お薬通販部
パーロデル パーロデル

パーロデル

(0件の口コミを見る)

  • 在庫あり
  • 5~10日
    ※発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
    ※離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

10,000円以上送料無料、郵便局留めOK、荷物追跡OK

パーロデル 2.5mg
内容量 販売価格 ポイント 1錠単価 注文
30錠 1,800円 54 60円

商品詳細

メダ社が販売するパーロデルは、パーキンソン病や女性の高プロラクチン血症による排卵障害、乳汁漏出症、不妊症などの改善・治療薬として使用される錠剤タイプの薬です。
有効成分である「ブロモクリプチンメシル酸塩」を2.5mg含有し、脳の下垂体にあるドーパミンを刺激し活性化させることでプロラクチンの過剰な分泌を抑えます。
プロラクチン過剰やドーパミン不足などで起こるさまざまな疾患の症状を改善させる特徴を持った薬です。
パーロデルには即効性はないため、服用を続けることでゆっくりと効果が現れる薬になります。
また男性の早漏の防止や射精後の脱力感の改善のために用いられることもある薬です。
パーロデルの薬理作用と効果は、脳の下垂体にあるドーパミン受容体を刺激し結合しやすくすることで、パーロデルの成分がドーパミンと結合したような作用を発揮する薬です。
ドーパミンは視床下部に指令を出してプロラクチンの分泌量をコントロールしています。
パーキンソン病ではドーパミンの代わりに受容体と結合することでパーキンソン病の症状を緩和します。
プロラクチンの過剰分泌による乳汁漏出症や排卵障害などの高プロラクチン血症では、ドーパミン受容体を刺激してドーパミンと結合しやすくすることによりプロラクチンの過剰分泌を抑え、各症状を改善させます。
パーロデルの適応症はパーキンソン病や高プロラクチン血症です。
パーキンソン病は脳の黒質部分の細胞の減少によってドーパミンの量が減少することで顔の表情が乏しくなる、手足の震えやこわばり、体のバランスが悪くなるなどの症状が現れる病気です。
高プロラクチン血症は、乳腺を刺激して乳汁を分泌するように働くホルモンが異常分泌してしまう病気です。
症状は乳汁を分泌や排卵障害による無排卵月経などで下垂体腫瘍や流産後、薬の副作用が原因となって起こる病気で不妊の原因になってしまう場合があります。
パーロデルの有効成分は、「ブロモクリプチンメシル酸塩2.5mg」で持続性のドーパミン作動薬として使用されます。
ドーパミン自体を増やす作用はありませんが、不足しているドーパミンの代わりをすることで症状を緩和させます。
薬の効果が現れるまでに2週間程度の時間がかかる薬ですが作用時間は長く、服用を続けることで安定した効果を期待することができます。
パーロデルはドーパミン受容体D2に作用する麦角系の薬になるため心臓の弁膜症を持った方には使用することはできません。

発送・梱包

発送国

・香港

到着目安

5~10日
※発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
※離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

梱包状態

差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。
発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。
不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。

外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。

梱包状態について詳しくはこちら
>>梱包について

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

パーロデルの口コミ

商品名

満足度

名前

年齢

レビュー内容

トップへ