お薬通販部
img1 img%%IMG_NO%%_thumb

フェミロン

(0件の口コミを見る)

フェミロンは、メルク・アンド・カンパニーのMSD社が開発した経口避妊薬です。

デソゲストレルとエチニルエストラジオールの配合剤であり、女性ホルモン分泌系に作用することで排卵を抑え、妊娠を防ぎます。

また、子宮に作用し受精卵の着床を防いだり、子宮内に精子の侵入をしにくくする働きもあります。

従来の低用量ピルよりもエストロゲンの量がさらに少ない超低用量ピルであり、副作用が起こりにくいタイプです。

お薬通販部では、服用時に休薬期間をもうける21錠タイプをご用意しております。

  • 在庫あり
  • 7~14日
    ※発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
    ※離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

10,000円以上送料無料、郵便局留めOK、荷物追跡OK

フェミロン
内容量 販売価格 ポイント 1錠単価 注文
1箱 2,210円 66 2,210円
3箱 6,300円 189 2,100円
6箱 11,930円 357 1,988円

商品詳細

特徴

フェミロンは、経口避妊薬であるマーシロンのジェネリック医薬品です。

2種類の有効成分、デソゲストレルとエチニルエストラジオールにより子宮内膜の性状の変化を促し、その結果、受精卵の着床が阻害されます。

その他、子宮頸管粘液の性状や組成の変化も発生させ、子宮腔内への精子の通過性が阻害する働きにより妊娠を防ぎます。

安全性・認容性・汎用性が高く、また避妊効果も高い人気の商品です。

マーシロンと同じ効能効果を持ちながら、コストを抑えながら避妊を行えます。

効果

フェミロンは超低用量ピルでありながら、ほぼ確実な避妊効果のほかに実に様々な効能・効果が期待できます。

避妊目的での服用はもちろんですが、卵巣嚢腫の治療やニキビの治療・予防のために服用することもおすすめです。

服用サイクル

毎日決められた時間に、21日間連続一定の有効成分を服用することで、休薬期間を含む28日間を1周期として避妊する効果を発揮します。

適応症状

フェミロンは、女性特有の悩みを改善します。

・妊娠を望まない方
・他剤では副作用を強く感じる方
・女性主体で避妊をしたい方
・生理痛、生理不順などでお悩みの方
・月経前症候群(PMS)を改善したい方

有効成分

フェミロンの有効成分として、デソゲストレルとエチニルエストラジオールという女性ホルモンが配合されています。

服用することで、子宮内膜の増殖を抑え生理痛を軽快させ、脳が排卵後だと勘違いし、排卵が起こらなくなります。

含有量・内容量

1箱で1周期分となります。休薬期間を要する21錠タイプの医薬品です。

フェミロン1錠あたり、デソゲストレルとして0.15mg/エチニルエストラジオールとして0.02mgを含有しています。

製薬会社

MSD

関連商品

その他の低用量ピル

フェミロンと同じ超低用量ピル商品です。

ヤーズ
有効成分を抑えて副作用を軽減した避妊や生理痛の改善に効果的な超低用量ピル

ヤスミン
避妊薬服用による体重の増加やむくみ、ニキビ発症の副作用が少ない超低用量ピル

メリアン
副作用をあまり感じさせない経口避妊薬として人気の1相性タイプの超低用量ピル

この他の超低用量ピルはこちら
>>超低用量ピル

その他の避妊薬

フェミロンとは違ったタイプの避妊効果のある商品です。

トリキュラー
ホルモンバランスの変化に対応した副作用を発症するリスクが少ない低用量ピル

アイピル
望まない妊娠の不安がある性行為の後に服用する緊急避妊薬(アフターピル)

