラの有効成分バルデナフィルによる即効性を併せ持っています。 勃起の持続性が高く切れ味の良い力強さを持つ勃起力を実現、さらに食事の影響を受けにくいため、利便性が高く大変人気の商品です。 お薬通販部では、シルデナフィル100㎎/バルデナフィル20㎎の購入が可能となっています。
  • ブリトラ
    1,720円(1錠172円)~

    在庫あり

    ブリトラは、センチュリアン社が開発したED(勃起不全)治療薬です。 即効性のあるレビトラのジェネリック医薬品で、服用から約15分で効果を現す特徴を持っています。 バイアグラよりも服用時の食事の影響が少なく利便性に長けています。 即効性だけでなく、持続性にもすぐれていますので、有効成分バルデナフィルの含有量20mgで8時間~10時間程度の効力が見込めます。 お薬通販部では、20㎎の購入が可能となっています。
  • サビトラマックス
    2,050円(1錠513円)~

    在庫あり

    サビトラマックスは、インドのサバメディカ社が開発した早漏防止効果とED(勃起不全)改善効果を併せ持つ治療薬です。 陰茎の血流を促し勃起力を維持する成分バルデナフィルと、性的興奮を抑えて早漏防止する成分ダポキセチンが融合し、男性機能の不調を正常化へと導きます。 また、過度のストレスなどが要因のED症状は、早漏症を併発するケースが多くありその予防薬としても活用が可能です。 お薬通販部では、バルデナフィル20㎎/ダポキセチン60㎎の購入が可能となっております。
  • バリフオーラルジェリー
    2,950円(1包422円)~

    在庫なし

    バリフオーラルジェリーは、インドのアジャンタファーマ社が開発ED(勃起不全)治療薬です。 同社が製造販売している錠剤タイプのバリフや、先発薬であるレビトラと同様、即効性に優れた性質が特徴です。 ゼリータイプの薬剤のため、錠剤タイプよりもさらに早い効果発現が見込めます。 水なしで手軽に服用でき、持ち運びにも便利な個別パッケージとなっています。 錠剤タイプの治療薬が苦手な方におすすめの商品です。 お薬通販部では、20㎎の購入が可能となっています。
  • サビトラ
    2,080円(1錠208円)~

    在庫あり

    サビトラは、インドのサバメディカ社が開発したED(勃起不全)治療薬です。 先発薬であるレビトラ同様の有効成分バルデナフィルを含んでおり、最短15分で効果が現れるという即効性があります。 また、バイアグラの弱点でもあった食事の影響も受けづらくなっています。 コストパフォーマンスもよく、出費を抑えてEDを治療することが可能な商品です。 お薬通販部では、10㎎/20㎎の購入が可能となっています。
  • ジマトラ
    1,900円(1錠190円)~

    在庫あり

    ジマトラ20mgは、勃起不全治療薬です。広く使われているレビトラのジェネリック医薬品で、ジマーファーマ社が販売をしています。レビトラに含まれる有効成分バルデナフィルを同じ量配合していますので、勃起力アップ効果と即効性に優れています。男性器の血管を拡張して、性的刺激による血流量を更に増加させ、硬い勃起状態に導きます。加齢とともに性生活がおっくうになってきた方、ストレスでED気味の方にもすぐに効果が現れます。
  • ビタラ
    1,900円(1錠190円)~

    在庫あり

    ビタラは、ED治療薬として有名なレビトラのジェネリック医薬品です。レビトラと同じ有効成分「バルデナフィル」が20mg含まれています。ED治療薬に対して即効性を求める方や、食事の影響を受けにくいお薬をお探しの方に特におすすめの商品です。先発品のレビトラに比べてかなり安く治療ができるので、継続して服用したい方にも適しています。男性器の血流を良くして強い勃起を実現し、男性としての自信を取り戻すサポートをしてくれます。
  • ジェビトラゼリー
    2,800円(1包400円)~

    在庫なし

    ジェビトラゼリーは、世界中で愛用されているED治療薬レビトラのジェネリック医薬品です。インドに拠点を置く製薬企業サンライズレメディーズ社が販売しています。サンライズレメディーズ社は若い会社ですが、勃起不全や早漏改善分野の創薬に力を入れており、品質の高い医薬品を製造しています。ジェビトラには様々な剤型が用意されており、本剤はゼリータイプですので水分なしで摂取できます。時間場所を問わずサッと服用いただける利便性が好評です。
  • ED治療薬3種セット+ラブスマは、3大ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラのジェネリックに女性用バイアグラといわれるラブスマを加えたお得なセット商品です。 ジェネリック医薬品であることから、それぞれの効果を低いコストでお試しすることができます。 ED治療薬には、それぞれの特徴があるので、自分に合ったED治療薬を見つけましょう。 お薬通販部では、バイスマ100㎎/シアスマ20㎎/レビスマ20㎎/ラブスマ100㎎の購入が可能となっています。
  • 3大ED治療薬ジェネリックセットは、種類のことなる勃起薬を抵コストで比較できるお試し商品です。 力強い勃起力のバイアグラ、長時間効果のあるシアリス、即効性のあるレビトラ、それぞれの有名なジェネリック医薬品をお買い得セットとして、さらにお気軽に購入できる価格でご提供いたします。 ED治療薬を服用したことがない方、効果を比べてみたい方、TPOにあわせて使い分けたい方に便利なおすすめセット商品となります。 お薬通販部では、カマグラゴールド100㎎/メガリス20㎎/バリフ20㎎の購入が可能となっています。
  • スーパージェビトラ
    2,450円(1錠613円)~

    在庫なし

    スーパージェビトラは、インドのサンライズレメディーズ社が開発した早漏防止効果とED(勃起不全)改善効果を併せ持つ治療薬です。 即効性があるとして有名なED治療薬、レビトラと同じ有効成分バルデナフィルを含有しており、陰茎へ血行をよくし勃起力を正常化します。 もう一つの有効成分ダポキセチンは射精までの到達時間を遅らせ、理想的な瞬間へと導きます。 お薬通販部では、バルデナフィル20㎎/ダポキセチン60㎎の購入が可能となっております。

レビトラジェネリックの口コミ

  • もっくん (44歳)

    投稿日:2018年11月13日

    こうゆうセットのやつって、ありそうで意外となかったりするので助かっています!
  • ミスチル芸人 (42歳)

    投稿日:2018年11月13日

    バイアグラがお気に入りですが、シアリスとレビトラも気になっていたので、こちらを購入。試すのが楽しみです。
  • はんぎょどん (43歳)

    投稿日:2018年11月05日

    最近なくなっていた自信を取り戻せました!この薬のおかげです!常に持ち歩いてます!笑
  • たっくん (50歳)

    投稿日:2018年11月05日

    こんなセットがあるとは知らず、今までバラバラに買ってましたが、これはだいぶお得でいいですね!
  • まっさん (56歳)

