お薬通販部
チトロジン チトロジン

チトロジン

(0件の口コミを見る)

  • 在庫あり
  • 5~10日
    ※発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
    ※離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

10,000円以上送料無料、郵便局留めOK、荷物追跡OK

チトロジン 2mg
内容量 販売価格 ポイント 1錠単価 注文
28錠 2,200円 66 78円
56錠 4,180円 125 74円
84錠 5,940円 178 70円

商品詳細

チトロジンは膀胱の収縮を抑えてくれる過活動膀胱の治療薬です。
ギリシャのPharmathenS.A製のお薬です。

抗コリン薬系の過活動膀胱治療薬の1つ「デトルシトール」と同成分のトルテロジン(Tolterodine)剤でデトルシトールのジェネリック医薬品となります。
デトルシトールは日本初の過活動膀胱治療薬で膀胱に選択的に働きかけます。

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品(新薬)と同じ有効成分を使っており後発医薬品(GE薬)と呼ばれている、品質、効き目、安全性が同じ薬です。
後発品なので、薬よっては大きさや味・香りなどを改良された服用しやすいものあります。
新薬に比べ開発費がかからないため、新薬より低価格でお求めやすい薬です。

過活動膀胱は何らかの原因で膀胱が過敏になり、膀胱が過剰に活動して収縮してしまうため、頻尿(尿の回数が増えたり)や強い尿意、尿漏れ(無意識に尿が出たりする)などの症状を引き起こしてしまう病気です。
過活動膀胱の治療薬は、膀胱の過敏さを和らげて、排尿筋の緊張をゆるめて膀胱を広げるもので、この薬はかなり有効で、薬の服用だけで症状が治まるケースも多いです。

原因は不明ですが、加齢により増加することが多く中高年の男女に多い病気です。
成分は酒石酸トルテロジンで直接的に膀胱を収縮する筋肉である排尿筋に作用することで、その緊張をゆるめます。

また、膀胱を収縮させるアセチルコリンの働きを抑え、膀胱の容積を増やすことで頻尿、強い尿意、尿漏れなどの症状を改善します。

酒石酸トルテロジンは、副作用が全くないわけではないですが比較的少ないので、患者に多い高齢者の第一選択薬となっています。

用法は通常、成人には酒石酸トルテロジンとして4mg(1錠2mgなので2錠)を1日1回水などで口から服用(経口投与)します。
なお、症状や体質、年齢によって飲む量が違いますので、2錠をそのまま飲まず自分にあった量を正しくお飲みください。

腎臓や肝臓の悪い人、あるいは高齢の人は、より少量となるので減量してください。
飲み忘れに気付いた場合は、思い出したときすぐに服用してください。

次の服用時には、決められた自分の用量を必ず守って服用します。
絶対に2回分を一度に服用しないでください。
服用していてなにか異変を感じた際は、速やかに医師の診察をお願いします。

発送・梱包

発送国

・香港

到着目安

5~10日
※発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
※離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

梱包状態

差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。
発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。
不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。

外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。

梱包状態について詳しくはこちら
>>梱包について

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

チトロジンの口コミ

商品名

満足度

名前

年齢

レビュー内容

トップへ