マイルーラVCF
膣内挿入タイプの女性用避妊フィルムでホルモンバランスを崩す心配のない商品

この他の避妊薬はこちら
>>避妊薬

同時服用におすすめのサプリメント

避妊薬で懸念される血栓症リスクの予防効果がある商品です。

クリルオイル
血液をサラサラにする効果がある無臭性ソフトジェルタイプの健康サプリメント

南極クリルビタミン
南極オキアミから抽出したクリルオイルに10種類のビタミンを配合した健康サプリメント

用法用量

服用方法

1日1錠を21日間毎日服用します。

初めて飲み始める時は、月経が始まった初日に服用を開始し、できるだけ毎日同じ時間に服用するようにしてください。21日服用後は、7日間の休薬期間に入ります。

服用および休薬期間

連続服用21日間+休薬期間7日で、合計28日間が「1周期」となります。

フェミロンには、休薬期間に飲み忘れ防止に服用するプラセボ(成分を含まない偽薬)がありません。

7日間の休薬期間に服薬の習慣を忘れないようにご注意ください。

妊娠を望まない期間、その周期を繰り返して服用することで、避妊効果が続きます。

服用時の注意

服用方法を厳守
この薬は指示された服用方法を守ることがとても大切です。

飲み忘れをなくすためにも、毎日ほぼ一定の時刻に服用してください。

飲み忘れにより妊娠する可能性が高くなります。

通常、休薬期間のうちに月経が始まります。

月経が終わっていても続いていても、29日目から続けて新しい錠剤シートの服用を開始してください。

飲み忘れた場合の対応
24時間以内であれば、気がついた時に飲み忘れた分を服用し、さらに当日分も通常の時刻に飲んでください。

つまり、その日は2錠飲むことになります。

ただし、飲み忘れより24時間経過した場合は、避妊効果が減退してしまうのでその周期の服用を中断し、次の月経を待って新しいシートから再び飲み始めてください。

副作用

主な副作用

吐き気・嘔吐・不正性器出血・倦怠感・頭痛・下痢・腹痛・月経過多・発疹・むくみ・乳房の不快感・視覚障害など

超低用量ピルの特質上、副作用は少ないとされていますが、症状には個人差があります。

飲み始めて1~2ヵ月くらいに起こりやすいのは、不正性器出血です。

服用継続しているうちに症状がおさまりますが、長期間にわたって出血が続く時には、服用を中止し、かかりつけの医師に相談するようにしてください。

稀な副作用

激しい下痢や嘔吐が続く場合は、薬が吸収されにくく、妊娠する可能性が高くなりますので、他の避妊法の併用をしましょう。

多くの避妊薬がそうであるように血栓症のリスクは少なからず生じます。

急に足が痛くなったり腫れが生じたり、激しい頭痛、舌のもつれ、突然の息切れ、突然の視覚障害などは血栓症の徴候かもしれません。

早期発見・早期治療のためにも、これらの症状がある場合、無理をせず服用を中止し、すぐにかかりつけの医師の診断を受けるようにしましょう。

使用上の注意

服用に注意する人

次の人は、服用に注意する必要があります。

・35歳以上の方
・喫煙している方
・肥満の方
・糖尿病のある方または耐糖能に異常のある方
・心血管系に障害のある方
・片頭痛のある方
・本人もしくは直系の血縁に血中に高レベルの脂肪(コレステロールまたはトリグリセリド)のある方
・遺伝性の血液凝固障害の懸念がある方
・4週間以内に手術を予定している方、手術後2週間以内の方、産後4週間以内の方、長い間安静状態の方
・過去に重度のうつ病の既往歴がある方
・過去に乳癌と診断された方
・肝臓障害のある方
・過去に血栓症になったことがある方
・腎臓障害のある方
・てんかんのある方
・結核を患っている方
・高血圧の方
・クローン病または潰瘍性大腸炎(慢性炎症性腸疾患)のある方
・全身性エリテマトーデスのある方
・溶血性尿毒症症候群のある方
・鎌状赤血球貧血のある方
・表面血栓性静脈炎、静脈瘤のある方
・クロアママ(顔面に位置する皮膚の局所色素沈着)がある方は、直射日光に当たらないよう注意が必要です。

服用前にかかりつけ医師にご相談ください。

併用注意

併用を注意するものがあります。

・プリミドン、フェニトイン、フェノバルビタール、カルバマゼピン、オキシカルバゼピン、トピラメート、フェルバメート、モダフィニルなどを含む抗てんかん薬
・リファンピシンなどの結核治療薬
・リトナビル、ネルフィナビル、ネビラピン、エファビレンツなどのHIV感染治療薬
・C型肝炎ウイルス感染(ボセプレビル、テラプレビル)または他の感染症(グリセオフルビン)の治療薬
・ボセンタン
・セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)を含む食品