    投稿日:2018年11月02日

    メガリス常飲で頑張りたい時にカマグラゴールド。バリフは念のために常備。そもそもセックスする回数が激減してるので、結果そんな感じ。

レビトラとは~効果・副作用、有効成分、通販での購入方法など全てを説明~

レビトラとは~効果・副作用、有効成分、通販での購入方法など全てを説明~

レビトラとは

レビトラは日本の病院でも処方されている、バイアグラに続く第2のED治療薬です。

ドイツのバイエル社が製造・販売しており、日本に限らず世界100か国で使用されている実績があります。

レビトラという名前は『男性の生命』から由来されており、ED治療に対して初めて有効な治療薬となったバイアグラをさらに改良したもので、効果的にEDの改善や男性の機能をフォローすることができるようになりました。

しかし、バイアグラとは違いレビトラが日本で販売されたのは2004年と比較的新しい薬であり、レビトラがどのような薬なのか知らない方もいまだ多くいるのが現状です。

このページではそのような不安を取り除けるよう、レビトラの歴史から服用方法まで詳しく説明いたします。

目次

  1. ED治療薬レビトラの歴史
  2. バイエルが開発したレビトラ
  3. レビトラの有効成分バルデナフィル
  4. レビトラの効果効能
  5. レビトラの服用方法
  6. レビトラの副作用
  7. レビトラの使用上の注意
  8. レビトラのジェネリック医薬品
  9. レビトラの偽物に注意
  10. レビトラの購入方法
  11. レビトラのまとめ
  12. 関連商品

ED治療薬レビトラの歴史

ED治療薬レビトラの歴史

ED治療薬として初めて開発されたのはバイアグラであり、その強力な効き目は多くの男性を魅了するほど高い効果がありました。

しかし、バイアグラも万能薬ではありません。バイアグラを長く使用するにしたがって、不満な点もいくつか出るようになってきました。

そんな不満を解決するために立ち上がったのが、ドイツでも有名な製薬会社バイエルでした。
現在、レビトラの販売はバイエルからされていますが、開発はバイエル、シェリング・プラウ、グラクソ・スミスクラインの3社で行われました。

バイアグラの大きな欠点として、薬を服用する前に食事をしてしまうと効果に影響が出てしまうことがあげられます。
この弱点をなくすと同時に、バイアグラ以上に薬の即効性を高めることも開発の目標とされました。

5年程度の臨床試験を繰り返しレビトラが販売されると、バイアグラの改善点を併せ持ったED治療薬として多くの人に使用されるようになりました。

それはドイツやアメリカだけではなく、日本でも同じことです。
2004年の販売後は、EDを改善するためにバイアグラからレビトラに乗り換える方も多くいました。

即効性を備えたレビトラは、現在日本を含め世界100か国で使用されるほどになっています。

バイエルが開発したレビトラ

バイエルが開発したレビトラ

レビトラを世に送り出したバイエル社は、ドイツの製薬会社ではありますが、日本にもバイエル薬品製薬会社として存在しています。
現在も世界で使用され続けているアスピリンと呼ばれる解熱鎮痛消火剤を開発しているのは有名で、幅広い医薬品を製造している会社です。

またレビトラは海外生まれですが、小柄な日本人にも適応しやすいように5mg・10mg・20mgの3種が販売されています。
使用する方の体調や体形により使い分けることが可能なため、臨機応変に利用できるでしょう。

レビトラはED(勃起不全)に対し高い効果が認められ、1日に1回投与することで、いつも以上の陰茎の硬さを手に入れることができます。
早ければ15分程度で効き目が現れるため、使いやすいED治療薬といってよいでしょう。

形状

レビトラは丸形で黄色の錠剤タイプの服用薬です。他のED治療薬と同様に錠剤として開発されましたが、服用しやすく携帯しやすい、また長期保存が可能などの特徴があります。

また錠剤は、薬本来の味である苦みを抑えることも可能です。
錠剤の周りをコーティングすることにより苦味を感じないようにし、さらにコーティング成分を変えることによって、錠剤が体内のどの時点で消化されるのかを調整することができ、適切なタイミングでの体内吸収を実現します。

ED治療薬はもとより、医薬品は代謝される場所によってその効果は全く変わってくるため、レビトラの開発においてコーティングの成分にもたくさんの実験がなされてきました。

また、錠剤は一つ一つパッケージしやすいため保存期間を長くでき、持ち歩きしやすいというメリットもあります。

仮にレビトラが液体で発売されていたとすると、1回の量に必要な分量をその都度計らなければいけませんが、錠剤ではその手間はなくなります。
含有量の調節も簡単で服用しやすい錠剤は、ED治療薬であるレビトラにとっても適した形といえるでしょう。

一方で、レビトラと同じ成分を持つレビトラジェネリックについては、他の形状で販売されていることもあります。

薬効薬理

レビトラの有効成分は、バルデナフィルと呼ばれるPDE5(ホスホジエステラーゼ5)阻害薬に含まれる成分です。
阻害作用が高く即効性が高いため、ED治療薬に適した成分といえるでしょう。

臨床試験はアメリカとヨーロッパ、そして日本でも行われており、日本で処方される際は外国と比べ少量の処方となっています。

薬理作用として、陰茎にある海綿体および血管を弛緩させるcGMP(環状グアノシン一リン酸)を阻害する働きのある酵素PDE5をバルデナフィルが阻止することで、cGMP量の比率を増加させ血流量を増やすことで勃起の硬度と持続時間を維持する働きがあります。

PDE5の阻害効果については、体内にPDE1から11が存在しているため、ED治療薬を服用した場合の影響は多少なりとも存在します。
しかし、PDE5の干渉から比べると軽微な影響であるため、極稀に副作用として影響するほかに問題はないとされています。

バイアグラのシルデナフィルと比べ、海綿体に対する効果は約3倍程度との研究も臨床試験上で発表されており、より強い即効性がある薬効・薬理であることが証明されています。

ほとんどの男性が10mgのバルデナフィルで十分な効果を得られますが、より強さを求めるのであれば1日の最大量である20mgを服用することで、さらに強力な効果を得ることも可能です。

その場合は、体に異常がないことを確認した上でご使用ください。
万が一、副作用が強く現れるか長時間にわたって収まる気配がない場合は、ただちに医師による適切な治療を受けましょう

バイエルが着目した有効成分

バイエルが注目した有効成分はバルデナフィルと呼ばれるPDE5阻害成分です。

バルデナフィルは、もともとバイアグラに含まれるシルデナフィルと同系列の成分です。

シルデナフィルは狭心症の改善が見込めるとして開発されていた成分ですが、勃起不全の治療に対しても効果があることがわかってからファイザー社が開発、販売した背景があります。

EDに対する初めての特効薬として大きな波を起こしましたが、バイアグラにも改善点はいくつも存在していました。

その改善点をカバーするために、シルデナフィルと同じPDE5阻害薬であるバルデナフィルを有効成分として開発されたのがレビトラです。
レビトラはバイアグラの欠点であった食事の影響を最小限に抑え、バイアグラより即効性が高い2番目のED治療薬として世界に発表されました。

「ED治療薬と言えばバイアグラ」というほど、バイアグラとは世界的な認知度が高い治療薬ですが、レビトラの発売後、そちらから乗り換えたという方も多くいるそうです。

レビトラの開発後、第3のED治療薬としてタダラフィルと呼ばれる有効成分が使われたシアリスが販売されましたが、今もなおレビトラを愛用している方は世界中にたくさんいます。

