お薬通販部
クロルプロマジン クロルプロマジン

クロルプロマジン

(0件の口コミを見る)

クロルプロマジンは統合失調症や躁(そう)病、抑うつ状態、不安神経症などの症状緩和に用いられる医療用医薬品です。

脳内のドーパミンに直接作用して興奮や喪失感、不安感などを鎮めます。

特に統合失調症や躁病の発作で攻撃性が強まった時には頓服薬としても用いられ眠気を強める作用があり神経を安定させることから不安障害の発作を抑える安定剤としても用いられています。

躁うつ病や統合失調症では一般的な抗うつ剤だけでは治療が難しいためクロルプロマジンが併用されるケースもあります。

  • 在庫あり
  • 5~14日
    ※発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
    ※離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

10,000円以上送料無料、郵便局留めOK、荷物追跡OK

クロルプロマジン 100mg
内容量 販売価格 ポイント 1錠単価 注文
100錠 3,230円 96 32円

商品詳細

特徴

統合失調症や躁病、不安神経症などの精神疾患は脳内のドーパミンが異常に増えて強い興奮状態におちいります。

クロルプロマジンは向精神薬の一種ですが、ドーパミンの過剰分泌を抑え脳の異常興奮を鎮めるという作用があります。

効き目が強い反面副作用や依存性が強い薬なので服用にあたっては十分な治療計画を立てたほうが良いとされています。

そのため精神科医(心療内科医)、薬剤師との連携はとても重要だといえるでしょう。

効果

脳が異常興奮することでおこる幻覚、幻聴、強い不安感、緊張からくる震え、発汗、発赤、口渇感、しゃっくり、興奮状態などを改善する働きがあります。
主な適用疾患は統合失調症、躁病、不安神経症、抑うつ状態などです。

作用時間

半減期(服用から薬の作用が弱まるまでの時間)が16時間〜30時間と長いため1日1回の服用で良い薬です。

依存傾向が強い方は過剰服用しやすいので十分注意してください。

適応症状

・統合失調症の方
・不安神経症や不安障害の方
・躁(そう)病の方
・抑うつ感でお悩みの方

有効成分

フランスの海軍医だったアンリ・ラボリが1954年に発見したクロルプロマジンが有効成分です。
薬の分類は向精神薬の中でも安定剤のメジャートランキライザーに分類されています。

製薬会社

DDファーマ

用法用量

服用方法

成人の場合は1日30mg〜100mgを2〜3回に分割して水かぬるま湯で服用します。

自覚症状が強い場合には1日450mgまで適宜増量可能です。

眠気を催すことがあるので服用後は車やバイクの運転は控えるようにしてください。

推奨用量

統合失調症の治療には広く用いられている薬がクロルプロマジンです。統合失調症は珍しい病気ではなく100人に1人の割合で発症するといわれています。統合失調症や躁病では脳の異常興奮が起こり、ドーパミンやノルアドレナリンという神経伝達物質が過剰分泌されています。クロルプロマジンはこれらの興奮物質に直接作用して抑制する薬です。
精神疾患は完治が難しいためクロルプロマジンを症状に合わせて適宜増減しながら長期服用するケースが多くなります。
そのため定期的に精神科や心療内科の診察を受けるようにしてください。

服用時の注意

日本ではクロルプロマジンは劇薬に指定されているので、服用するときは医師または薬剤師の指示に従って服用してください。
・心臓病
・肝臓病
・腎臓病
・褐色細胞腫の既往がある方
・動脈硬化症や高血圧などの生活習慣病で治療を受けている方
・うつ病や双極性障害(躁うつ病)で投薬治療を受けている方
・重い呼吸器疾患が持病の方(COPD、気管支喘息で発作が頻発する状態など)
・高齢者で虚弱体質の方(副作用が出やすくなります)
・寝たきりの方
・脱水を起こしている方(熱中症でめまいや悪心を起こした時は服用しないでください)
・肥満の方
・うつ病や不眠症で睡眠薬の投与を受けている方
・パーキンソン病などの神経性疾患で投薬治療を受けている方

副作用

主な副作用

比較的多い副作用には服薬開始直後に出やすい症状として手の震え(振戦)、口渇、体のこわばり、筋肉や皮膚のツッパリ感、排尿障害、便秘、かすみ目、立ちくらみ、動悸などがあります。

稀な副作用

稀な副作用には悪性症候群(体が硬直して動かなくなる)、遅発性ジスキネジア・ジストニア(手足が勝手に動く、ひきつけを起こす)、不整脈や徐脈、胸痛などの循環器症状、発熱、口内炎、内出血、溶血性貧血、麻痺性イレウス、食欲不振などの消化器症状、易疲労感などがあります。

効果・副作用が強いと感じた場合

日常生活に支障がない範囲で数日から10日ほどで症状が落ち着いた場合は継続して服用しても問題ありません。

ただし、主な副作用でも症状が重い場合や稀な副作用や記載した症状以外の体調不良を感じた時は無理をしないで医師に相談してください。

使用上の注意

服用に注意する人

・鉄欠乏性貧血
・起立性低血圧
・メニエル病
・特発性難聴
・不眠症で睡眠薬や入眠剤を投与されている方
・うつ病で向精神薬や抗うつ剤を投与されている方
・動脈硬化症や高血圧で投薬治療を受けている方
・65歳以上の高齢者
・更年期障害でホルモン補充療法を受けている方
・LOH症候群(男性版更年期障害)で安定剤を投与されている方
・慢性胃炎や胃潰瘍、下痢気味など消化器症状が強い方あるいは胃の摘出術を受けたことがある方

併用注意

クロルプロマジンはドーパミンという興奮物質の分泌を抑える薬ですが、同様に神経伝達物質であるノルアドレナリンやアドレナリン、セロトニンにも影響を与える可能性がありますので、向精神薬や他の抗うつ剤などとの併用時には注意が必要とされています。

服用してはいけない人

比較的他の薬との相互作用が出やすい薬なので何らかの持病があり服薬治療を受けている方は自己判断で服用しないようにしてください。

またオーバードース(過剰服用)をすると人工冬眠状態になる危険性があるので薬物依存の傾向がある方は服用してはいけません。

併用禁忌薬

・アドレナリン製剤
・フェノチアジン系化合物もしくはそれに類似する化合物に対して過敏症がある方
・抗パーキンソン薬
・SSRI、SNRI、NaSSAなどの新型(三環系、四環系)抗うつ剤
・長期作用型の睡眠薬
・プロトンポンプ阻害剤(強力な胃酸抑制剤)

保管方法と取り扱い上の注意

保管方法

・常温で保存します。
・幼児の手が届かない所に保管してください。
・直射日光や湿気をさけてください。
・パッケージに記載されている保存期限を守ってください。

取り扱い上の注意

・心臓病、肝臓病、腎臓病、褐色細胞腫、生活習慣病、重い呼吸器疾患で治療中(経過観察を含む)の方は主治医と相談した上で導入してください。
・使用上の注意書きもしくは日本語で表記されたサイトの注意書きをよく読んで正しく服用してください。
・副作用を感じた場合は精神科医か薬剤師に相談してください。
・稀な副作用を感じた時は精神科医に相談してください。

発送・梱包

発送国

・香港
・インド

到着目安

5~14日
※発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
※離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

梱包状態

差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。
発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。
不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。

外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。

梱包状態について詳しくはこちら
>>梱包について

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

クロルプロマジンの口コミ

商品名

満足度

名前

年齢

レビュー内容

トップへ