経口避妊薬を服用する前から次の食品を摂取している場合、または経口避妊薬を服用している時に摂取する場合は、必ずかかりつけの医師または薬剤師に相談してください。

服用してはいけない人

次の人は、この薬を使用することはできません。

・過去にフェミロンに含まれる成分で過敏な反応を経験したことがある方
・血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患のある方または過去にこれらの病気になったことがある方
・血液凝固に影響をおよぼす疾患がある方
・抗リン脂質抗体症候群のある方
・過去に心臓発作や脳卒中を経験したことがある方
・狭心症または一時的な虚血発作を経験したことがある方
・血管損傷を伴う重度の糖尿病の方
・脂質代謝に異常のある方
・軽度でない高血圧のある方
・高ホモシステイン血症の方
・片頭痛のある方
・肝臓に重篤な障害のある方
・肝臓に腫瘍のある方
・血液中の高レベルの脂肪物質に関連する膵炎がある方
・妊婦または妊娠している可能性のある方
・診断が確定していない異常性器出血のある方
・エストロゲン依存性悪性腫瘍(乳癌、子宮内膜癌など)や、子宮頸癌のある方、またはこれらの病気の疑いのある方
・オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤(ヴィキラックス配合錠)を使用している方

上記に該当する人が、この薬を使用することにより、副作用が強く出る場合があります。

併用禁忌薬

この薬には併用してはいけない薬があります。

・オムビタスビル水和物
・パリタプレビル水和物
・リトナビル配合剤(ヴィキラックス配合錠)

他の薬を使用している場合や、新たに使用する場合は、必ず医師または薬剤師に相談してください。

保管方法と取り扱い上の注意

保管方法

・直射日光や高温多湿をさけて室温(1~30℃)で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。

・子供の手の届かない所に保管してください。
誤って服用する可能性は避けましょう。

・薬が残った場合は、保管しないで破棄をしてください。
1箱で1周期、毎日一定期間、服用することで効果が得られる薬です。余った薬を服用してはいけません。

取り扱い上の注意

・消費期限が過ぎた薬は、服用しないでください
効果が発現しない場合や、身体に影響を及ぼす恐れがあります。

・服用を中止したシートに残っている薬は飲まないでください。
1箱で1周期、毎日一定期間、服用することで効果が得られる薬です。残った薬は破棄をして、新たに服用を始めてください。

商品情報

商品分類

医療用医薬品:漢方薬、生薬などを含む医薬品

効き目が強く、体質や症状により副作用を起こす可能性があります。
個人輸入の際に医師の処方箋は必要ありませんが、使用時にそれらの懸念がないか十分にご確認ください。

形状・剤形

経口服用タイプの錠剤

対象性別

避妊・生理痛改善・PMS改善などを目的とした成人女性

参考文献

医薬品情報サイト
drugs.com-フェミロン

発送・梱包

発送国

・インド
・シンガポール

到着目安

7~14日
※発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
※離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

梱包状態

差出人名は『お薬通販部』の名称では、ございません。
発送国名のみの記載、もしくは発送国業者名となります。
不在伝票投函の際には、発送国名を記載されることがほとんどですので、あらかじめご了承ください。

外箱にご注文の商品名や医薬品名が表記されることはございませんので、配送員の方やご家族の方などに内容物を知られることなく受け取ることができます。

梱包状態について詳しくはこちら
>>梱包について

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。
個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。
ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の通販・個人輸入について詳しくはこちら
>>個人輸入とは

掲載している商品の紹介文などの各情報は、一般的な医薬品情報を元に、ご案内しております。正確な情報提供を努めておりますが、内容を保証するものではございませんので、ご了承ください。当サイトは、法令遵守のもと、お客様からのご注文により決済代行・発送手続きなどの個人使用目的とした医薬品等の輸入代行業務を担いますが、お客様がご注文された商品のご使用に関しては当社で責任を負うことができません。つきましては、ご注文前に利用規約を必ずご一読いただき、同意の上、当社サービスをご利用いただきますようお願いいたします。

フェミロンの口コミ

商品名

満足度

名前

年齢

レビュー内容

トップへ