レビトラの使用方法

レビトラは、日本では病院で処方されることでしか手に入らないため、詳しい使用方法は医師に効くのが一番でしょう。

基本的に、行為を行う30分から1時間前に水かぬるま湯で服用します。

有効成分の吸収を良くするため、服用の際は空腹であることが望ましいとされています。
使用してからの効果のピークは約45分後ですので、その時間に合わせて飲むことで、効果を最大限に発揮できるでしょう。

レビトラに限らず、医薬品の利用期限は薬が入っている箱か、または薬が包装されているシートに記入されていることがほとんどです。
分割でして持ち歩くと使用期限がわからなくなってしまうことがありますので、その場合はメモなどを書き添えて利用期限が分かるようにしてください。

また、医薬品には使用期限が書かれておりますが、それを過ぎた薬は絶対に服用できないということではありません。
使用期限は、薬の開発時にそれ以上時間が経過した薬の品質保証はしていないという意味ですので、薬の効果がなくなるとは限りません。

しかし、保存状況によって大きく品質が変わってしまう可能性があるため、医薬品を保存する際は風通しのよく、日光の当たらない常温の場所で保存しましょう。

高温多湿で放置しておいた医薬品は、中に含まれている成分が変質してしまっている可能性があります。
その場合の薬は体調にどのような影響をもたらすかわかりませんので服用を避けましょう。

レビトラの有効成分バルデナフィル

レビトラの有効成分バルデナフィル

レビトラの有効性分であるバルデナフィルは、ED(勃起不全)改善に対し高い効果を発揮します。

日本で処方されているもので高容量なのは20mgになり、これが1日の最大摂取量とされています。

バイアグラに含まれる有効成分、シルデナフィルと同じく、即効性が高い有効成分であるため、行為をする1時間前に服用することで十分な効果を得ることができます。

バルデナフィルを含むレビトラは、日本国内で特許が有効であるため、ジェネリック医薬品が存在しません。

そのため、バルデナフィルを含んだ商品がED治療薬として売られていても、正規品以外のものは偽物の可能性があり、多少の危険性があることを注意しなければいけません。
バルデナフィルは人気がある成分ですが、そのために偽造品も多く出回ってしまっているのが現状です。

EDの原因であるPDE5を阻害する力

レビトラの有効成分を正しく理解するためには、まず勃起がどのようにして起こるのか、その仕組みの理解が必要になります。

男性が性的刺激を受けるとまず脳が反応し、体内で一酸化炭素が発生します。
この一酸化炭素が勃起のサインとなり、勃起に関わる血管や陰茎の海綿体が弛緩し、血液が急速に流れ込みます。
この血液の圧力により、陰茎は硬く膨張しいわゆる勃起状態を引き起こします。

海綿体に血液が流れ込む際、体内では勃起に重要な役割を果たすcGMP(環状グアノシン一リン酸)というものが発生します。

この成分が増えることにより陰茎は勃起しますが、射精後か性的興奮がおさまることで、PDE5(ホスホジエステラーゼ5)と呼ばれる成分が分泌されcGMPを分解し、陰茎を通常の状態に戻します。

このように勃起は、体内のcGMPとPDE5の作用によってコントロールされています。

レビトラはcGMPを分解するPDE5を阻害する効果を持っているため、強制的に勃起を誘発させるものではなく、勃起が発生してからより硬さを維持させるように作られた治療薬です。

バルデナフィルの作用機序

レビトラの有効成分であるバルデナフィルはcGMPを阻害するPDE5成分を阻害しますが、EDの原因はそもそものcGMPの絶対量が少ない、あるいはPDE5が過剰に生成されるため勃起を促すcGMPが阻害されるなどさまざまな原因があります。

特に、糖尿病などの生活習慣病にかかっている方がEDにかかりやすいとされており、その要因として動脈硬化があげられます。

動脈硬化により興奮しても血管が広がりにくくなり、勃起に必要な血液が十分に陰茎に流れず勃起できなくなりEDの症状として現れることが原因です。

レビトラに含まれるバルデナフィルは、PDE5を阻害する他に陰茎の海綿体にかかわる筋肉の緊張を緩める効果も備わっています。
そのため興奮を感じた際に十分な血液が流れこみ、しっかりとした硬さを維持することができるようになります。

EDには先ほどの通りいくつかのタイプがあるとされていますが、レビトラに含まれるバルデナフィルは、ほとんどのEDに対し70~90%の臨床効果があったとされています。

バイアグラの知名度ほどではありませんが、レビトラも人気があるED治療薬です。

バルデナフィルの他の適応症

バルデナフィルは日本国内で特許が切れていないため、レビトラでしか使用されていません。

ただし、バルデナフィルを含むPDE5阻害薬と呼ばれている成分は、血管の拡張を見込めるために、さまざまな場所で使用されています。

レビトラと同じく、ED治療薬のシアリスの有効成分タダラフィルは肺高血圧症を伴っている収縮・拡張不全型心不全の肺血行動態を改善したとしてニュースにもなりました。

生活習慣病である糖尿病や心不全などによる血液の硬化は、脳や心臓に日々ダメージを蓄積していきます。
バルデナフィルは、より効果の即効性に重みを置いているので持続性は高くありませんが、持続性に優れたタダラフィルは血液の効果を改善する治療薬としての開発も進められています。

バルデナフィルはただ勃起をサポートするだけではなく、身体の中でさまざまな部分に作用し原因を取り除くことで、EDの改善を促します。
その効果が他の病気に使用できるということは、それだけ成分自体に信頼性があるということにもなります。

バルデナフィルは医学ではまだ新しい成分であり、これからさまざまな医薬品に使用されることが予想されています。

レビトラの効果効能

レビトラの効果効能

レビトラはED治療薬として高い評価を受けていますが、その詳しい効果と効能を把握している方はあまりいないのではないでしょうか。

効果と効能という、この二つの言葉の意味には少し違いがあります。「効果」はレビトラを服用することによって、どのような結果を得ることができるかに焦点があてられ、「効能」はレビトラが身体の中でどのような作用を働かせるか、という意味をもちます。

レビトラに関しては、PDE5阻害薬の一つでPDE5を阻害するための効能があり、そしてその効能により効果がもたらされるということになります。

レビトラをただ服用するのではなく、どのような効果効能を持っているか把握することは、より効果的にEDを改善する最善の道になります。
万が一、異常があった際にもいち早くその変化に気づくことができ、より確実にEDを改善することができるでしょう。

効能

レビトラは、有効成分バルデナフィルにより身体にさまざまな効能を引き起こします。

その一つが勃起を鎮めるPDE5(ホスホジエステラーゼ5)を阻害することにより、勃起を引き起こすcGMP(環状グアノシン一リン酸)の分解を遅らせ、勃起のより長い持続時間を実現させます。
身体的な理由としてのEDにも、精神的な理由のEDに対しても同じく効果があり、確実な効果を得ることができます。

また陰茎の血管を拡張し、より多くの血液を流し込む効能もあります。
この効能は副作用にも関係しており、実際に拡張される血管は陰茎だけではなく全身の血管が対象になります。

全身の血管が拡張されることにより、血管が下半身にたまりやすく、上半身に供給されにくくなってしまうため、脳に血液が足りなくなります。
そのため、頭痛や眩暈を結果として引き起こしてしまう要因とされています。

レビトラは他の代表的なED治療薬であるバイアグラやシアリスに比べ即効性が高くなっていますが、一方でこの効能により作用と副作用も早くあらわれることも少なくありません。

服用する際は副作用が起こることを意識し、限度量以上のレビトラを服用せず、自分にあった効能を得るための量を確認することが重要です。

効果

レビトラは、有効成分バルデナフィルの働きによりED(勃起不全)や、行為中の中折れを防ぐ効果があります。
その他のED治療薬としてバイアグラやシアリスが存在しますが、その効果と比べ特徴的なのはより早く効果が発揮され、副作用が比較的少ないことです。

通常日本人の適量は10mgとされていますが、1日の最大量である20mgを服用することで効果の強さもより実感できる薬になっています。

効果を現れる時間は、服用後15~30分が目安です。
バイアグラは30分~1時間、シアリスは1~2時間程度ですので、レビトラはED治療薬の中でも特に即効性に優れた治療薬ということがわかります。

効果には副作用も伴いますが、レビトラはバイアグラを改良した薬であり、副作用は若干軽減されています。
主な副作用として頭痛や顔のほてり、目の充血など、バイアグラの副作用とさほど変わりません。

レビトラの有効成分バルデナフィルの特性上、これらの副作用は服用する方のほとんどが経験されることになります。

その副作用が重篤な症状になったケースはほとんどなく、時間とともに収まるものとされています。

臨床データから見るレビトラの影響

通常、医薬品は製造される際に綿密な試験がおこなわれ臨床データが集められます。
ドイツやアメリカはもちろん、日本で販売される際には日本人を対象とした臨床試験も行われました。

具体的な方法として、レビトラ5mg、10mg、20mgを、行為を行う1時間前に1回、それを12週間続けた際の効果を試験しました。
その結果、実際に効果があったと感じたのは5mgで73%、10mgで85%、20mgで86%と有意な結果を得ることに成功しています。

また健常者だけではなく、EDになりやすい生活習慣病を患わっている方、また前立腺に病気を持っている方などさまざまな方を対象とした試験も行っています。

その他に、2年にわたる長期の投与試験を行っており、勃起機能の改善が2年後まで継続して効果を発揮したという結果もありました。

このようなデータを総合し、日本人へのレビトラの推奨投与は10mgとされています。
そのため、レビトラが発売された当時は5mgと10mgの2種類でのみでした。

現在は、糖尿病などの方において10mgでは効果が出にくいため、20mgの処方もされています。
日本人の最大量は20mgであり、10mgでも健康な方ならば十分な効果を得ることができます。

レビトラの服用方法

レビトラの服用方法

ED治療薬とされるレビトラは、服用にいくつかのポイントがあります。
まずED治療薬と呼ばれていても、常用することでED(勃起不全)が完治することはありません。

EDは身体的、精神的な側面が大きい病気であり、レビトラはあくまで行為を行う際のサポートをする治療薬です。
EDを完治させるには、根本的な病気の原因を取り除き、生活習慣病やストレスを軽減しなければなりません。

レビトラのようなED治療薬は、行為を行う前にどのくらい前に服用すればいいかということを、薬が処方される時に説明されます。

食事やアルコールを摂取しているか、他の薬を常用しているのかなど、その時の身体の状態により効き目は大きく変化するためで、レビトラの効果を最大限に引き出せるようにポイントを確認していくことが大切です。

作用時間

レビトラの作用時間は服用後15分から30分、その後4時間から5時間程度の作用時間とされています。

血中濃度のピークはおよそ45分で、服用後、有効成分が急激に浸透していきます。
レビトラの場合はバルデナフィルの血中濃度が上がり、45分程度を境にゆっくりと下降していきます。

そのため、効き目が最大の時に性行為を行いたい場合は、効き目が上昇し続ける時間を計算して服用することが必要です。

また作用時間に関するバルデナフィルの半減期は、10mgの服用で3時間から5時間とされています。

半減期は薬の血中濃度のピークから、ちょうど半分に血中濃度が落ちる時間のことをいい、半減期は薬の効果が切れている目安ともなります。
半減期は人により差が大きいとされていますが、その原因は薬の代謝に一人一人個人差が生まれやすいためです。

空腹時に服用した場合や食事後に服用した場合、若い方や高齢の方でも代謝には違いがあります。

作用時間が気になるのであれば、服用後はなるべく早めに行為をすることが好ましいですが、自身の作用時間がどのくらいなのか先にテストしてみるのも有効な方法です。

レビトラの飲み方

レビトラは錠剤で、水に溶けやすい医薬品です。
そのため、水かぬるま湯で服用することが好ましいでしょう。

効き目は個人差がありますが15~30分程度で現れるので、行為を行う直前に服用したとしても問題ありません。

レビトラはバイアグラの改良品ですが、その改良した1つに食事の影響が受けにくいという点があります。
バイアグラは食事の状況により効果に差がありましたが、レビトラではその差が出にくいとされています。

まったく副作用が出ないということではありませんので、可能であれば一番効果が得られる空腹時に服用するのが望ましいでしょう。

レビトラの1日の最大量は20mgまでで、次にまた服用が必要になった場合は24時間の感覚を空ける必要があります。これはレビトラだけではなく他のED治療薬も同じで、違う種類のものを服用する場合でも時間を空けておきましょう。

ED治療薬の中には24時間以上作用時間があるシアリスというED治療薬もありますが、24時間経過すれば新しく服用しても問題ないとされています。

ですが、あまり服用しすぎても副作用の方が強く出てしまう危険が高いため、まだ効果がある、と感じる場合は安全を取って服用を控えたほうが良いでしょう。

有効成分バルデナフィルの食事の影響

レビトラより以前のED治療薬バイアグラには、食事によって薬の効果が変わってしまう欠点がありました。
ED治療薬は胃で吸収されるため、胃に食べ物が入ってしまうと吸収スピードが落ちてしまうためです。

レビトラはバイアグラのそのような欠点を、ある程度克服しているED治療薬ですが、完全に影響がないわけではありません。

大量の食事やアルコールを摂取した後にレビトラを服用するのと、全く食事をせずにレビトラを服用するのでは効果に違いがあります。
効果を最大限発揮したいのであれば、空腹時に勝るものはありません。

もし食事をするとしても、脂質が少なくあっさりした食事ならば、レビトラへの影響はほとんどないといった報告もあります。

女性と行為を行う前に、食事を一緒にする場面は少なくありません。
そのような場合は、食事の30分程度以前に薬を服用するのがよいでしょう。

レビトラは10mgでも、その効果時間は4~5時間程度あるとされています。
バイアグラより食事の影響は改善されていますが、行為を行う際に大切なのは食事よりもレビトラを服用するタイミングです。

錠剤ならば持ち運びも用意なので、いつでも服用できる状況を作っておきましょう。

他のED治療薬との比較

ED治療薬にはさまざまな種類がありますが、日本の病院で処方される治療薬は大きく3種類あります。
最初のED治療薬であるバイアグラ、2番目に開発されたレビトラ、3番目に開発されたシアリスです。

バイアグラは最初にできたED治療薬で、実績と安心感がある薬です。
世界的にも有名で、バイアグラしか使用しないという方も多いほど人気の高いED治療薬です。

食事の影響を受けやすい薬ですが、効果は安定しており、服用後30分~1時間程度で効果を感じることができます。
持続時間は4~5時間程度です。

レビトラは即効性と強さが特徴です。
食事の影響を若干受けますが、早い方で15~30分程度で効き目を感じることができます。
持続時間は4~5時間程度です。

シアリスは一番新しい薬であり、食事の影響が全くないこと、長い持続時間が人気のED治療薬です。
服用後、効き目を感じるのは1時間程度と少々長いですが、最大36時間効果が持続します。

それぞれのED治療薬に独自の特徴がありますが、どの治療薬も基本的には行為を行う1時間前程度に服用することで十分な効果を得ることができます。
人によって相性も違うので、効き目に疑問があるならば他の薬に変えてみることもできます。

レビトラの副作用

レビトラの副作用

ED治療薬とは、医学的な治験のもと作用が証明された医薬品ですので、レビトラにも副作用がある程度存在します。
バイアグラと比べレビトラの副作用は軽微とされていますが、レビトラに含まれるバルデナフィルの効果から、効き目と副作用は同じように現れます。

副作用には、主に起こる副作用と稀に起こる副作用が存在します。

主な副作用はED治療薬を服用した際にほとんどの方が感じる副作用です。
あまり重篤なものはなく、時間が経つにつれ薬の効果と一緒に薄れていきますので、発現しても問題はありません。

稀に起こる副作用については、ED治療薬との相性やその時の体調などにより発生します。
軽度なものから明らかに普段と違う体調になってしまうこともありますが、通常通りの服用を心がけていれば自然と収まる症状です。

主な副作用

レビトラの主な副作用として、頭痛や動悸、顔全体のほてり、目の充血などがあげられます。
これらはバイアグラの副作用とあまり変わりなく、ED治療薬を服用した後多くの方に発生する効果といって良いでしょう。

これらの副作用の発生にはバルデナフィルの作用が関係しています。バルデナフィルは陰茎により多くの血液を送るために、硬化し血液が流れにくくなった血管を拡張し血流改善を促します。

しかし、バルデナフィルの血流改善効果は陰茎だけにおよぶわけではありません。

血管は毛細から動脈、静脈までさまざまな種類があり、身体の全体に駆け巡る血管を拡張することになります。
血液が流れる血管を拡張したとしても、血液の全体量が変わるわけではありません。

そのため、血管を拡張することにより血液は下半身に集まりやすくなり、脳や心臓を含む上半身には血液が足りなくなります。
頭痛や顔のほてりなどはその際に起こる現象であり、バルデナフィルの効果が効いてきた証明ともいえるでしょう。

頭痛が強く出て気になる方は、市販されている頭痛薬などで対策することもできます。
頭痛薬は併用禁忌薬とされていませんので、先に服用してからレビトラを服用するのも一つの方法です。

稀な副作用

レビトラの稀な副作用として、光が強く見える、色覚が変化する、めまいや下痢などさまざまな症例があります。

発生する確率は、臨床試験ではめまいが10%以下、色覚に関する異常は1%以下となっておりますが、副作用にどのようなものがあるかを確認しておくことは使用する際に非常に重要です。

レビトラが色覚に影響を与える原因としては、ED治療薬に共通するPDE5(ホスホジエステラーゼ5)阻害薬の作用が関係しています。
PDE5は勃起を鎮める役割を持ちますが、それとは別にPDE5と構成が近い酵素PDE6という似通った酵素も存在します。

構成が近いため、PDE5阻害薬はPDE6にも極小さな影響があるとされています。
このPDE6は眼の網膜で生成されていることから、PDE5阻害剤が色覚にも変化をもたらすと考えられています。

このような副作用は、どれもレビトラの効果が発揮しているうちに起こるもので、レビトラが代謝されるにつれて徐々に収まっていくものです。

しかし、時間が経っても収まらない、もしくは性的興奮がおさまってから勃起が4時間以上続く場合は、ただちに病院での治療を受けてください。

レビトラの使用上の注意

レビトラの使用上の注意

レビトラの効果は、服用するタイミングによって左右されます。
一方で、服用に注意する方や、服用できない方もいます。

レビトラは医薬品ですので、もともと持っていた持病や、そのために服用している薬との相互作用により悪影響がでることもあるためです。

レビトラは主にPDE5の阻害と血管の拡張の2つの作用が中心となりますが、違う薬でも同じ効果のものを常時服用している場合、その効果が強く出てしまい身体に思わぬ影響を及ぼしてしまうことも少なくありません。

病院で処方される際は事前に注意事項として説明されますが、レビトラのようなED治療薬は処方以外の入手方法があります。
その場合は、自身の知識で補う必要があります。

服用に注意する人

レビトラは強力なED治療薬ですが、万人に等しく効果があるわけではありません。
その日の体調や精神の状態、食事1つでも、その効果には差があります。

レビトラの服用に注意しなければいけない方は、持病を持っている方、高齢の方です。

主に肝臓や腎臓、血液などの疾患に伴い、治療薬を常用している方はレビトラを使用できません。

これらの薬を服用している場合、レビトラに含まれるバルデナフィルの効果と同じ作用がある可能性があるため、その効果が相互に強くなり作用も副作用もより強く現れる危険性があります。
そのため、処方には医師の判断が必要な場合があります。

また高齢の方については、歳を重ねるにつれ常用する薬が増えることや、体力が弱ってくることで、レビトラを服用してもうまく身体が代謝してくれないといった理由があげられます。

薬が長時間身体に残ってしまうことで成分が身体から抜けなくなり、副作用が残る原因になりえます。
もともと加齢はED(勃起不全)の大きな要因になりますが、代謝そのものが落ちることで医薬品に対しての耐性も低くなるためです。

併用注意

医薬品にはさまざまな飲み合わせが存在し、その中でも近しい作用がある薬を併用注意薬として注意を促す場合があります。
バルデナフィルを含むレビトラにも併用注意薬は存在します。

その1つに、CYP3A4阻害薬と呼ばれるものがあります。
代表的な薬として、フルコナゾールやクラリスロマイシンなどがあげられます。

CYP3A4はレビトラ内のバルデナフィルを代謝するための酵素です。
その数が少なくなってしまうことで、薬の成分が代謝される血中に残り作用が強く出たり副作用が長く続いたりといった恐れがあります。

またCYP3A4阻害薬とは逆に、CYP3A4誘導薬もあります。
こちらは代表的な薬としてリファピシンなどが存在します。

CYP3A4誘導薬はバルデナフィルの代謝を助けるもので、通常よりもより速い速度で代謝を促してしまうため、バルデナフィルの効果が短くるか、効果自体が薄くなってしまう可能性があります。

身近なところでは、グレープフルーツを含むもの飲食物も併用注意とされています。
その理由として、グレープフルーツ内のフラノクマリン類がCYP3A4阻害薬と同じ働きをするためです。
思いがけない危険につながる可能性もありますので、レビトラを服用する際は気をつけなければいけません。

服用してはいけない人

過去にレビトラに含まれる成分を摂取して、アレルギー反応を起こした方はレビトラを使用できません。

心臓に障害がある方、性行為を禁止されている方、先天性のQT延長のある人、抗不整脈薬を使用している方、腎臓や肝臓に重い疾患・障害をお持ちの方、治療を受けていない低血圧・高血圧の方、不安狭心症の方、網膜色素変性症の方、6カ月以内の脳梗塞・脳出血・心筋梗塞の既往歴がある方は、血管拡張作用により症状が悪化するため服用できません。

ED治療薬はリスクなしに服用できるものではありません。
有効成分が体内から作用するため、ある程度は身体に負担をかけることになります。

男性にとってEDを改善し満足のいく性行為を送ることは大切ですが、薬の性質を無視してED治療薬を使うことはおやめください。

レビトラは基本的に病院で処方されるため、はじめて利用する方は医者のアドバイスにより処方してよいのか、それとも自分には危険なのか相談することもできます。

併用禁忌薬

レビトラの併用禁忌薬はいくつかの種類があります。

まずアイスラールやニコランジルなどの硝酸剤を含んだものについて、硝酸剤は飲み薬だけではなく、貼り薬や注射、スプレーにも含まれている場合があります。
硝酸剤を含む薬を併用することで、血圧を過度に下げてしまう危険性があり、病院では同時に処方されることはありません。

カトレラ、テラビックなどの抗ウイルス薬、HIV治療薬も、レビトラと併用することにより血中濃度が過度に上昇して副作用が強く残ってしまうことがあるため、同時に処方されません。

シノベジールやファンミンなどの抗不整脈の薬は、心臓と脈のリズムが乱れてしまう病気であり、血液の循環を不安定にします。
レビトラには血管を拡張し血液を流しやすくする作用がありますが、不整脈の薬と競合して心臓の血液を送る機能に異常をきたしてしまう可能性があります。

レビトラに限らず、バイアグラシアリスにも併用禁忌薬は存在します。
もしすでに服用し続けている医薬品があるか、持病が持っている場合は、レビトラなどのED治療薬を服用する前に上記の薬に該当するか確認しましょう。

レビトラのジェネリック医薬品

レビトラのジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品は、最近になって日本でも認知されてきました。
もともと開発されていた薬を先発薬とし、その特許が切れてからより早い開発スピードで、同じ成分や用法用量で作られた薬のことをジェネリック医薬品と呼びます。

特徴は、なにより安価なことで、開発にかかる費用が短縮されているため、先発薬よりも大きく値段を抑えることが可能になっています。

しかし、国内でレビトラジェネリックを販売している場所はありません。
レビトラが認可されたのは2004年のことで、国際特許がまだ有効なためジェネリック医薬品を売り出すことができないためです。

レビトラジェネリックの開発

国際特許が有効なレビトラでも、すでに開発を行っている国があります。
その中でもインドは積極的にジェネリック医薬品の開発を進めています。

インドと日本の特許の形態は違いがあり、通常日本では製薬方法、効能、成分、用法用量の4つをまとめて特許としますが、インドでは製薬方法が違えば中身は同じでも全く別の薬として申請することができます。

そのため、インドはレビトラ以外でもジェネリック医薬品が多い国として周知されています。

日本と同じくインドでも臨床試験はおこなわれていますので、医薬品に対しての信頼性は高く、インドではジェネリック医薬品を専門とする企業もあるため安価なジェネリック医薬品を求める人に対し輸出も多くされています。

日本でもインターネットを使用すれば手に入れることはそれほど難しくありません。
一部の薬は国境なき医師団でも使用されています。

その反面で、医師の診断を受けず、自分の判断のみで薬を使用する行為はいくつかの危険が伴います。
購入した医薬品は本物なのか、自分の身体に合っているか、専門的な知識を持たない人に相談するのは難しいことです。

時には薬の服用が重大な事故につながるため、ほとんどの医師は正式な医療機関以外から提供されたレビトラジェネリックの使用を認めていません。
そのため、国内で認可されていないジェネリック医薬品の使用は自己責任になります。

多様な種類

現在、レビトラジェネリックは、多種多様な商品が販売されています。

ジェビトラはドイツ、サンライズレメディーズ社から発売されているジェネリック医薬品です。
レビトラと同じ量のバルデナフィルを配合しており、水に溶けやすく、飲酒の影響を受けにくいというメリットがあります。

20mg、10錠で2,000円程度と、本来のレビトラの価格よりも1/10ほどに抑えられています。
また、日本人の最大量を超えている40mg、60mgのものも販売されています。

ブリトラもインドの製薬会社、センチュリオン社から販売されているED治療薬です。
こちらも、レビトラより安価で購入が可能です。

ブリトラの有効成分もバルデナフィルと同じなため、基本的な効果や効能は変わりません。
また服用タイミングなども変わらず、使用感はほとんど一緒です。

シルビトラはレビトラとバイアグラを合わせたED治療薬になります。
即効性と強靭な勃起力を実現したサラブレットとして、人気が高いED治療薬のひとつです。

ジェネリック医薬品は、本来の用法用量を守っていれば、形や飲み方に制限はありません。

形状タイプ

レビトラはもともと即効性が特徴のED治療薬ですが、より即効性に特化したレビトラジェネリックも存在します。

その1つがジェビトラゼリーです。その効果の速さはおよそ10分前後と、ゼリーにすることにより吸収を早め、より効果を実感するまでの時間を縮めています。
メリットは吸収が速いことだけではありません。

錠剤では服用に水が必要不可欠ですが、ゼリー状の薬はそのまま服用することが可能です。
また小さな包装紙に包まれているため、財布やポケットに一つ忍ばせておくことで簡単に服用することができます。

ジェネリック医薬品は先発薬から開発されることもあり、先発薬の欠点を克服しているものも多くあります。

レビトラの15~30分とED治療薬の中では早い効き目も、錠剤タイプより吸収しやすい剤型のものを開発することで、さらに効果発現時間を早めることを可能にしたジェネリック医薬品も販売されています。

ですがジェネリック医薬品は、現在の日本の基準からすると全て未認証の薬であり、国内においては違法に製薬された医薬品という扱いです。
より安全にED治療を行いたいのであれば、病院で認可されているED治療薬を処方してもらうのが一番良い方法でしょう。

レビトラジェネリックで有名な「バリフ」とは

レビトラジェネリックの中でも特に有名なものに、バリフと呼ばれるED治療薬があります。
バリフは、インドのアジャンタファーマ社が製造、販売している薬で、レビトラと同じくバルデナフィルを主成分として販売されております。

バリフが有名な理由は2つあります。

1つは、アジャンタファーマ社がジェネリック医薬品で有名な会社であることと、製造されているジェネリック医薬品がバイアグラジェネリックカマグラゴールドや、シアリスジェネリックであるタダリスSXなど、ED治療薬のジェネリック医薬品として実績も高く、評価の高い医薬品ばかりであるということです。

もう1つの理由として、ジェネリック医薬品の多様性を前面に押し出しているためです。

バリフはタブレット型とゼリー型の2種類があり、特にゼリー型はオレンジ・パイン・バナナ・ミント・イチゴ・バタースコッチ・カシスと7種のフレーバーで販売され、価格も低く設定されているため薬が苦手な人でも抵抗なく服用できることが魅力です。

レビトラジェネリックとしてインドで販売されていますが、日本ではレビトラジェネリックは認められていないため、あくまで使用は自己責任となります。

レビトラジェネリックのメリット

国際的にレビトラの特許は認められていないため、レビトラジェネリックは日本には存在しません。
しかし、先発薬であるレビトラは1錠1,500~2,000円と高価で、病院だけでの処方となり、処方された場合も必要最低限の量しかされない、というのが現状です。

そのような入手方法しかないために、日本でも「同じ効果」で「安く」「さまざまな形状で使い分けられる」ジェネリック医薬品の需要が高まったといってもよいでしょう。

日本ではジェネリック医薬品の名前が広まっていったのはまだ最近で、それも日本の医療費が高騰しているという、どちらかというとマイナスの原因から来ています。

ジェネリック医薬品は正しい入手経路と、正しい知識を持った使い方をすれば決して怖い薬ではありません。
ですが、基本的な成分の知識や作用を知らないで使った場合の悪影響は少なからずあります。

初めてレビトラを使用したいと思った方は、まずアドバイスを聞ける病院から処方してもらう方が安全でしょう。

レビトラの偽物に注意

レビトラの偽物に注意

レビトラジェネリックを購入する場合は、偽物に注意をしなければいけません。

これは国内ではレビトラジェネリックが存在しないため確認が容易ではないことと、海外で使用されている薬の入手する場合には個人で輸入の取引をしなければいけないという理由からです。

日本人にとってネット通販は身近な購入手段ですが、安全な国内通販に慣れていて、購入した商品が偽物である可能性を考えない方も少なくありません。

日本国内ではほとんどの通販は安全に利用できますが、取り締まりが追い付いていないため海外では偽物も多く流通しています。
特にED治療薬は偽物が多く、偽物に気づけず服用し身体に重い障害がでることも珍しくありません。

レビトラの国内処方

レビトラは、特許が残っているためバイエル社から販売されているレビトラのみが病院やクリニックで処方されます。

ED治療薬の国内での処方は健康保険の対象外で自由診療の扱いになり、費用が高額になることがほとんどです。
一方で保険対象外のため保険証の提出がいらないので、健康保険証をなんらかの理由で持ち合わせていない場合でも処方を受けることができるのは1つのメリットでしょう。

レビトラの処方を受ける際、EDを専門に扱っている病院の方が、より詳しい説明を聞くことができます。
レビトラには併用注意薬や併用禁忌薬が存在して、高齢になるにつれ併用が危うい薬を服用している確率も高まりますので、1つでも不安要素がある場合は医師に相談しましょう。

持病や生活習慣病の疑いもあるなら、処方前に相談することで適切な判断が仰げます。

またレビトラはED治療薬と位置付けられてはいますが、EDの根本的な治療にはならないことは忘れてはいけません。

他にも、性感染症を防ぐ効果はないこと、女性には効果がなく反対に気分を害してしまうことがあることなど、多くの注意点があります。

服用する際は効果的なタイミングがあり、そのタイミングは服用する個人で差がありますので、専門医ならばそのような点についても相談できます。

海外医薬品の個人輸入

海外医薬品の個人輸入は、日本独自の制度です。

日本では処方される医薬品のインターネット販売が禁じられていますが、それと同じような薬を海外から個人輸入することは認められているため、法にのっとり正規のルートで輸入の取引をおこなえば処方せんがなくても薬を手に入れることができます。

医薬品の個人輸入は他の国々で認められていないことも多く、アメリカやドイツなどでは、同じ方法で簡単に医薬品を手に入れることはできません。

厚生労働省のホームページでも、医薬品の個人輸入にはいくらか触れられています。
実際に個人輸入を行う際には、注意事項を中心に一読しておくことが望ましいでしょう。

厚生労働省ホームページ〔医薬品等の個人輸入について

個人輸入は、処方せんがなくても医薬品を購入できることや、薬自体の金額を安価におされられること、日本にはないジェネリック医薬品を購入することができるなどさまざまなメリットが存在しますが、メリットだけではなくデメリットも存在します。

そのデメリットの最たるものが、医薬品の偽物を購入してしまう危険性です。
また、外国語での取引や輸入の手続きをすべて自分ひとりでおこなわなければいけない手間も、個人輸入が気軽にできない要因になっているといえるでしょう。

偽造品について

医薬品の偽造品は、海外ではよくある話です。

しかし日本では保険診療が中心で、すぐに通える距離に病院がある場合が多く、そのため病院で処方される医薬品を当たり前として生活できるため、偽物がでまわっていることに考え及ばない人も多くいます。

薬の偽物が問題としてあがったのはつい最近のことで、インターネットやSNSなどの発達によりその問題が広く周知されるようになってきました。

レビトラなどのED治療薬は偽造品が特に多く、輸出されている薬の半数が偽物だったという調査もあります。
日本では、輸入に対して諸外国と比較して寛容ですが、あくまで自己責任のもとにおこなうことを前提とされています。

酷いケースになると、疑いを持たない客をターゲットとして、偽造品を送りつける業者も少なくはありません。

偽造品の被害は毎年増えてきており、昨今では病院で処方された薬が偽物だったニュースもあります。
昔のように、病院から処方される薬も絶対に安全とは言い難くなってきています。

偽造品で起きた事故

日本でも偽造品である薬を服用し起きた事故は、報道こそあまりされませんが件数は多くなっています。
そのいくつかを紹介します。

2011年には奈良県にてED治療薬として購入した錠剤を服用した男性が、意識障害を起こし病院へ搬送され死亡しています。
この死因とED治療薬にどのような効果があったのかは解明されていませんが、死亡された衣服からはED治療薬らしい錠剤が見つかりました。

インターネットで購入した医薬品は、その性質上、海外から購入の場合どこから送られてきているのかを調査するのは難しくなっています。
そのため、その偽造品がどのような成分を含んでいるかを調べることにも手間がかかりますし、最悪の場合は命の危険もあります。

海外でもED治療薬の偽物は話題になっており、他の漢方薬と服用したところ、低血糖症になり搬送された事故がありました。こちらも偽物の薬の効果が漢方薬と相性が悪かったか、薬そのものが使用者の身体に影響を与えたとされています。

このように、死亡事故や重傷化などED治療薬の偽造品を使用して重篤な被害が出ている方の他にも、実際に軽度な悪影響のある偽の薬を服用している人は数えきれないほどいると考えられています。

レビトラの購入方法

レビトラの購入方法

レビトラの購入方法は大きく分けて2つあります。

1つは病院で処方してもらう方法、そしてもう1つは海外からの個人輸入による方法です。

病院での処方は、さまざまなハードルがあります。まずレビトラ1錠に対しての値段が一番わかりやすいハードルでしょう。

レビトラにかかわらず、バイアグラシアリスなど、日本で処方されるED治療薬は1錠1,500~2,000円と、かなり高額になっています。そのため、経済的な負担が高まり継続的に服用できない方も少なくありません。

海外からの個人輸入は安価ですが、その分国内での処方よりもトラブルが多く報告されています。

どちらもメリット、デメリットがありますが、それぞれの方法を知ることで自分に合ったED治療薬を選ぶことができるでしょう。

レビトラの国内処方は自由診療

レビトラは国内で処方される場合、自由診療のみとされています。
この自由診療が、1錠の値段が高価になる理由です。

日本では保険診療として保険証があれば、診療や薬にかかる費用が3割から1割で済みます。
しかし、この保険診療はあくまで病気になった時、全員が平等に受けられる範囲内での治療に限られます。

ED(勃起不全)は病気ですが、日本では治療をおこなわなくても生命の維持に問題はないとされるEDの検査や治療には、一切保険を適用することができません。
またED治療薬に対しても根本的な治療にならず、一時的に行為の手助けをするだけのものとして厚生労働省は位置づけています。

よって、国内で医師のもとED治療を行うためには、高い治療費を払い続けて、レビトラなどのED治療薬を処方してもらうしかありません。
このような理由から、安価な海外ジェネリック医薬品がインターネットで多く出回るのは仕方のないことでもあるのでしょう。

日本でこのような状況が改善されるためには、ED治療薬が保険の適用内になるか、またはレビトラの特許が切れて日本国内でレビトラジェネリックが開発されるまで待つ必要があります。

薬局・ドラッグストアでは取り扱えない

レビトラは、国内処方でも自由診療でのみ取り扱うことができます。
昨今ではドラッグストアなどでも病院で処方されるような薬が販売されていますが、レビトラなどと同じく、本当にED治療を目的とした商品はほとんどないといってもよいでしょう。

しかし、ドラッグストアには精力剤と名がついた商品がいくつか販売されているのも事実です。
それらは、EDに対してまったく効果がないわけではありません。

市販の薬は主に血流の改善を謳ったものが多く、血液の流れがスムーズになることで勃起に対しても多少の効果があります。当然ながら、レビトラやバイアグラなど病院で処方される薬の効果よりは数段低いものになりますし、実際にEDに対して劇的な効果が認められることはないでしょう。

少なくとも今現在の日本では、レビトラが薬局やドラッグストアで売られることはありません。
もし同じような商品を見つけても、それがどのようなものなのかしっかりと確認することが大切であり、これはネット通販で購入する場合でもよく確認する必要があります。

信頼性の高いレビトラを求めるのであれば、病院で診察して処方してもらうか、信頼できる個人輸入代行サイトで購入するのが、一番安全な方法でしょう。

レビトラの通販事情

「レビトラ」とインターネットで検索すると、数々の商品が並びます。
それらの商品は、レビトラはもちろんレビトラジェネリックなど病院で処方してもらうよりはるかに安価な値段で販売されています。

病院での処方以外でレビトラを手に入れる方法として、個人輸入の他に個人輸入代行サイトを利用した通販があります。
インターネットで検索し、まず出てくるのはこういったサイトの方が多いでしょう。

個人輸入代行サイトは、レビトラを求める個人が直接買い付けるのではなく、すでに医薬品を買うルートを持っている業者が継続的に買い、そこからまた実際に使用する個人へと送るというシステムになります。

この場合、通販を初めて使用する方より、すでに買い付けのルートができている個人輸入代行サイトを通したほうが、安全に購入することができます。

個人で直接買う場合、経験や知識がない状態では偽造品を見破りにくく、偽造品を服用しどのような症状を起こすかわかりません。
不確かなルートを使った場合の医薬品の、およそ5割の商品は偽造であるという報告もされています。

その点、個人輸入代行サイトでは偽造品を避けるルートが構築されており、有名なサイトであればその実績も高く、海外で売られている本物のレビトラやレビトラジェネリックを購入することができます。

レビトラのまとめ

レビトラのまとめ

レビトラは第2のED治療薬として販売され、世界的にも大きなシェアを実現しました。
他の薬と比べ即効性が高く、食事の影響を受けにくい点は、初めてのED治療薬であるバイアグラと比べ魅力的な点と言えるでしょう。

しかし日本のED(勃起不全)の治療は遅れているため、国内での処方の際には保険が効かず、病院でしか手に入れられないことから、信頼できる輸入代行サイトでの通販で購入する人は年々増えています。

EDに悩んでいる方にとって、レビトラやレビトラジェネリックはとても魅力的な薬であることは間違いありません。

どのようにレビトラを入手するか、そのルートをしっかりと考え、正しい使用方法で効果的なED治療を行っていきましょう。

参考文献

KEGG-レビトラ
ED-info.net

関連商品

レビトラ

レビトラ

レビトラは、ドイツのバイエル社が開発したED(勃起不全)治療薬です。
日本では、バイアグラに次ぐ2番目に厚生労働省から承認されたED治療薬となり、2004年から販売されています。
有効成分であるバルデナフィルは、3大ED治療薬の中で最も即効性が高く、最短15分で効果が現れます。
効果の持続時間は、バルデナフィルの含有量で違い、10㎎で5~6時間、20㎎で8~10時間とされています。

>>レビトラ
バリフ

バリフ

バリフは、インドのアジャンタファーマ社が開発したED(勃起不全)治療薬です。
先発薬レビトラ同様に即効性に優れており、性行為の直前に飲んでも十分な勃起力を発揮します。
さらに、成分含有量20mgで効果が最大10時間持続するという点も高い評価を得ています。
食事の影響も少ないため、予定外のタイミングでもすぐに対応できる利便性が人気の商品です。

>>バリフ
ブリトラ

ブリトラ

ブリトラは、センチュリアン社が開発したED(勃起不全)治療薬です。
即効性のあるレビトラのジェネリック医薬品で、服用から約15分で効果を現す特徴を持っています。
バイアグラよりも服用時の食事の影響が少なく利便性に長けています。
即効性だけでなく、持続性にもすぐれていますので、有効成分バルデナフィルの含有量20mgで8時間~10時間程度の効力が見込めます。

>>ブリトラ
ジェビトラ

ジェビトラ

ジェビトラは、インドのサンライズレメディーズ社が開発したED(勃起不全)治療薬です。
新薬であるレビトラ同様、3大ED治療薬の中で最も即効性が高く、最短15分の効果発現が見込めます。
バイアグラに比べ、食事の影響も受けづらくなっているというメリットもあり、急なタイミングでも対応できる手軽さが人気の商品です。
新薬同様の有効性や安全性があり、安価で購入することが可能です。

>>ジェビトラ
サビトラ

サビトラ

サビトラは、インドのサバメディカ社が開発したED(勃起不全)治療薬です。
先発薬であるレビトラ同様の有効成分バルデナフィルを含んでおり、最短15分で効果が現れるという即効性があります。
また、バイアグラの弱点でもあった食事の影響も受けづらくなっています。
コストパフォーマンスもよく、出費を抑えてEDを治療することが可能な商品です。

>>サビトラ

最近見た商品

トップへ